夏のロードバイクサイクルウェア アイキャッチ

 

日差しが強く、蒸し暑い夏!

汗も多くかきますが、それでも自転車には乗りたくなります。

 

ロードバイクに快適に乗るために、

  • 汗をよく吸って
  • サッパリドライに
  • 日焼け防止もだいじ

な服装を選びましょう。

 

この記事では、夏におすすめのサイクルウェアを紹介します。

夏のサイクルウェア基本コーディネート

サイクルウェアの夏(25℃以上)のコーディネート

なるべく薄く、重ね着は減らしたい

夏のサイクルウェアの基本は、単純に涼しい服装でいること。

  • 半袖サイクルウェア
  • 夏用インナー
  • サイクルパンツ
  • (日焼け防止用アームカバー)

または、

  • 長袖サイクルウェア
  • 夏用インナー
  • サイクルパンツ

 

となります。

 

30℃を超えると、動いていなくても暑いです。

トップスは、薄手のジャージとインナーに絞って、重ね着は減らしましょう。

 

直射日光の日焼けのほうがダメージが大きい

半袖+ハープパンツが服装としては一番涼しげですが、長時間のライドでは日焼けを防止することが重要です。

身体が火照ってコンディションが悪くなるほか、ひどい日焼けは皮ふにもダメージがあります。

 

あえて長袖+長タイツを着用したり、日焼け止めで直射日光を避けるようにしましょう。

 

夏におすすめサイクルウェアコーディネート1

半袖サイクルジャージ+夏用長袖インナー

半袖ジャージと夏用インナーのおすすめを紹介します。

「クールフィットドライUVロングスリーブ」は夏の定番インナー。

関連記事>>>夏の定番!自転車インナー|パールイズミ クールフィットドライUVロングスリーブ

 

夏におすすめサイクルウェアコーディネート2

長袖サイクルジャージ+夏用半袖インナーor夏用ノースリーブインナー

次に、長袖ジャージと夏用インナーの紹介。

関連記事>>>【カペルミュール 長袖シャツジャージ】レビュー|ワイシャツなのにサイクルジャージ?がおしゃれ!

 

サイクルパンツは定番の「サイクルクロップドパンツ」

ボトムスの一番のおすすめはこれ、「サイクルクロップドパンツ」です。

パッド付きのサイクルパンツなので、一枚履きで快適です。

 

もしくは、軽いサイクルパンツに、

夏用のタイツをはけばOK!

夏のロードバイクおすすめサイクルウェアまとめ

夏のサイクリングで気を付けておくことは、汗(日差し対策)と日差し(日焼け対策)です。

 

目立たない部分ではありますが、インナーに関しては、夏には夏用のインナーを用意したほうがラクなんです。

快適さが全然違います。

 

快適なウェアを揃えて、夏のサイクリングを楽しみましょう!

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう