サイクルウェア基本コーディネート&気温別コーディネートアイキャッチ

 

ロードバイクに乗り始めたばかりの初心者は、

  • 夏は長袖だと暑い?
  • 秋になったら、ウェアを買い足さないと寒くなる?

など、服装に悩みますよね。

 

この記事では、気温別のサイクルウェアの服装について紹介します。

 

自転車ウェアは春夏秋冬それぞれに用意したほうが良い?

サイクルウェアのコーディネートを考えるイメージ

サイクルウェアは重ね着で使える、定番の一式を用意しよう

サイクリングの服装は悩みどころ。

気温に合わせて細かく用意するのが理想ですが、ウェアやパンツを多く揃えても、結局は使い慣れたウェアを選んでしまうんですよね。

 

最初に選ぶサイクルウェアの基本は、オールシーズン使えること。

重ね着ができるウェアを揃えるほうが、幅広い季節に使えて便利です。

 

何着も用意したのに、着るのは数か月に一度(僕です)よりは、長い季節に使えて、あとは重ね着で調整できる一着を持っておくのがおすすめです。

 

それでは、サイクルウェアの快適なコーディネートを紹介します!

 

長く使える定番のサイクルウェアセット

サイクルウェアの基本コーディネート

 

まず揃えてほしいサイクルウェアは、

半袖サイクルジャージ(デザインお好みで)

サイクルパンツ(どちらか)

インナー

15℃帯ベーシックインナー

夏用インナー

      ウインドブレーカー

       

        このセットで、インナーとウインドブレーカーにより、それぞれ5℃ずつ適応できる気温が広がるので、気温10℃~30℃で使えます。

         

        ではさらに、もっと細かく、温度帯ごとの重ね着を解説します。

        服装のポイントは、最高気温に合わせること。

        走り出す前は「ちょっと涼しいかな?」くらいでちょうどいいです。

         

        夏(25℃以上)サイクルウェアの服装

        サイクルウェアの夏(25℃以上)のコーディネート

        半袖サイクルジャージ + 夏用インナー

         

        もっと暑い日には、半袖サイクルジャージ +アームカバーでも良い感じ。

        逆に寒さの調整は、ウインドブレーカーを重ねればOKです。

         

        夏のウェアをもっと詳しく→【夏用サイクルウェア】夏のロードバイクにおすすめの服装を解説!汗と日焼け対策も

         

        春・秋(20℃)サイクルウェアの服装

        サイクルウェアの春秋(20℃)のコーディネート

        長袖サイクルジャージ(薄い生地)+15℃帯ベーシックインナー

        春・秋(15℃)サイクルウェアの服装

        サイクルウェアの春秋(15℃)のコーディネート

        長袖サイクルジャージ(厚手)+15℃帯ベーシックインナー

         

        春・秋ウェアをもっと詳しく→ロードバイク春秋のサイクルウェア|気温別におすすめの服装を解説!

         

        冬(10℃)サイクルウェアの服装

        サイクルウェアの冬(10℃)のコーディネート

        長袖サイクルジャージ(厚手)+冬用インナー

        冬(5℃)サイクルウェアの服装

        サイクルウェアの冬(0℃~5℃)のコーディネート

        冬用ジャケット+冬用インナー

         

        冬用ウェアをもっと詳しく→ロードバイクの冬用おすすめサイクルウェア。防寒はこんな服装で!

         

        サイクルパンツ

        「サイクルクロップドパンツ」一枚でOK!

        ボトムスの一番のおすすめはこれ、「サイクルクロップドパンツ」です。

        パッド付きのサイクルパンツなので、一枚履きで快適です。本当にラクなんです!

         

        参考記事>>>超おすすめ!パールイズミ「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」がパッド付きで万能!

         

        パッドなしなら、スリークオーターが定番ですね。

         

        あとはレッグカバーをはけばOK!

        暑くても寒くても、レッグカバー(タイツ)があったほうが快適です。

         

        サイクルウェアの服装まとめ

        細かく解説しましたが、

        • 長袖と半袖
        • 厚手と薄手
        • ロングパンツとハーフパンツ

        など、ウェアをいっぱい用意したのに本当に数えるほどしか出番がないよ!

        もったいない買い物した!

        と貴方には思ってほしくないので、こんなコーディネートはいかがでしょう。

         

        ロードバイク初心者にはカジュアルなサイクルウェアがおすすめ

        カジュアルなサイクルウェアなら、場所を気にせずラクチン

        僕の自転車生活は、レースではなく、輪行(自転車で旅行すること)がメインです。

         

        電車や飛行機で移動して、ロードバイクを組み立てたり、レンタサイクルを借りたり。

        カジュアルな服装で、移動中もサイクリングも、着続けられる服装で出かけたいのです。

         

        今の服装のイメージは、パールイズミのフリージーです。

        パールイズミ フリージーのイメージ

         

        もしくは、街なかでもかっこいいブランド、カペルミュール

        カペルミュールのファッションのイメージ

         

        このようなデザインなので、

        • 電車
        • 休憩中
        • サイクリングの途中

        場所を気にせず、身軽に過ごしています。

         

        参考記事>>>サイクリングの服装はどうしよう?初心者は普段着なウェアで出かけよう!

         

        サイクルウェアの組み合わせイメージ

        半袖×ハーフパンツ。

         

        長袖×ロングパンツ。

         

        かっこいいですよね!

         

        サイクルウェアの人気記事

        ロードバイクおすすめ半袖サイクルウェア10選

        ロードバイクおすすめ長袖サイクルウェア10選

        レーパンは恥ずかしい?カジュアルなサイクルパンツ10選

        一枚あれば大活躍!おすすめのウインドブレーカー10選

        気温で選ぶ!自転車用のアンダーウェア(インナー)10選

        メインカテゴリー
        サイクリングレポート カテゴリバナー
        カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
        自転車グッズ カテゴリバナー
        輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
        自転車ニュース カテゴリバナー
        自転車トーク カテゴリバナー

        ▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
        コメントを残す

        日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

        この記事が気に入ったら「いいね!」してね

        最新情報をお届けします

        Twitterでフォローしよう