愛媛県の伊予市沖、絶景の海辺の道「夕やけこやけライン」。

 

愛媛県の西部、日本一細長い半島の佐田岬半島を貫く「佐田岬メロディーライン」。

 

この2つの絶景ロードを結んだ海道があります。

今回のサイクリングは、「せとかぜ海道」を走ります!

 

せとかぜ海道は以前にも「【佐田岬】目指すは四国の最西端!せとかぜ海道・三崎港-佐田岬サイクリングレポート」にて記事にしていますが、このときに自転車で走ったのは、三崎港から佐田岬の灯台まで

実は、せとかぜ海道の本線は、自転車では走っていません。

 

愛車のロードバイクと一緒に、本当のせとかぜ海道を走ります!

 

せとかぜ海道佐田岬メロディーラインの風車

 

せとかぜ海道サイクリング モデルコースログ

旅程

飛行機:

大阪伊丹空港 07:15 → 愛媛松山空港 08:05

サイクリング:松山空港 → 伊予上灘駅

JR:伊予上灘駅 10:37 → 八幡浜駅 11:48

バス:八幡浜港 13:35 → 三崎港口 14:34

宿泊:三崎港・えびすや旅館

 

サイクリング:三崎港 → 伊予上灘駅

JR:伊予上灘駅 16:36 → 伊予市駅 16:51

自走:伊予上灘駅 → 松山空港

飛行機:愛媛松山空港 19:20 → 大阪伊丹空港 20:15

 

サイクリングコース

 

せとかぜ海道についておさらい

・正式愛称は「伊予灘・佐田岬せとかぜ海道」

・伊予市しおさい公園から佐田岬・三崎港まで、ブルーラインの全長は約78km

瀬戸内7海道のなかで、高低差が一番ある

三崎港まで行ったら、佐田岬半島を戻るか、九州に渡らなければ帰れない!

 

せとかぜ海道一日目:松山空港からサイクリングスタート

初めての飛行機輪行を実行し、愛車のロードバイクと一緒に、愛媛に上陸!

松山空港のサイクリングステーションで自転車を組み立て、サイクリングのスタートです!

 

参考記事>>>初めての飛行機輪行!自転車を飛行機に乗せる、空港での手続き方法を解説

 

自転車を組み立てた松山空港

 

松山空港から伊予市を抜け、「夕やけこやけライン」を目指します

松山空港から伊予市方面へ。

空港の周辺は、交通量も多く、大型車両も通るので、しばらくはゆっくりと進みます。

松山空港周辺の道路

 

ブルーラインが始まり、「三崎港」の文字を発見!

ここから、せとかぜ海道の本線です。

せとかぜ海道ブルーライン

 

のどかな風景。ブルーラインに導かれ、三崎港を目指します。

双海(ふたみ)の手前に、一回だけちょっとした山越え。

せとかぜ海道の山越えの風景

 

せとかぜ海道は、全体的に交通量も少なく、歩道も広いので、走りやすかったです。

路面もすごくきれい

せとかぜ海道の広くきれいな道路

 

海沿いの絶景サイクリング「夕やけこやけライン」

せとかぜ海道・夕やけこやけラインのブルーライン

 

ひとつ山を越えたところからは、いよいよ海沿い!

絶景の「夕やけこやけライン」が始まります。

 

「夕やけこやけライン」とは、伊予市双海(ふたみ)町から長浜町までの、国道378号の愛称。

この道沿いは、海が近く、水平線に沈む夕日が美しい風景として有名です

青い空、青い海、青いサイクリングロードと、気分は高揚しっぱなしです!

 

一日目のサイクリング終了。佐田岬へ向かいます

伊予上灘駅から八幡浜まで、電車で輪行

伊予上灘駅

 

道の駅ふたみ」で休憩したのち、近くの伊予上灘駅からJRに乗り、八幡浜まで移動します。

松山空港から20kmほどしか走っていませんが、一日目のサイクリングはこれにて終了!

 

さっそく、電車とバスで、ゴール地点の三崎港まで進むスケジュールです。

 

久しぶりの八幡浜!定番の「あたご」さんで昼食

八幡浜駅

 

JRを降りて、久しぶりに来ました、八幡浜!また来れて嬉しいです。

ちょうどお昼どきですので、バスの時間までに、お昼ごはんとします。

 

参考記事>>>せとかぜ海道サイクリングの宿泊地にも最適。八幡浜は素敵な町です

 

ランチは南予風鯛めしの「あたご」さん。今回は鯵めしを堪能

八幡浜の「あたご」外観

 

おいしいお魚を食べることができる、定番の「あたご」さん。

鯛めしは前回食べたので、あたごさんおススメの鯵(アジ)めしにしました。

アジの尾びれが動いているくらいに新鮮です!

 

鰺めし定食

 

八幡浜から三崎港までは、サイクルバスに乗車

八幡浜からは三崎港までは、バスで移動します。

なんと、自転車を積むことができるサイクルバス

 

伊予鉄サイクルバス

 

全国各地に自転車を積み込むことができるバスはありますが、バスの前面に積むという形式は珍しいですね。

 

参考記事>>>輪行に便利!全国の自転車を積み込めるバスを調べてみた

 

せとかぜ海道の終点、三崎港に到着!

伊予鉄サイクルバス前面

 

一日目はこれで終了。

翌日は三崎港からスタートし、一日目に電車に乗った、伊予上灘駅を目指します。

 

四国の最西端 佐田岬灯台

せっかくなので、少し自転車から離れ、四国最西端の碑がある、佐田岬灯台へ。

佐田岬灯台

四国最西端の碑

 

三崎港を超えて佐田岬灯台までの道は、前回の記事「【佐田岬】目指すは四国の最西端!せとかぜ海道・三崎港-佐田岬サイクリングレポート」をご覧ください。

 

一日目の夜は、三崎港にある旅館「えびすや旅館」さんに宿泊します。

良いお宿でした。

せとかぜ海道・三崎港「えびすや旅館」外観

 

えびすや旅館さんの紹介記事>>>せとかぜ海道で泊まるならここ!三崎港を代表するお宿「えびすや旅館」

 

せとかぜ海道二日目:三崎港からサイクリングスタート

一日目に電車に乗った、伊予上灘駅を目指します

翌朝、三崎港からの道。

バスで通ってきた道をロードバイクで戻り、一日目に電車に乗った、伊予上灘駅を目指します

せとかぜ海道・三崎港周辺の道路

 

三崎港地区から出ると、早速、登坂車線があるほどの坂道。

ただ、佐田岬半島のメロディーラインは、高低差はありますが、路面が本当にきれいで、走りやすかった

 

せとかぜ海道・佐田岬メロディーライン入口

 

佐田岬メロディーライン

佐田岬半島の名物は、風力発電の風車。

大きな羽根が並んで立っている、壮観な風景です。

せとかぜ海道・佐田岬メロディーラインから見える風車

 

ずっと高いところを走ります。

景色が気持ちいいー!

せとかぜ海道・佐田岬メロディーライン本線

 

たくさんの風車の下を走ります。

せとかぜ海道の風車

 

※メロディーラインの途中には、こんな壮大なトイレもあります

せとかぜ海道・佐田岬メロディーラインにある豪華な公衆トイレ

 

メロディーラインも終盤。伊方町の中心部。

ずっと山の上を走ってきたので、人が生活する場所が見えるとホッとします。

伊方町の中心部を望む景色

 

八幡浜からの国道197号線と、伊予からの国道378号線の交差点。

メロディーラインの起点まで戻ってきました。

まずは、佐田岬半島を走破

佐田岬メロディーラインの起点、八幡浜からの国道197号線と、伊予からの国道378号線の交差点

 

伊予長浜駅を目指して

ここからは伊予市方面に向かいます。

せとかぜ海道の山の景色

 

バイパスの長いトンネルを越え、久しぶりの海沿い。

まずはJRとの合流地点、伊予長浜を目指します。

 

道幅も広く、走りやすいのですが、国道378号(夕やけこやけライン)の歩道は、対向車線(佐田岬方面)に作られています。

さらに、伊予方面に走るときは、風は向かい風。

体力が消耗するので覚悟が必要です。

夕やけこやけラインの海沿いの景色

 

 

伊予長浜に到着。ここからはふたたび、JRと並走です。

伊予上灘駅までは、あと15km!

伊予長浜駅

 

海に一番近い駅 下灘駅

最後に、かつて「海に一番近い駅」であったことで有名な、下灘駅に寄り道。

下灘駅

下灘駅

 

下灘駅まで来ると、あと一駅で伊予上灘駅です。

ここまで近づくと、終わるのが少し惜しくもありますね。最後のウイニングラン。

せとかぜ海道ゴール手前の海沿い

 

そして、ゴール!

伊予上灘駅に到着!

伊予上灘駅

 

もういちど、二日間での全行程です。

 

せとかぜ海道を走ってみて

感想

高低差はあるものの、実は道幅も広く(旧道の国道は分かりませんが)全線にわたって、すごく走りやすい道でした。

夕やけこやけラインには道の駅ふたみ、メロディーラインにも道の駅伊方きらら館道の駅瀬戸農業公園など、大きい施設もありますので、休憩や軽食に困ることはありません。

 

伊予市からと三崎港から、どちらから向かった方がラク?

夕やけこやけラインとメロディーラインで、向かう方向によって、歩道と風向きなどの特徴がはっきりと分かれましたので、整理します。

伊予市-伊予長浜 夕やけこやけライン

伊予市から→伊予長浜へ
  • 退避もできる広い歩道がある
  • 追い風なのでラクに走れる
  • 午後は太陽が目の前にあるので、光がまぶしい
伊予長浜から→伊予市へ
  • 自転車で走りにくくはないが、歩道はない
  • 向かい風が強い
  • 太陽は背中側にあるので、まぶしくない

 

三崎港-八幡浜 メロディーライン

こちらは言い切ります。

三崎港から→伊予長浜・八幡浜方面に走ったほうがラクです。

 

明らかに、三崎港→伊予長浜・八幡浜方面のほうが、退避できる歩道も広いです。

特にトンネルの内部は、伊予長浜・八幡浜→三崎港方面への歩道は、自転車で進めないくらいに狭いです。

もし三崎港方面に向かう場合は、トンネルを通るたびに、反対側の歩道に渡ってください。

 

せとかぜ海道まとめ

  • 長距離
  • 高低差
  • 飛行機輪行
  • 戻ってこなければならない

と、多くの未知のハードルがあり、なかなか行けなかった、せとかぜ海道。

 

ついに、全線を走ることができました!

 

せとかぜ海道、走破!

あー楽しかった!

 

7海道を全部走りました!

そして、このせとかぜ海道を走ったことにより、

  • しまなみ海道
  • とびしま海道
  • かきしま海道
  • ゆめしま海道
  • さざなみ海道
  • はまかぜ海道
  • せとかぜ海道

の、瀬戸内7海道を、すべて走破しました!

 

これまでに走った、他の海道サイクリングの記事を一つにまとめましたので、ご覧ください!

【超まとめ】7海道走破!しまなみ・かきしま・さざなみ・せとかぜ・とびしま・はまかぜ・ゆめしまサイクリング記事総ざらい

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう