台風などで川が増水すると、あえて橋げたが流される構造を持つ橋を「流れ橋」と言います。

 

中でも有名なものが、京都府八幡市と久御山町を結ぶ流れ橋。

正式名称は上津屋(こうづや)橋と言い、「木津川の流れ橋」とも呼ばれます。

 

教科書などでは名前だけ知っていましたが、一度ちゃんと見ておこうと、今回のサイクリングの目的地はここにしました。

大阪・淀川沿いから、木津川の流れ橋まで走ります!

 

木津川の流れ橋とロードバイク

 

大阪・枚方-京都木津川・流れ橋サイクリング  ルートログ

 

出発地点は、嵐山までのサイクリングと同じ、大阪・枚方の淀川にかかる枚方大橋

流れ橋までは往復40kmと、嵐山まで行くのに比べたら軽めのコースです。

 

関連記事>>>自転車で【大阪→京都嵐山】!桂川サイクリングロード&淀川サイクリングロード

 

大阪・枚方から流れ橋に向けて出発

枚方大橋-御幸橋

サイクリングルートの前半、京都・八幡の御幸橋までは、嵐山に行くときと同じルート。

淀川沿いの河川敷を走ります。

 

スタート地点、枚方大橋からの景色。

淀川サイクリングロード 淀川の河川敷

 

晴れた空の下、河川敷を走ります。

淀川サイクリングロードの河川敷を走るロードバイク

 

御幸橋-流れ橋

嵐山方面の桂川サイクリングロードと進む方向が分かれるのが、八幡の御幸橋

流れ橋へは、御幸橋を渡らずに、木津川沿いを進みます

 

淀川サイクリングロードと桂川サイクリングロードの合流地点 御幸橋

 

御幸橋を超えると、桂川(嵐山方面)、宇治川(伏見・宇治方面)、木津川(流れ橋方面)で分散されて、さらに人が少なくなり、走りやすくなります。

木津川沿いを走るロードバイク

 

しばらく走って、流れ橋にゴール!

木津川の流れ橋とロードバイク

 

食事は「八幡屋」でバイキング。休憩ポイントにもピッタリ

サイクリストの休憩スポット「茶いくるスポット」

流れ橋の手前には「茶いくるスポット」という休憩所があります。

ただ、屋根がなく、影がないのがキツイです。

流れ橋の休憩スポット 茶いくるスポット完成予想図

 

実はこの「茶いくるスポット」の先に、以前から藤棚のような休憩場所があります。

そちらは屋根が全面なので、影に入って休憩してる人がわんさかいました。

 

僕もつい影のあるほうで休憩したので、この影がない「茶いくるスポット」、おそらく夏場は使う人がいないかと思います…

せっかくの素敵スペースなのにもったいない!

 

八幡屋のバイキングでお弁当を作ってみよう

さて、流れ橋に到着したのはちょうどお昼どき。

この流れ橋の堤防を降りたところの「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」という施設に、八幡屋さんという食事処があります。

 

 

店内はランチビュッフェ(バイキング形式)なので、好きなものを食べ放題!

さらに、「お持ち帰りビュッフェ弁当 」メニューがありますので、自由に詰めてテイクアウトすることもできます。

木津川四季彩館「八幡屋」のバイキング

 

詳細記事>>>木津川【八幡家】四季彩館|流れ橋サイクリング定番の食事スポットの場所はここ!

 

流れ橋サイクリングまとめ

流れ橋という有名スポットをゴールとして、美味しいランチも食べることができ、快適なサイクリングコースになるかと思います。

 

淀川、木津川、桂川の河川敷はクルマも通らず、路面もきれいですので、走っていて気持ちがいいルート!

帰り道も気持ちの良い風景でした。

木津川の堤防を走るロードバイク

買い物前のチャージで最大2.5%ポイント!
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
しまなみ海道 アイキャッチ
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう