今回のサイクリングは「さざなみ海道」!

 

「しまなみ海道」「とびしま海道」「はまかぜ海道」「かきしま海道」「ゆめしま海道」「さざなみ海道」「せとかぜ海道」の瀬戸内7海道の中で、このさざなみ海道が、一番事前情報がない海道でした。

「ただの国道」という辛辣なコメントも…

 

全長82kmのうち、半分は海側を走っておらず(海道なのに!)、進む道がひたすら国道なので、交通量の心配や山道など、海道旅のサイクリングにはあまり選ばれないのかもしれませんね。

 

ところが、行ってみたら嬉しい誤算!

すごく素敵な海道でした!

 

 

さざなみ海道サイクリング モデルコースログ

サイクリングコース

尾道から呉まで、海岸線が多いとはいえ、ひたすら国道を走ります。

さざなみ海道サイクリング 旅程

06:50 新大阪 →(新幹線)→ 8:21 新尾道

~さざなみ海道サイクリング~

9:00 新尾道 → 12:00 竹原(昼食) → 17:00 呉

 

さざなみ海道とは?

国道185号を軸に(尾道-三原間は国道2号)、広島県尾道市、三原市、竹原市、東広島市、呉市の、5つの市にまたがる海道です。

ブルーラインの全長は約82kmと、7海道の中では最長ですが、橋越えが無いためか、高低差はそれほどなく、大きな坂は3つほど。

 

平均すると、実はかなりフラットな海道です。

 

さざなみ海道サイクリング、スタート!

尾道(9:00 0km地点)

さざなみ海道のブルーライン(サイクリング推奨ルート)の起点はJR尾道駅なのですが、福山駅で乗り換えるのも時間がかかってしまうので、新幹線の新尾道駅からスタートです。

 

海辺のJR尾道駅近くまで坂を下り、国道2号線に合流。

つい南に進んで、しまなみ海道に渡りたいところですが、今日は西へ向かいます。

 

尾道市街周辺はまだ交通量も多く、何よりも信号がすごく多くて、なかなか進めませんでした。

もう次の信号も見えてます

 

ちらほらと海が見える道を進みながら、三原方面に走ります。

 

線路が写っていますが、尾道から呉まで、さざなみ海道はずっと、JR呉線と付かず離れず、並走して進んでいくことになります

少し離れても、また見えたときにはなんとなくホッとするんですよ。

 

三原(9:40 12km地点)

三原駅に到着。

以前にゆめしま海道サイクリング【ゆめしま海道】ブルーラインは5km!フェリーで巡る4つの島旅「ゆめしま海道」サイクリング【海道旅4/7】」へ行ったときに、起点にした駅です。

 

 

三原駅も新幹線の発着駅なので、さざなみ海道サイクリングも、三原駅からスタートするとアクセスがラクになりますね。

三原からはいよいよ国道185号に入り、海沿いを走ります。

 

須波港で休憩。

 

須波港からは、しまなみ海道(生口島)への船便が多く出ており、多くの乗客が船を待っていました。

三原といえば、タコ!ということで、たこ焼きをつまみます。

 

造船所を眺め、海風を感じながら、40km地点、さざなみ海道のちょうど中間地点である竹原を目指します。

 

今治造船の広島工場。今治造船って本州側にも工場あったんだ

突然”ぬっ”と視界に入ってきたので大きさに驚きました。

 

「ウサギ島」大久野島への玄関口、忠海(11:00 28km地点)

途中の忠海(ただのうみ)港に寄ってみました。

ここ忠海港は、「ウサギ島」として有名な大久野島への玄関口となっており、空いているようなら大久野島に渡ってみようかな…と思ったのです。

実は小学生の時の修学旅行の宿泊場所がこの大久野島でした。

 

が。とんでもない!なんだこの大行列!!!???

ずっと、ずーっと、ずーーっと、フェリーを待つ人の列が繋がっています。

ここまで人気だったのか。

何時間待つんだろう…

 

大久野島に渡るのはあっさりとあきらめて、竹原に向かいましょう。

 

竹原(12:00 40km地点)

さざなみ海道のど真ん中!竹原で郷土料理「魚飯(ぎょはん)」

ちょうどお昼に、竹原に到着。

 

お昼ご飯は、魚飯(ぎょはん)をいただきます。

幻の郷土料理と言われていたのを復活させたとのこと。(竹原観光サイト

 

竹原はかつて塩田を持つ「塩のまち」として発展した街です。

あとは「マッサン」の生家の竹鶴酒造が有名。

その塩のまちで、おもてなしの料理として食べられていたのが「魚飯(ぎょはん)」。

塩田がなくなった今では、「塩田と共に消えた幻の郷土料理」と呼ばれています。

 

お邪魔したのは、「味いろいろ ますや」さん。

 

ご飯に具材を乗せ、温かいお出汁をかけていただきます。

写真では軽い料理のように見えますが、ご飯とお出汁はお代わり自由のため、長時間自転車を走った空腹にはペロリと入ります

何度もお代わりをお願いして、ガッツリいただきました。

 

呉を目指して、さざなみ海道サイクリング再開

お腹が満たされたことですし、さざなみ海道を進みましょう。

竹原を過ぎると、山の風景も増えてきます。海沿いと里山を交互に通過し、ゴールの呉を目指します。

 

とびしま海道・安芸灘大橋を通過

途中で安芸灘大橋のふもとに合流!ここを曲がればとびしま海道(参考記事「【とびしま海道】ずっと海沿いの”裏しまなみ”!「とびしま海道」サイクリングレポート【海道旅2/7】」)です。

 

 

さて、竹原を過ぎてからここまで山の風景を走りましたが、実は山の風景とは言っても、高低差はそれほど感じませんでした。

むしろ安芸灘大橋を過ぎ、呉に近づいてからのほうが、ゆるやかな高低差に脚が疲れます。

 

そして呉市街に入り…

呉(17:00 82km地点)

呉駅にゴール!

 

さざなみ海道の終点グルメ。呉のグルメは海自カレーと細うどん!

呉に到着した時間はもう夕方。さっそく晩ごはんを食べに行きましょう。

呉のグルメと言えば、海上自衛隊呉基地・艦艇ごとのカレーが味わえる「海自カレー」です。

海上自衛隊では多くの部隊で毎週金曜日の昼食にカレーが食べられています。
その理由は諸説ありますが、長く航海している隊員が曜日感覚を忘れないようにするためだとか…。

 

各店は海上自衛隊の調理員から直接作り方を教わって、味を忠実に再現。

さらに、艦長から「これはうちのカレーだ!」と認定していただいた特別なカレーです。

海上自衛隊の艦艇で食べられているカレーと同じカレーをいつでも楽しめる…そんな呉でしか味わえないカレーを是非ご賞味ください。

呉海自カレー公式サイトより

 

現在の参加店舗は30店舗、それぞれの店でいろいろなカレーをいただけるのですが、以前に「かきしま海道」をサイクリング(【かきしま海道】海と工業地帯のブルーライン!広島‐江田島‐呉「かきしま海道」サイクリングレポート【海道旅3/7】)した際のゴール地点も、ここ呉でした。

その時には呉阪急ホテルで「護衛艦うみぎり」の海自カレーをいただきました。

 

さて、今回はどこにしようか、と歩いていたところ、駅近くに良さげなお店が。

暗くてすみません

 

りゅう」さんで、潜水艦けんりゅうの「ソードドラゴンカレー」をいただくことにしました。

この「りゅう」さん、呉のもう一つの名物というか、むしろこちらのほうが、海自カレーより前からの名物かな)の、細うどんのお店でもありまして、海自カレーと細うどんが両方楽しめるお店です。

 

カレーとうどんのセットが超おいしかったです!

隠れていますが、カレーのお皿が船の形をしています

 

まとめ

尾道から呉まで、無事に82kmを走破して、ゴールすることができました。

 

実はこのさざなみ海道に来たのは5月の連休中

各地の混雑状況や渋滞情報を聞きながらハラハラしていたんですけれど、これまでの写真のとおり、国道なのに交通量は多くなく、すごく楽しく走ることができました

 

「海道」の中では山の風景も多いさざなみ海道ですけれど、来てみてよかった!

翌日は愛媛・松山に船で渡り、松山-今治「はまかぜ海道」を走ります!

 

これにて、さざなみ海道サイクリング走破!

あー楽しかった!

 

次の記事へ続く>>>

愛媛までの隠れたルート!広島-呉-松山のフェリーが便利!

 

次の海道へ>>>

【はまかぜ海道】海道が結ぶ2大都市!松山-今治「はまかぜ海道」サイクリングレポート【海道旅6/7】

7海道走破のまとめ記事に戻る>>>

【超まとめ】7海道走破!しまなみ・かきしま・さざなみ・せとかぜ・とびしま・はまかぜ・ゆめしまサイクリング記事総ざらい

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう