セール情報更新中!

ロードバイク【春のサイクルウェア】気温別におすすめの服装を解説!

春のおすすめサイクルウェア アイキャッチ

春と秋は、朝は寒くて昼は暑いという、寒暖差が激しい季節。

ロードバイクに快適に乗るために、重ね着で調節できる服装を選びましょう。

この記事では、春秋の服装に焦点をあてて、

  • 10℃帯
  • 15℃帯
  • 20℃帯

におすすめのサイクルウェアを紹介します。

この温度帯で大活躍するジャージとインナーはこれ。

春秋(10℃・3月12月)サイクルウェアの服装

まずは冬の空気が残る10℃帯。

長袖サイクルジャージ(しっかり起毛生地)に冬用インナーを合わせるとちょうどいいです。

サイクルウェアの冬(10℃)のコーディネート

長袖サイクルジャージ(しっかり起毛生地)+冬用インナー

15℃対応ジャージ

→レビュー記事はこちら

5~15℃対応ジャージ

→レビュー記事はこちら

冬用インナー

春秋(15℃・4月11月)サイクルウェアの服装

少し冷たさが残り、自転車から降りると肌寒さを感じます。

長袖サイクルジャージ(起毛生地)に、15℃帯のベーシックインナーを合わせましょう。

サイクルウェアの春秋(15℃)のコーディネート

長袖サイクルジャージ(あたたか起毛生地)+15℃帯ベーシックインナー

活躍する15℃対応ジャージ

→レビュー記事はこちら

15℃帯ベーシックインナー

▼まとめはこちら

長袖ジャージのまとめ→ロードバイク【長袖サイクルウェア】おすすめ10選!カジュアルジャージで楽しもう

サイクルパンツのまとめ→カジュアルなサイクルパンツがロードバイクにおすすめ!

春秋(20℃・5月10月)サイクルウェアの服装

一番走りやすい気温です。

薄手のウェアを基本に、汗対策に重点を置きましょう。

薄手の長袖ジャージに15℃帯ベーシックインナーがちょうどいい組み合わせ。

20℃を越えそうな日は、半袖にしても快適です。

サイクルウェアの春秋(20℃)のコーディネート

長袖サイクルジャージ(薄い生地)+15℃帯ベーシックインナー

ちょうどいい薄手の長袖(1)

→レビュー記事はこちら

ちょうどいい薄手の長袖(2)

→レビュー記事はこちら

15℃帯ベーシックインナー

→レビュー記事はこちら

▼まとめはこちら

長袖ジャージのまとめ→ロードバイク【長袖サイクルウェア】おすすめ10選!カジュアルジャージで楽しもう

サイクルパンツのまとめ→カジュアルなサイクルパンツがロードバイクにおすすめ!

サイクルパンツは3シーズン対応の快適なものを

涼しい季節なので、パンツは夏以外のオールシーズン生地のものを選びましょう。

ロングパンツなら、カペルミュールの「鹿の子ニットロングパンツ」とWinnerの「ストレッチサイクルジーンズ」が軽く柔らかく、快適です。

→レビュー記事はこちら

→レビュー記事はこちら

Winner スーパーストレッチ サイクルジーンズ

関連記事>>>レーパンは恥ずかしい?ロードバイクにおすすめのカジュアルなサイクルパンツ10選!

春秋のサイクルウェアの服装でおすすめのウェアはこれ!

春と秋は自転車で走るのに最高の季節。

紹介したなかで、まずおススメするのは、15℃を中心に活躍する万能ウェア。

パールイズミの「シティライドウォームプリントジャージ」です。

一着あれば、かなりの長い季節を快適に走ることができます。

気温が少し上がってきたら、カペルミュールの「シャツジャージ」が快適です。

デザインもかっこいいし、超万能!

さらにウインドブレーカーなど、調整できるプラス一枚があると安心ですね。

快適なウェアで、サイクリングを楽しみましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)