最大80%オフ!ワイズロード決算セール開催中

【全部屋泊まった】大阪-愛媛オレンジフェリー乗船記!全部の部屋ランクに泊まったので豪華な船内を紹介するよ

オレンジフェリー アイキャッチ

大阪からしまなみ海道に行くときに大活躍の、大阪南港と愛媛東予港を結ぶオレンジフェリー

https://www.orange-ferry.co.jp/

これまでは

  • おれんじ7
  • おれんじ8

という2隻が就航していましたが、代わって2018年

  • おれんじおおさか
  • おれんじえひめ

新造船が新規就航しました。

全長や総トン数といったフェリー本体も大きくなりましたが、フェリーだよね?ホテルやん」という乗客のつぶやきが聞こえるほど、さらにゴージャスな船でした!

オレンジフェリーエントランスの大階段
エントランスの大階段も変わらず豪華!
自転車セール情報更新中!
自転車セールバナー
最大80%オフ!ワイズロード年に一度の決算セール
自転車セールバナー

オレンジフェリー新造船「おれんじおおさか」「おれんじえひめ」の特徴

オレンジフェリー大阪南港から愛媛東予港までの航路

客室は完全個室

基本はカーフェリーということは変わりませんが、旧船との大きな違いが、客室が完全個室になったこと。

大部屋はありません。

旧船の大部屋も、フェリーっぽくて楽しかったですが、個室はやはり気楽に過ごせますね。

オレンジフェリー旧船 2等客室
旧船の2等大部屋客室

客室の等級は、

  • ロイヤル(ツイン、ダブル)
  • スイート(洋室、和室、和洋室)
  • デラックスシングル
  • シングル、シングル+(2段ベッド)

に分かれており、全335室!

参考:オレンジフェリー公式サイト「おれんじえひめ」の客室設備ページ

エントランスホール

オレンジフェリーのエントランス吹き抜け

オレンジフェリーの船内に入ると、まず驚くのが豪華なエントランスホール。

ホテルのロビーのような、旧船でも特徴的だった吹き抜けの大階段が目を引きます。

オレンジフェリーの360度カメラ画像! 後ろも見れるのは便利だなあ – Spherical Image – RICOH THETA

レストラン

オレンジフェリーのレストラン入口

さっそくレストランで食事。

席数も多く、広いレストランです。

参考:オレンジフェリー公式サイト|東予-大阪航路レストランメニュー

オレンジフェリーのレストランのテーブル席

お刺身などの一品料理を選べるほか、アツアツの麺類やご飯ものも注文できます。

オレンジフェリーのレストランカウンター

一品ものは数が限られているので、売り切れてしまうメニューもあります。

早いうちにいただきたいところ。

オレンジフェリーのレストランのショーケース

真鯛のお刺身の豪華メニュー、宇和島鯛めし定食!

うまい!

オレンジフェリーのレストラン限定メニュー 宇和島鯛めし定食

展望ラウンジ

オレンジフェリーの船内には、各所にソファとテーブルが置かれており、ゆったりとくつろぎ、語らうことができます。

オレンジフェリーの船内ラウンジ
オレンジフェリーの船内ラウンジ

大浴場

オレンジフェリーの大浴場

大浴場もあります。

脚を伸ばして湯船につかれるのは気持ちいですね。

トイレ・パウダールーム

オレンジフェリーのトイレ

お手洗いも明るくきれいです。

ウォシュレット完備で、蛇口から出るのはなんとお湯。

早朝の水も冷たくありません。

客室の紹介|すべてのランクの部屋に乗りました!

新造船で完全個室になった客室。

これがすごく良かった!

シングルルーム

基本の客室、シングルルーム。

オレンジフェリーのシングルルーム

シングルプラス

2段ベッドのシングルルーム。

オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか シングルプラス

デラックスシングル

洗面台も付いたゆったりスペースのシングルルーム。

ロードバイクをそのまま客室に持ち込める「マイバイク・ステイサービス」も利用可能です。

オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか デラックスシングルルーム

スイートルーム

スイート(和洋室)。

オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか スイートルーム和洋室

スイート(洋室)。

オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか スイート洋室

ロイヤルルーム

ロイヤル (ツインルーム)。

お風呂もトイレも室内にあり、部屋面積は51.70㎡!

まるでホテルのような優雅な部屋でした。

オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか ロイヤルルームのリビング
テレビもある広いリビング(船です)
オレンジフェリー新造船 おれんじえひめ&おれんじおおさか ロイヤルルームのソファ
オレンジフェリー ロイヤルルームの寝室
寝室が独立してあります(船です)
オレンジフェリーロイヤルルームの洗面所とお風呂
お風呂まであります(船です)

オレンジフェリーの! ロイヤルルーム!!! これが船の部屋! トイレもお風呂もある!!! – Spherical Image – RICOH THETA

オレンジフェリーはゆったりと休める!おすすめのポイント

まくらも布団もふっかふか!

旧船では、まくらは硬く、毛布が用意されているだけでした。

ところがこの新造船では、まくらも布団もふっかふか

普通に寝心地の良いベッドです。

静か!!!

この船全体のポイントでもあるのですが、とにかく静かで快適でした。

旧船では客室でも”ゴォォォォォォ…”というエンジン音が絶えず響いていたのですが、音が全然しないんです

寝つきが悪い僕が、すぐに眠れたくらい。

すっごく静かな寝室でした!(大事なので2度言いました)

その他注目ポイント

良いところ

  • カギあり(シングルは内側からのみ)
  • 旧船よりもベッドが長い。足も出なくて快適

気になるところ

  • 寝転がると、当然ながら揺れは感じる

デラックスシングルではロードバイクの客室持ち込みサービスも

シングル客室からデラックスシングルへのアップグレードは1,800円。

デラックスシングルは

  • 部屋も広くて(シングルの2倍以上!)
  • ベッドも広くて
  • テレビに洗面台まである

豪華な部屋ですので、差額を払ってもいいと思える絶妙な価格です。

さらにデラックスシングルなら、ロードバイクを輪行袋に入れずに乗船して、そのまま客室に持ち込めるサービスも利用可能。

オレンジフェリー新造船 ロードバイク持ち込みサービス

オレンジフェリー新造船は、移動の手段から旅の一部になる

東予港には朝6時に到着。

愛媛東予港に着いたオレンジフェリー

東予港は都市部の新居浜や今治からはやや離れていますが、無料の連絡バス最寄りの壬生川駅への連絡バスがあります。

JR壬生川駅

壬生川駅から電車に乗って、今治に到着!

今治駅外観

正直なところ、オレンジフェリーの旧船を含めたカーフェリーは、早く・安く着くために利用する、交通手段としての選択でした。

ところがこの新造船は、乗ることが旅行の目的にもなる、思い出に残る豪華で快適な時間を過ごすことができます。

一人旅はもちろん、子供料金ならスイート料金も半額ですし、家族旅行にもピッタリ。

きっとみんなが楽しい時間を過ごせるフェリーです。

もう一度乗りたい!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)