セール情報更新中!

【パールイズミ オルタナジャージ レビュー】広い季節に活躍の15℃帯ベーシックウェア

新しいサイクルウェアを購入しました。

ブランドはパールイズミ。

今回のフィットタイプは「ベーシックフィット」。

フリージーシリーズで採用している、ゆったり「シティライドフィット」よりも、ややタイトめのフィット感です。

カジュアルテイストなスリムフィットウェア「パールイズミ オルタナジャージ」を紹介します!

カジュアルな雰囲気、広い時期に対応できるおしゃれなジャージ

パールイズミ オルタナジャージ 正面

杢柄でカジュアルな雰囲気をイメージした、おしゃれに着て頂ける気温15℃対応のジャージです。

適度な保温性と吸汗速乾性を備えた素材を採用し、動きやすく、秋口や春先、冬はインナーとして長いシーズン使って頂けます。

と、パースイズミのサイトにはあります。

気温15℃に対応とは、どんな生地で、どんな着ごこちなの?

実際に着た感想を解説します。

「ベーシックフィット」の着ごこちは?

パールイズミ オルタナジャージ 背面

オルタナジャージのフィット感は、カジュアルテイストなスリムフィット「ベーシックフィット」です。

ゆったり「シティライドフィット」と、ピタッとタイトな「レースフィット」の中間で、着た感じも、ぎゅっとタイトではなく、軽く絞られている感じ

ゆったり具体を比べると、

  1. シティライドフィット:パールイズミ「シティライドウォームプリントジャージ
  2. カペルミュール「レーシングサーモジャケット
  3. ベーシックフィット:パールイズミ「オルタナジャージ」

の順番です。

オルタナジャージは、カペルミュールの「レーシングサーモジャケット」よりも、ややタイトめな感じですね。

参考記事>>>

幅広い季節に活躍する、15℃帯のベーシックウェア

サラリとした柔らかい起毛生地で、厚さは「シティライドウォームプリントジャージ」「レーシングサーモジャケット」と同じくらい。

裾にシリコン加工があり、激しく動いてもずり上がりません。

オルタナジャージ 裾のシリコン加工
ずり上がりを防ぐ、裾のシリコン加工

同じパールイズミのウェアでも、シティライドウォームプリントジャージでは、ゆったりすぎるかなあ、と考えているかたにピッタリのジャージです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)