しまなみ海道に多くあるフェリー航路のうち、メインの一つである、尾道と生口島・瀬戸田港を結ぶ航路。

 

尾道‐瀬戸田航路には、主に休日に、自転車をそのまま積み込むことができるフェリー「サイクルシップラズリ」が運行します。

 

この記事では、しまなみ海道をショートカットするだけでなく、クルーズ船として旅を豪華にする「サイクルシップラズリ」について紹介します。

瀬戸内クルージング|尾道‐瀬戸田航路

 

サイクルシップラズリ 外観

 

サイクルシップラズリの基本情報

サイクルシップラズリは、2018年10月28日開催の国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」においてデビュー。

のちに、尾道と瀬戸田を結ぶ定期航路に就航しました。

 

Lazuli(ラズリ)はペルシャ語で「青」という意味。

しまなみ海道の海や島と、サイクリングロード(ブルーライン)を船で繋ぐことをイメージして命名されました。

すごくいいネーミングだと思う!

 

サイクルシップラズリの運行港表示

 

サイクルシップラズリの運行情報

しまなみ海道のフェリー 尾道~生口島(瀬戸田)航路マップ

航路

サイクルシップラズリが結ぶ航路は、

  • 尾道駅前
  • 尾道新浜
  • 因島重井東
  • 須ノ上(佐木島)
  • 瀬戸田沢(生口島)
  • 瀬戸田(生口島)

です。

太字はしまなみ海道と接続している港。

 

運航日

サイクルシップラズリの運行カレンダーはこちら。主に休日に運航しています。

https://s-cruise.jp/timetable/

 

平日は「シトラス」という旅客フェリーが運航しています。

サイクルシップラズリは、自転車も乗れることをクルーズ船としてアピールしていますが、シトラスにも自転車はそのままで乗船できますので、安心してください。

尾道~生口島瀬戸田航路 平日の主船シトラス

瀬戸内クルージング|船の紹介

 

料金

尾道‐瀬戸田の旅客運賃は1,300円。

自転車は500円です。

 

サイクルシップラズリに乗ってきた

サイクルシップラズリは、2階建ての中型旅客フェリー。

自転車のタイヤを模したアーチがおしゃれです。

乗客が乗っているサイクルシップラズリ

 

旅客定員75名(うち客席内45席)、自転車積載台数は約50台

この日も瀬戸田港から、多くの乗客が乗り込みました。

 

1階は前方に屋内客席と、後方に駐輪スペースがあります。

サイクルシップラズリの客室扉

サイクルシップラズリ1階の自転車置きスペース

 

2階はオープンデッキとなっており、サイクルスタンドもあります。

サイクルシップラズリ2階の前方サイクルラック

サイクルシップラズリ後方のサイクルラックと海の景色

 

航行速度はかなり早いので、風が直撃します。

寒く感じたら、1階の屋内客室へどうぞ。

 

フェリーを使えば、しまなみ海道の自転車旅も快適!

瀬戸田港は、尾道からしまなみ海道を半分近く進んだ場所にあります。

しまなみ海道生口島 瀬戸田港

 

【尾道発着半日コース】初めてのしまなみ海道サイクリング。こんなプランはいかが」のように、時間や体力に合わせて

  • 尾道から瀬戸田までサイクリング → 帰りはフェリー
  • 尾道から瀬戸田までフェリー → 帰りはサイクリング
  • 尾道から瀬戸田までフェリー → 生口島一周サイクリング → 再びフェリーで尾道へ

など、短距離の旅程を組むこともできます。

 

移動手段というだけでなく、風を浴びながらのクルーズ船旅になる、サイクルシップラズリ。

しまなみ海道のサイクリングルートに、あえて組み込むのも楽しいですよ!

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう