セール情報更新中!

【はまかぜ海道】自転車で走ってきた!松山‐今治サイクリング「海道6/7」

はまかぜ海道サイクリング アイキャッチ

愛媛県の松山市・道後温泉から、今治市のサンライズ糸山までを結ぶコースを「はまかぜ海道」と言います。

今治から松山まで、愛媛県の2大都市を自転車で走ってきました!

はまかぜ海道サイクリング ルートログ

はまかぜ海道は、松山から今治までのほぼ海沿いを走ります。

はまかぜ海道のコース・距離・高低差

日本三古湯ともいわれる松山・道後温泉と、愛媛県の玄関口・今治

愛媛県の2大都市をつないでいる海道です。

正式ルートは、松山の道後温泉から今治駅を結び、さらにはしまなみ海道の基点となる「サンライズ糸山」まで。

走行距離は約60kmで、全域にわたってかなりフラットな海道です。

今回は今治駅をスタートし、本来のゴールであるサンライズ糸山を経由して、松山まで走りました。

今治からはまかぜ海道サイクリングスタート

JR今治駅をスタートし、来島海峡大橋のふもとにある、サンライズ糸山を目指します。

今治駅外観

サンライズ糸山。

しまなみ海道のシンボルとも言える、来島海峡大橋を望む絶好のポイントです。

今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山 正面
今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山からの来島海峡大橋

正式ルートはサンライズ糸山→今治駅→松山なのですが、コースの方向から順番を調整しました。

松山へと続く国道196号へ向かいます。

はまかぜ海道の国道196号線

ぬっと出てきた、すごく大きな造船工場。

はまかぜ海道 新来島ドック大西工場

このあたりから、海沿いの景色もちらほら。

はまかぜ海道 国道196号沿いの海

はまかぜ海道は国道196号を走るコースなので、あまり路面のブルーラインはありませんが、たまに表示されています。

はまかぜ海道 松山までのブルーライン距離表示

今治駅から20km、目印になるすごく大きな石油工場。

太陽石油の工場
太陽石油の工場全景

ここから本格的に海沿いを走ります。

はまかぜ海道 国道196号沿いの海
はまかぜ海道の道路

景色の良い海沿いの道ですが、松山と今治を結んでいる国道です。

全域に渡って交通量が多いことには注意が必要。

広い道に出たかと思えば、車道が狭く路肩もない、狭い道も通ります。

路肩には砂利があるわ、車道はびゅんびゅんクルマが走っているわ、怖い区間もありました

はまかぜ海道の海

中間地点 道の駅「風早の郷 風和里(ふわり)」で休憩

道の駅「風早の郷 風和里(ふわり)」。

今治から約30km、ちょうど中間地点です。

道の駅 風早の郷 風和里の入口

瀬戸内海の海の幸を食べられるレストランのほか、軽食コーナーもあるので休憩場所としてちょうど良いです。

道の駅 風早の郷 風和里

松山に向かって後半戦

今治から40km、堀江にある「海の駅うみてらす」で休憩。

松山・堀江 海の駅うみてらす

正式には松山のゴールは道後温泉なのですが、今回はフェリーに乗るため、松山観光港を目的地にしました。

距離はあまり変わらないと思う

松山観光港まではあと10km、もう市街地に入っています。

はまかぜ海道松山 三浦工業本社

港がある方面に進みます。

はまかぜ海道 松山観光港までの標識
はまかぜ海道 松山観光港近くの風景

松山観光港の近くは、小さな船がたくさん留まっているしている漁港でした。

すごく良い風景。

はまかぜ海道 松山観光港近くの漁港
はまかぜ海道 松山観光港近くの漁港

松山観光港にゴール!

松山観光港 外観

今治から松山へ!はまかぜ海道サイクリングが楽しいぞ

これにて、はまかぜ海道走破!

さざなみ海道とはまかぜ海道、2つの海道を走ることができた旅でした。

あー楽しかった!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)