この記事のタイトルとURLをコピー

 

この記事では、見たままの景色を写真に残すことができるカメラ「360度カメラ」を紹介します。

 

360度カメラは、大切な思い出を空間まるごと共有できる写真が撮れるカメラ。

旅行やイベントで、その場所の景色すべてを記録する事ができます。

 

360度カメラのおすすめポイントと、有名機種2つ(RICOH THETAとInsta360 ONE X2)を比較して解説します。

 

関連記事>>>【RICOH THETA】レビュー|リコーシータ VとSC2の違いも解説!共有が楽しいおすすめ360度カメラ

 

360度カメラって何?

360度カメラは、「撮影した周辺の場所の風景すべて」を撮ることができるカメラ。

通常のカメラはレンズ前方の固定された範囲を撮影しますが、360度カメラは名前のとおり、真上・真横・真後ろまで、360度全体を撮影することができます。

 

こんな場所での撮影が…

糸山公園展望台から見る来島海峡大橋

 

こう撮れます!

糸山公園展望台(しまなみ海道今治) - Spherical Image - RICOH THETA

 

360度カメラのいいところ

撮影者も写る!カメラのうしろも撮れる!ぐるぐる回せる!

360度の風景ぜんぶを撮影するため、まるでその場所に居るかのような空間を伝えることができます。

撮るひとも写るため、旅行やイベントや集合写真に大活躍!

来島海峡大橋の360度カメラ画像! 楽しいなこれ - Spherical Image - RICOH THETA

 

じつは屋内も楽しい

屋外の広い風景はもちろんのこと、じつは360度カメラの写真は屋内でも大活躍

臨場感あふれる写真になります。

オレンジフェリーエントランスの大階段

オレンジフェリーの360度カメラ画像! 後ろも見れるのは便利だなあ - Spherical Image - RICOH THETA

 

360度動画も撮れる

静止画写真だけでなく、動画も撮影することができます。

▼PCで表示

360度カメラの走行映像!楽しい! - Spherical Image - RICOH THETA

 

360度カメラと一般的なカメラの違うところ

360度画像では写真には残せない

普通のカメラで撮影した写真は、現像して残すことができますね。

ですが360度カメラで撮った全方向画像は、平面で見ると歪んで見えます。

360度カメラの2次元写真

撮影者の僕が左右の端っこに切れています

 

現像には向きませんので、基本的にはスマホのアプリで確認することになります。

 

おすすめの360度カメラ リコーシータとInsta360 ONE X2

おすすめの360度カメラ2機種、

  • RICOH THETA(リコーシータ)
  • Insta360 ONE X2

を紹介します。

RICOH THETA(リコーシータ)

リコーシータSC2

 

RICOH THETAの特徴
  • シンプル
  • 早い
  • 使いやすい

Insta360 ONE X2

insta360 ONE X2

 

Insta360 ONE X2の特徴
  • 液晶画面搭載
  • 多機能

使いやすいRICOH THETAがおすすめ!

多機能だけど慣れにくいInsta360 ONE X2

Insta360 ONE X2は画面があって操作しやすいかも!と思ったのですが、

じっさいに使ってみると、カメラ本体で操作することはほとんどありませんでした。スマホのアプリからの設定でした。

 

正直なところ、Insta360 ONE X2は慣れるまでに諦めた感じがあります。

アプリの起動が待ちきれず、カメラの撮影アプリというよりは、Insta360シリーズの共有プラットフォームみたいなクセがあるインターフェイス。

 

▼アプリ起動中画面insta360アプリのインターフェース
▼アプリ起動後画面insta360アプリの起動画面

 

Insta360 ONE X2は手振れ補正機能を備え、人物消去補正などの編集機能が優れているという説明ですが、プロのクリエイターレベルでないと、機能を使いこなせないかも…

自転車に乗せるなら、Insta360 ONE Rがコンパクトという利点はあります。

 

シンプルで分かりやすいRICOH THETA

リコーシータのアプリはすごくシンプル。

アプリの起動や操作も早く、ストレスを感じません。

 

アプリを起動して→カメラと接続して→撮影する、がすごくスピーディ!

リコーシータのアプリ画面

シンプルなアプリ起動画面

 

360度カメラ画像は共有できるの?

twitterでツイート

twitterでは、ツイートへの画像の添付では360度表示になりません。

「theta360.com」へのアップロードののちに共有となります。少しややこしいですね

LINEで送信

LINEはカンタン。

LINEの機能として、360度カメラ画像を送信すれば、自動で360度表示になります

LINEで送信した360度カメラの画像

 

動画で共有

YouTubeでも360度ぐりぐり回せます。

 

真下が写るので、自撮り棒は必須!

リコーシータもInsta360 ONE X2も、もちろん本体だけで360度撮影はできますが、カメラ本体を手で持って撮影すると、キレイな360度画像になりません

レンズの真下も写るので、持った手と腕がしっかり写って邪魔になってしまうんですね。

 

必須アイテムとして、自撮り棒をあわせて持っておきましょう。

リコーシータもInsta360 ONE X2も、穴で固定するタイプならどんな自撮り棒でもOK。

互換して使えます。

リコーシータとInsta360の自撮り棒

リコーシータとInsta360の自撮り棒を伸ばしたところ

少しだけ伸ばしました

リコーシータの自撮り棒

ひねってロックを解除して、一段ずつ延ばすタイプ。

伸縮は軽くできますが、何かのひょうしにロックが外れたら、するっと一段階短くなります。

 

激しい動きをしない撮影には、リコーシータの自撮り棒のほうが軽く扱えてラクです。

Insta360 ONE X2の自撮り棒

力で引っ張って延ばすタイプ。

勝手に落ちてくるような緩いものではなく、しっかりと摩擦で固定されています。

 

伸ばすのも縮めるのもチカラが必要ですが、激しい動きの撮影でも安心の固定力

共有して楽しい、仕事にも嬉しい360度カメラが良いぞ

その場にいるような全部の風景が見れるのが楽しいんですよ。

思い出に残すのも、風景を伝えるのも、すごく便利。

 

大切な思い出を空間まるごと共有できる写真が撮れる「360度カメラ」がおすすめです!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
あなたにおススメ
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう