サイクルジャージの服装は、いつになっても悩むもの。

特に、ロードバイク初心者は、レーサーのような本格的なサイクルジャージよりも、ゆったりとした服装で走りたいですよね。

 

僕自身、ロードバイクに乗るメインは、電車や飛行機での自転車旅行、輪行(りんこう)です。

電車などでの移動時間が長いため、

このような、いかにもレーサーです!というようなファッションだと、少し移動しにくいんですよ。

 

そこで、ロードバイク初心者にぴったりの、おすすめの服装があります。

自転車ウェアとしての機能を持ちながら、普段着のようにゆったりした、おしゃれでカジュアルなサイクルウェアはいかがでしょうか。

 

この記事では、カジュアルサイクルウェアのおすすめブランドを紹介します!

 

ロードバイクの服装で悩んだら!カジュアルなサイクルウェアのおすすめ4ブランド

パールイズミ FREEASY(フリージー)

サイクルジャージの有名メーカー・パールイズミ(公式サイト)が展開する、カジュアルサイクルウェアのブランド「フリージー」。

スタンダードなデザインで人気です。

カジュアルサイクルウェア パールイズミ フリージー

 

ウェアの一例はこんな感じ。

半袖。

長袖。

 

パールイズミの公式ページは、新製品のみが掲載されていますので、すべてのアイテムは、Amazonの一覧からチェックしてください。

Amazomで「パールイズミ フリージー」を調べる

 

KAPERMUUR(カペルミュール)

サイクルジャージの有名メーカー・ウェイブワンが展開する、オリジナルサイクルウェアのブランド。

おしゃれなファッションで、実店舗まで出店するほど人気があります。(カペルミュール公式サイト

 

カペルミュールメンズコーディネート

男性のコーディネート例

 

ウェアの一例はこんな感じ。

半袖。

長袖。

 

新商品も随時出ており、アイテム数も多くあります。

各サイトに専門店も出店しているので、一覧から探しやすいですよ。

Amazonで「カペルミュール」を調べる

 

Winner

次に、Winner(ウィナー)

あまり知られていないブランドですけど、すごくおすすめです。

 

アイテムの一つ一つが、着ていて、履いていて気持ちいいんですよ。

身体を動かすときのストレスがありません!

 

縫製まで自社でしている、まだ小さなブランドですが、一度履いたらびっくりするほど快適。

カーゴパンツ七分丈スウェットパンツなんて、伸びて軽くて、普段着にまでヘビーローテーションするくらいの高品質です。

Winnerのアイテム一覧

 

TOKYO Wheels

さいごに、大人のためのセレクトショップ『TOKYO Wheels』。→【公式サイトはこちら】

 

ブランドのキャッチコピーは、『自転車を愛するおしゃれサイクリストへ』。

扱っているブランドは「narifuri(ナリフリ)」や「rin project(リンプロジェクト)」など、超かっこいいアイテムが揃っています。

 

たとえば、トップスウェア

こんな感じだったり、

 

快適ストレッチのrin project(リンプロジェクト) ストレッチサイクルショートパンツ

こんな感じだったりで、かなりオシャレなんです!

 

サイクルウェアの服装を探すなら、まずはこの記事から!

カジュアルなサイクルウェアに関する、個別アイテムの紹介記事を、まずはウェアパンツインナーから紹介します。

場所を気にせずにサイクリングできるアイテムを選んでください!

一番基本のウェアの記事

 

一番基本のパンツの記事

 

インナーもセットで大事!

 

ウェアの記事一覧を見たいという方はこちら!

→「サイクルウェア」カテゴリの記事一覧

 

カジュアルサイクルウェアのいいところ

初心者の服装におすすめ!自転車から降りても、着たまま移動できる

 

紹介したとおり、普段着の服装と言ってもおかしくない、おしゃれでかっこいいファッションです。

ゆったりめのデザインなので、色合いもきつくなく、どんなシチュエーションでも似合う服装になります。

 

これでしっかり、本格的な自転車ウェアです。どこにでも着ていけますよ!

 

おしゃれなだけでなく、ロードバイク向けの機能もしっかり

これらのウェアは、見かけはカジュアルながら、自転車向けの機能をしっかりと持っています。

  • ゆったりして着やすい、シティライドフィット
  • 吸汗速乾性に優れ、ベトつかない快適な着心地。
  • 乗車姿勢を考えた立体設計。
  • 前傾姿勢でも背中が出ない、長めの後ろ丈
  • シンプルかつ機能的にデザインされた再帰反射。

 

中でも「ゆったりして着やすい」ことと、「前傾姿勢でも背中が出ない」ことが、快適なウェアの特徴です。

吸汗・速乾などの機能だけなら、ユニクロでも普通のスポーツウェアでも代用できますが、ロードバイクでハンドルを握った前傾姿勢では、背中とお尻が見えるんですよ…

 

やはりロードバイクに乗るときは、自転車用に設計されたものが一番快適ですね。

 

カジュアルサイクルウェアなら両方楽しめる!

自転車も街歩きも、両方楽しめるサイクルウェア。

商品数も多いですし、おすすめのこの3ブランドで、お気に入りのコーディネートが自由自在です。

 

あなたの目に留まったブランドがありますように!

サイクルウェアの人気記事
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう