とびしま海道で人気の観光スポット、「御手洗レトロ地区」。

サイクリストだけでなく、全国に有名な観光スポットがどこにあるか、紹介します!

 

 

とびしま海道「御手洗レトロ地区」って?

御手洗地区の公式な呼び名は、「御手洗町並み保存地区」。

 

土地が狭いために数度にわたって埋め立てられた御手洗は、大小の家屋や施設が混在し、通路が網の目のように巡っています。

 

町には江戸から明治、大正昭和初期までに建てられた建造物も多く残っており、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定を受けるほど、貴重な歴史を持っています。

 

とびしま海道「御手洗レトロ地区」ってどこにあるの?

とびしま海道大崎下島 御手洗町並み保存レトロ地区 医院跡

 

御手洗レトロ地区があるのは、とびしま海道の大崎下島

大崎下島は、岡村島から、小さい中ノ島と平羅島を渡った先の島です。

 

御手洗の町並みは、海沿いの道路から少し内側にあります。

案内の看板はあるのですが、道路からは見えないので、うっかり通り過ぎてしまうかもしれません。

 

御手洗保存地区の基本情報

とびしま海道大崎下島 御手洗町並み保存レトロ地区

 

町並みがメインですので、特に営業時間などはありません。

 

公式サイト

呉観光協会:https://www.kure-kankou.jp/spot.html?id=986

 

住所:広島県呉市豊町御手洗
電話:0823-67-2278(豊町観光協会)

 

とびしま海道の定番スポット!御手洗レトロ地区を歩いてみて

御手洗地区は17世紀より、江戸時代の約200年間を経て昭和初期に至るまで、瀬戸内海の中継港として発展。その痕跡を今も集落に留めています。

     

    港町の歴史を感じることができる、とびしま海道の観光スポット。

    大崎下島の「御手洗レトロ地区」を、ぜひ歩いてみてください!

     

    買い物前のチャージで最大2.5%ポイント!
    メインカテゴリー
    サイクリングレポート カテゴリバナー
    カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
    自転車グッズ カテゴリバナー
    輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
    自転車ニュース カテゴリバナー
    自転車トーク カテゴリバナー
    しまなみ海道 アイキャッチ
    こちらの記事も読まれています

    ▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    この記事が気に入ったら「いいね!」してね

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう