とびしま海道 イメージ写真

 

今回のサイクリングは「とびしま海道」!

「裏しまなみ海道」とも呼ばれ、しまなみ海道の西側・安芸灘諸島の島々と、本州側・広島県呉市を結ぶ海道です。

 

とびしま海道の特徴は、少ない交通量ひたすら海沿いを走るルート、30km程度と走りやすい距離など、初心者にもぴったりの、凝縮された素敵な環境!

 

愛媛県の岡村島から島々を渡って、広島県の安芸灘大橋まで。

とびしま海道サイクリング、行きました!

 

とびしま海道サイクリング モデルコースログ

サイクリングコース

とびしま海道サイクリングルートログ
とびしま海道のログをGoogle Mapで見る(別画面)

 

今治からとびしま海道へ 岡村島スタート旅程

  • オレンジフェリー:大阪南港 22:00 → 東予港 6:00
  • 今治に向けて自走:東予港 6:30 → 今治港 8:00
  • フェリー:今治港 8:25 → 岡村港 9:25

~とびしま海道サイクリング~

  • JR安芸川尻駅 15:30

 

安芸川尻駅からとびしま海道へ 安芸灘大橋スタート旅程

  • 新幹線:新大阪 6:00 → 広島 7:25
  • JR呉線:広島 7:37 → 安芸川尻 9:04

~とびしま海道サイクリング~

  • 高速船:大崎下島・大長港 14:02 → 竹原港 14:46
  • JR呉線:竹原 16:13 → 三原 16:50
  • 新幹線:三原 17:24 → 新大阪 19:13

 

今治港からとびしま海道岡村島へ

とびしま海道へは、大阪南港からオレンジフェリーを利用。

東予港に6:00に着いたのち、今治8:25発の岡村港行きの船に間に合うように、自転車を組み立てて自走しました。

今治港-岡村港フェリー

岡村島行きの船

 

しまなみ海道の来島海峡大橋も、今回は下をくぐって通過!

しまなみ海道 来島海峡大橋の下を通過

 

岡村島からとびしま海道スタート

今治からのフェリーで1時間、岡村港に到着。

ここからがとびしま海道!

とびしま海道岡村島 岡村港

 

とびしま海道は、比較的小さい島が続きます。

岡村島からは、大崎下島までの、3つの橋と4つの島を一望できます。

とびしま海道 岡村島の景色

 

瀬戸内海のど真ん中に、本州と四国の県境!

最初に渡る岡村大橋には、なんと愛媛県と広島県の県境があります。

四国と本州の県境を、瀬戸内海の真ん中で見るとは不思議な感じ。

岡村大橋、愛媛県と広島県の県境

左が広島県、右が愛媛県

 

岡村島を抜けると、

  • 岡村大橋
  • 中ノ島
  • 中の瀬戸大橋
  • 平羅島
  • 平羅橋
  • 大崎下島

と、小さい島と橋を短時間で進みます。

 

大崎下島

立ち寄りポイントが多い、大崎下島。

山清青果さんの「みかんジュース」

とびしま海道大崎下島 山清青果

 

みかんといえば愛媛!なイメージがありますよね。

ところが、実は広島のみかんも甘くておいしいんですよ!本当に!

 

大崎下島で外せないのは、「山清青果」さんのみかんジュース。

美味しいんですよ!

とびしま海道大崎下島 山清青果のみかんジュース

 

御手洗地区

途中、御手洗地区に寄り道。

江戸から明治、大正昭和初期までに建てられた歴史的建造物が多く残っている「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている、レトロなエリアです。

 

海沿いの道から離れて、細い路地を入らなければならないので、気づかずに通り過ぎてしまうかも。

とびしま海道 大崎下島 御手洗地区

 

日本一のジャングルジム

とびしま海道 日本一のジャングルジム

 

大崎下島から豊浜大橋を渡る手前、架橋記念公園で見つけたジャングルジム

工事現場に勝手に登ってるわけではありません

 

高さ13.2メートル、幅15.6メートルという、建造物の骨組みと間違えるような巨大さです。

登って下を見るとめっちゃ怖い!

 

日本一の大きさだそうです。

そりゃそうだ。こんなの置いたら床面積だけでちょっとした公園超えるわ。

 

豊島

豊浜大橋を渡り、豊島へ入ります。見下ろす景色が気持ちいいなあ。

豊浜大橋からの豊島の景色

 

上蒲刈島

ランチ!とびしま海道グルメならここ!「かつら亭」

とびしま海道 上蒲刈島 かつら亭蒲刈本店 外観

 

上蒲刈島にある「かつら亭 蒲刈本店」。

店内に大きな生簀があり、新鮮なお魚をいただけます!

とびしま海道 上蒲刈島 かつら亭蒲刈本店 店内

 

とびしま海道をサイクリングしている中では、このかつら亭さんが道路沿いで一番大きく、見つけやすい食事処です。

 

とびしま海道サイクリングのグルメならここ!ランチもOKも食事処「かつら亭」」にて、詳しく紹介しています。宿泊もできますよ。

 

安芸川尻へ向けて、とびしま海道サイクリング再開!

お腹を満たしたら、改めて次の下蒲刈島に向けてスタート。

穏やかで綺麗な海、道を走るのは自分だけという、ぜいたくな時間です。

とびしま海道 上蒲刈島の海辺

 

蒲刈大橋を渡り、次は最後の島、下蒲刈島。

とびしま海道 蒲刈大橋

蒲刈大橋。奥には呉に渡る安芸灘大橋も見えています

 

下蒲刈島

蒲刈大橋を渡り、とびしま海道最後の島、下蒲刈島に上陸。

 

蒲刈大橋のふもとは、歴史がある、開けた街になっています。

海浪漫」さんと「海駅三之関(かいえきさんのせき)」さんで、じゃこ天。

揚げたてアツアツ、柔らかな塩味が美味しいです。

とびしま海道 下蒲刈島 海駅三之関

海駅三之関のじゃこ天

 

そして最後の橋!

とびしま海道と呉を結ぶ、安芸灘大橋です。

 

ここには、とびしま海道にただ一つの信号があります。

とびしま海道 安芸灘大橋の信号

とびしま海道の中ではレアな景色

 

安芸灘大橋

青い空、青い海、そしてブルーラインに青い橋と、目に映る景色は青だらけ!

安芸灘大橋

 

ラストスパート!安芸川尻駅へ

いよいよ最後、安芸川尻駅にゴール!

JR呉線 安芸川尻駅

 

とびしま海道の概要と感想!

距離と高低差、特徴

  • 7つの島と7つの橋を渡り、愛媛県の岡村島から広島県・呉の安芸灘大橋を結ぶ海道。
  • 誰が呼んだか、別名「裏しまなみ」。
  • 岡村港から安芸灘大橋までのブルーライン(サイクリング推奨ルート)は約31km。
  • 交通量は少なく、信号機は1つだけ。ずっと海沿い
  • 高低差も少なくて、すごく走りやすい!

 

とびしま海道。短いけど、そこが良い!

岡村港から安芸灘大橋まで、とびしま海道は片道30kmほど。

しかも交通量が少なく、道もずっと広いんですよ。

 

すれ違う自動車も少なく、サイクリストももっと少なく、ほとんどの時間を一人でノンビリと走っていました。

個人的には、サイクリングをするなら、しまなみ海道以上に走りやすい海道だと思っています。

 

これにて、とびしま海道サイクリング、走破!

あー楽しかった!

瀬戸内7海道サイクリング記事
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう