Amazonタイムセール祭り開催中!

【夏のサイクルウェア】基本コーディネートとおすすめウェアを解説!

夏のロードバイクサイクルウェア アイキャッチ

暑い夏!

それでも自転車には乗りたくなります。

ロードバイクに快適に乗るために、

  • 汗をよく吸って
  • サッパリドライに
  • 日焼け防止もだいじ

な服装を選びましょう。

この記事では、夏におすすめのサイクルウェアを紹介します。

夏のサイクルウェア基本コーディネート

サイクルウェアの夏(25℃以上)のコーディネート

なるべく薄く、涼しいサイクルウェアを選ぶ

夏のサイクルウェアの基本は、単純に涼しい服装でいること。

  • 半袖サイクルウェア
  • 夏用インナー
  • サイクルパンツ
  • (日焼け防止用アームカバー)

または、

  • 長袖サイクルウェア
  • 夏用インナー
  • サイクルパンツ

が基本のコーディネートとなります。

30℃を超えると動いていなくても暑いです。

トップスは、薄手のジャージとインナーに絞って、重ね着は減らしましょう。

日焼け防止にも気を付けて

半袖+ハーフパンツが一番涼しげな服装ですが、長時間のライドでは日焼けを防ぐことが重要です。

あえて長袖+長タイツを着用したり、日焼け止めで直射日光を避けるようにしましょう。

夏におすすめサイクルウェアコーディネート1

半袖サイクルジャージ+夏用長袖インナー

涼しい半袖ジャージ。

夏用インナーのおすすめは、「クールフィットドライUVロングスリーブ」。

腕の部分がUVカットのアームカバーになっている、快適なインナーです。

レビュー記事>>>夏の定番!自転車インナー|パールイズミ クールフィットドライUVロングスリーブ

夏におすすめサイクルウェアコーディネート2

長袖サイクルジャージ+夏用半袖インナーor夏用ノースリーブインナー

次に、薄手の長袖ジャージなら、腕もカバーできて快適です。

レビュー記事>>>「カペルミュール 長袖シャツジャージ」レビュー|ワイシャツなのにサイクルジャージ?がおしゃれ!

長袖ジャージには、ノースリーブの夏用インナーが合います。

サイクルパンツは7分丈パンツが使いやすい

ボトムスは動きやすく走りやすい、7分丈の長さが定番ですね。

日焼け防止には、夏用のタイツを合わせればOK!

夏のロードバイクおすすめサイクルウェアまとめ

夏のサイクリングで気を付けておくことは、汗(日差し対策)と日差し(日焼け対策)です。

目立たない部分ではありますが、インナーに関しては、夏には夏用のインナーを用意したほうがラクなんです。

快適さが全然違います。

快適なウェアを揃えて、夏のサイクリングを楽しみましょう!

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)