自転車セール情報更新中!

自転車で大阪→京都嵐山!桂川サイクリングロード&淀川サイクリングロード

淀川サイクリングロード&桂川サイクリングロード アイキャッチ

京都の観光地、渡月橋を渡る嵐山

その嵐山を起点とする、サイクリングコースがあります。

通称は桂川サイクリングロード

正式名称は「府道京都八幡木津自転車道線」と言い、名前のとおり、嵐山から八幡を経由し、木津までを結んでいます。

この記事では大阪方面から、淀川の河川敷・淀川サイクリングロードを走り、桂川サイクリングロードに合流して、嵐山を目指します!

大阪淀川サイクリングロード→京都嵐山桂川サイクリングロード ルートログ

淀川河川敷と桂川堤防で、大阪から京都嵐山までノンストップ

僕は淀川にかかる、枚方市の枚方大橋から出発。

このサイクリングコースの走りやすいところは、嵐山まで信号を渡ることなくノンストップで行けるんです。

線路の下をくぐる桂川サイクリングロード

道路も線路も、下をくぐってノンストップです

距離は片道35km。

意外に短い距離なので走りやすいですね。

では出発!

桂川サイクリングロードは自転車歩行者専用道。淀川サイクリングロードも通称であり、広い道の河川敷というだけです。歩行者やスポーツのグラウンドもありますので、スピードの出しすぎには注意しましょう。

淀川サイクリングロード 大阪・枚方-京都八幡・御幸橋

まずは淀川沿い。

通称「淀川サイクリングロード」を走ります。

淀川サイクリングロード 枚方大橋からの景色

枚方大橋から淀川の上流を望む。スタート!

河川敷はしっかりと舗装されていて、保守車両以外のクルマが走ることはありません。

広い道を快適に走ることができます。

淀川サイクリングロードの広い河川敷

高速道路と京阪電車の鉄橋が見える橋まで着いたら、御幸橋です。

ここから桂川サイクリングロードに合流。

淀川サイクリングロードと桂川サイクリングロードの合流地点 御幸橋

木津川の御幸橋を渡ると、定番の休憩スポット「さくらであい館」があります。

トイレも自販機もあり、便利です。

淀川サイクリングロードと桂川サイクリングロードの合流地点 御幸橋「さくらであい館」 外観

関連記事>>>京都八幡「さくらであい館」|桂川&淀川サイクリングロード定番の休憩スポットを紹介

桂川サイクリングロード 御幸橋-京都市伏見区赤池(京川橋)

宇治川の御幸橋を渡り、桂川沿いに向きを変えると、ここからは桂川サイクリングロード

淀川沿いは河川敷でしたが、桂川サイクリングロードは堤防の上がメインになります。

桂川サイクリングロードの風景

このコース、全ルートを通じて、ずっと河川敷や堤防を走っているので、店舗どころか自動販売機も見当たりません。

コース上で寄りやすいのが、カフェ「モーニンググローリー」か、京都市伏見区の京川橋近く、赤池付近。

そのまま嵐山方面に向かうなら、京川橋を渡りますが、この赤池付近は、近い場所にお店が多くあります。

休憩や補給はこのあたりでどうぞ。

関連記事>>>京都伏見「モーニンググローリー」|桂川サイクリングロードのサイクリスト定番カフェ

桂川サイクリングロード 赤池-嵐山

京川橋を渡って、嵐山を目指します。

JRの線路をくぐり、阪急の線路をくぐり、見えてくる大きな橋は西大橋

桂川サイクリングロード 西大橋

西大橋を右(東側)から来て、180°曲がり、河川敷に下ります。

ここら辺はややこしいので、初めて行くときは迷ってしまうかも…

桂川サイクリングロード 西大橋の西側橋詰め

西大橋を渡ったらすぐに河川敷へ

もうすぐ嵐山。

山も近くなってきました。

桂川サイクリングロード 上桂の道

どこに進むの!?と迷うこと必至の交差点。

細かい道も合わせたら、この一角だけで8差路になるんじゃないかな。

桂川サイクリングロード 嵐山手前の交差路

いちばん川沿いの道(松尾・川よしさんの横の道)に曲がり、あとは道沿いです。

嵐山・渡月橋に到着

桂川サイクリングロードの自転車道の終点 嵐山渡月橋

ノンストップで嵐山まで行ける、最高のサイクリングロード

京都嵐山 竹林の小径

淀川河川敷と桂川堤防だけで、嵐山まで行けるというサイクリングロード。

しかも信号はなく、快適に走ることができます。

京阪神のサイクリングにおすすめのコースです。

あー楽しかった!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)