サイクリングや輪行にピッタリの、カジュアルなサイクルウェアを紹介しているこのブログ。

 

ずっと気になっていたカジュアルサイクルウェアのブランドがあったのですが、万博記念公園で開催される、スポーツ自転車の祭典、サイクルモードライド大阪に初出店されるということで、行ってきました。

 

ブースにて直接触って、試着し、お話を伺うことができました!ブースにおられたのがなんと代表取締役!

 

今回紹介するブランドは、自らの会社でアパレルを製造している縫製・繊維企業が放つカジュアルサイクルウェア「Winner(ウィナー)」を紹介します!

 

サイクルウェアWinner(ウィナー)|1902年創業の老舗が放つカジュアルライン

Winner(ウィナー)のメーカーは、1902年創業(操業117年)という、老舗のカットソー製造業「立野」。

「縫製加工だけではなく、自社で素材の手配から製品が出来上がるまでの全工程を管理する」プロ企業が、オリジナルのサイクルウェアを展開しました。

 

始まりは、社長がロードバイクにハマったこと。

市場にあるサイクルウェアはぴたっとしたサイクルジャージ、レーサーパンツ、ビブショーツばかりで、自転車で出かけたときにおしゃれなカフェを見つけても入りにくいと感じた。

そこでウィナーのコンセプトを「日常生活にマッチするスタイル提案」とした。

自転車通勤であれば、そのまま仕事でも使えたり、走りながら見つけたレストランにも入れるような服だ。

繊研新聞|掲載インタビューより

 

社長自信が乗り手として疑問を感じる→解決するウェアを自社で作る!という、最高の機能とこだわりが詰まったアイテムが揃っています!サイトの着用イメージも社長自身

 

普段着カジュアルなWinner(ウィナー)のサイクルウェア

ビジネスシーンにも着ていけるジャケットから、プライベートにおしゃれな普段着タイプまで、センスあるアイテムが展開されています。

サイクルシャツ

すごく爽やかなカラーのシャツ、「コットンボーダー七分袖Tシャツ」。

普段着に着てもおしゃれ。

 

背面には、映えるカラーのバックポケット。

実はこのポケット、リフレクターなんです。さりげないところにすごいこだわりだ…

 

さらに細かい工夫もあり、襟のところにゴムがあり、何回洗っても襟がヘタりません

 

サイクルパンツ

サイトにもある、七分丈スウェットパンツ。

 

Winner(ウィナー)のパンツはどれもストレッチがきいていて、よく伸びるんです。

ペダリングがラクラクです。

 

もう一つ、試着したパンツ。

 

シンプルなモノトーンのパンツ。

これもストレッチが効いているうえに、すっっっごく軽いんです。快適でした!

 

さらに、パンツのステッチもワンポイントで素敵。

 

このステッチにも意味があり、ベルトループやポケットのはしの縫製が、赤い糸で留められていますよね。

実はこれ、シャツのカラーと合っているんです!

 

ファッションとしてもとてもおしゃれ!

揃えて着たい!

 

高品質で高性能、何より着てみたいサイクルウェア

写真を撮らせていただいた普段着のようなシャツやパンツのほかにも、ブースには自転車通勤にも使えるスーツタイプのジャケットや、

どこにでも履いていけそうな、かっこいいサイクルパンツもありました。

 

サイトにはまだ載っていないものの、続々と新製品ができているとのこと。

これからの商品展開が楽しみなブランドです!

手に入れたアイテムレビュー!
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう