【輪行箱の無料貸出】FDAで飛行機輪行!スポーツ用自転車搭載サービスを開始!

 

航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA)が、「スポーツ用自転車搭載サービス」を開始しました。

 

このサービス、

  • 飛行機一便あたり最大7台
  • 梱包用のハードケースも無料貸出

してくれるという、サイクリストにとってはすごくありがたいニュース!

 

一気に飛行機輪行のハードルが下がる、画期的なサービスをご紹介します。

 

フジドリームエアラインズサイトより

 

サービスの詳細ページはこちら。

https://www.fujidream.co.jp/sp/checkin/support/support_bicycle.html

 

フジドリームエアラインズ(FDA)の就航路線

フジドリームエアラインズ(FDA)は、名古屋・小牧空港と静岡・富士山静岡空港を主な拠点とする航空会社。

16都市の17空港に就航しています。

FDAフジドリームエアラインズの就航路線図

 

特に名古屋(小牧)空港からは全国への路線が就航しており、一大拠点となっています。

 

輪行箱の無料貸出サービス詳細

FDAが輪行箱(プラスチックダンボール)を用意してくれます

飛行機輪行をするさいに一番のハードルになるのが、飛行機に積み込む際の自転車の梱包材。

ハードケースだと、現地に到着したあとは、どうしても荷物になってしまいます。

 

飛行機輪行のハードルを下げるサービスとしては、松山空港がダンボールの預かり業務を開始していますが、

 

今回のフジドリームエアラインズ(FDA)サービスが素晴らしいのは、航空会社のほうで輪行箱を用意してくれること!

 

このサービスは、車輪を外したり折り畳んだする事で規定サイズに収まるスポーツ用自転車を受託手荷物として、お一人様20kgまで無料でお預かりするものです。

また、ご搭乗3日前までにFDAコールセンターにお申込みいただくと、ご出発空港にて専用のハードケースを無料でお貸出しいたします 。

 

  • 申込開始日:2017年5月11日 9:00~
  • 取扱開始日:2017年5月22日 搭乗分より
  • 対象路線:全路線
  • 事前申込:FDAコールセンターにて搭乗日3日前まで受付
  • 台数制限:1便あたり最大7台
  • 対象自転車:分解/折畳みにより専用ケースに格納可能なスポーツ用自転車 (サイズ:幅1000mm × 高800mm × 奥行300mm以下に収まるもの)

 

専用ケース(貸出輪行箱)について

  • 素材/重量:プラスチック段ボール | 重量3300g
  • サイズ(外寸):幅1150mm × 高さ810mm × 奥行き305mm

 

ケース利用方法:分解/組立に必要な工具を用意し、乗客自身の手で専用ケースに梱包。

到着空港での開梱後は、FDAカウンタースタッフまで専用ケースを返却。

FDAフジドリームエアラインズ ロードバイク用輪行箱貸出サービスの専用ケース

ニュースリリース(PDF)より

 

疑問点をFDAコールセンターに聞いてみた

ふたつ確認したいことが出てきたので、フジドリームエアラインズのコールセンターに聞いてみました。

どこまで分解したらいいの?

■質問:

専用ケースへの梱包は、どのレベルまで分解したら良いでしょうか?前輪・後輪に加えて、ペダルやサドルを外す必要はありますか?

■回答:

ケースのサイズに合うように分解してください。

 

確かにコールセンターの方には分からないかも…

あとで自分で調べてみましょう。

 

事前予約締切に間に合わなくても無料?

■質問:

事前申し込みの3日前に間に合わなかったら、自身の輪行袋やハードケースでの運搬をお願いすることになると思いますが、この場合も無料ですか?

■回答:

はい。無料です。

ただ、3日前以降でも、専用ケースに余裕があれば使用していただけますので、旅程が決まり次第、まずは直前でもご確認ください

 

うおお…なんと親切なお言葉。

ありがとうございます!

 

どこまで分解したら入るの?輪行箱のサイズを確認してみよう

コールセンターへの質問では明確にならなかった事項、自転車を梱包するにはどこまで分解すれば良いのか?について調べてみましょう。

シクロエクスプレスは、ペダルとサドルはそのままでOK

シクロエクスプレスで利用したBTB輪行箱のサイズは、横1260mm*高さ760mm*奥行き375mmのサイズでした。

ペダルもサドルも外す必要はなく、そのまま梱包することができました。

 

FDA(ACORバイクポーター)は、ペダルを外す必要あり

いっぽう、FDAが用意してくれる専用ケースのサイズは幅1150mm × 高さ810mm × 奥行305mm。BTB輪行箱より、一回り小さいサイズです。

プラスチックダンボールでこのサイズということは、ACORバイクポーターがもとになっていそうです。

 

ACORバイクポーターでの自転車梱包手順について調べてみたところ、このサイト(Triathlon LUMINA.com様)が分かりやすく解説しておられましたので、参考にさせていただきます。

 

このページによると、梱包手順は、

  1. ペダルをはずす
  2. 【スマート】サドルを下げる、【PRO】サドル+シートポストを外す

となっているので、「ペダルをはずす」ことは共通のようです。

 

うーん…これについては、初心者が利用するには、最初のハードルが少し高く感じてしまうかな?

まずは僕自身、ペダルを外したことがないので、工具や手順など、どうすれば良いのか分かりません。サービスを利用する前に、練習が必要ですね。

 

フジドリームエアラインズ「スポーツ用自転車搭載サービス」まとめ

  • 手荷物料金は不要
  • 専用ボックスの貸し出しも無料
  • ペダルの取り付け・取り外しの知識と技術は必須

 

ペダルの取り付けや取り外しの技術が必要にはなりますが、それさえクリアすれば、一気に飛行機輪行のハードルが下がりますね。

 

複数の航空路線を持っている空港(特に名古屋(小牧))がうらやましいです。

こんな素敵なサービス、もっと多くの航空会社に追随してほしいなあ。

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう