セール情報更新中!

【カペルミュール レーシングサーモジャケット】レビュー|3シーズンに活躍の万能長袖ウェア

カペルミュール レーシングサーモジャケット正面

かっこいいデザインに、着やすくて動きやすい長袖サイクルジャージ。

カペルミュールの「レーシングサーモジャケット」を紹介します。

春秋冬に5~15℃帯まで活躍する、万能のサイクルジャージです!

カペルミュール「レーシングサーモジャケット」が基本の一着になる理由

かっこいい、着やすい、走りやすい

カペルミュール レーシングサーモジャケット 正面

かっこいいデザインの長袖ジャージです。

裏地はサラリとした、柔らかく軽い起毛。

肌寒い時期のライドを快適にする、絶妙な暖かさです。

カペルミュール レーシングサーモジャケットの裏地起毛

さらりと暖かい起毛生地

名前が

  • レーシング
  • ジャケット

なので、ピッタリタイトな上着なのかな?と思ったのですが、

着る時も腕はスポッと通せますし、ウエストは少し絞ってあるな、程度。

腕もウエストも、ぎゅうっと絞られているようなシルエットではありません。

普段着使いもできるほどです。

「ジャケット」という名前ですが、インナーの上に直接着る、ジャージとしての使い方のほうが多いかも。

15℃帯を基準に大活躍の長袖ジャージ

カペルミュール レーシングサーモジャケット 背面

ブランドサイトには、

基準となる気温は5~15度前後、生地に防風機能はないので、気温が10度以下の時や風が強い場合はヒート系アンダーウエアやウインドブレーカー等を重ね着する事をオススメします。

とあります。

実際に走った感覚によると、

  • 10℃:レーシングサーモジャケット+15℃帯インナー+ウインドブレーカー
  • 15℃:レーシングサーモジャケット+15℃帯インナー
  • 20℃:レーシングサーモジャケット+夏用インナー

が、重ね着の目安ですね。

参考

春秋冬に万能!広い時期に対応できる長袖ウェア

春秋の同じ温度帯に活躍する長袖ウェアに、パールイズミ「シティライドウォームプリントジャージ」があります。

実際に着てみた違いは、生地の厚さや起毛の生地感はほぼ同じ

タイトさだけが、パールイズミはウエスト周りもゆったりと、カペルミュールは少し絞られたデザインです。

サイクルジャージとしても走りやすく、上着としてもかっこいい、カペルミュール「レーシングサーモジャケット」。

春・秋・冬の万能ウェアとしておすすめです!

関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)