自転車セール情報更新中!

【ロードバイク用レインウェア】雨の日の自転車を快適にする必携アイテムを揃えよう

ロードバイクの雨具レインウェア アイキャッチ

晴れた日に走るのが一番ではありますが、ロードバイクには天気の急変がつきもの。

自転車で走っていると、雨に降られてしまうこともあります。

ただ、雨の中をロードバイクで走るのは、ウェアが濡れると、かなりの不快感を感じるんですよね。

今回は、雨の日のサイクリングのために開発された、自転車用レインウェアを紹介します。

一式持っておくと安心です!

悩んだら、とりあえずカペルミュールのクリアレインジャケットが良かったです!

薄くて軽くて防水防風。ウインドブレーカーとしても兼用できます。

パールイズミのロードバイクレインウェア

レーシングレインジャケット

半透明素材で、サイクルジャージのデザインも透けて見えるように設計しています。

バックポケットにたたんで入れておけば、急な天候の変化にも対応できます。

定番の一着。

レインパンツ

裾が絞れるのでペダリングしやすく、裾はファスナーで開閉できるので着脱しやすい設計になっています。

前面裏側には、べたつきを軽減するメッシュ素材を使用。

レイングローブ

さすがパールイズミ。

グローブやキャップなど、細かい雨用グッズも展開しています。

レインシューズカバー

フルオープンファスナーで着脱が簡単、足裏のベルクロでサイズ調整も可能。

ビンディングシューズをはじめ、スニーカーにも使えます。

レインヘルメットカバー

ヘルメットに直接被せることで、雨水の頭部への侵入をガードします。

レインキャップ

ヘルメットの下にかぶるレインキャップ。

バイザー付きなので、雨水を払いのけて視界を確保し、後部の着脱式付属布は首を濡れにくくします。

カペルミュールのロードバイクレインウェア

ウォータープルーフ ライトジャケット

防風・防水・防寒素材を採用したライトジャケットです。

雨などの水滴や寒風は通さず、汗や湿気は外に放出しウエア内を快適に保ちます。

レインウェアでこのデザインはかっこいい!

クリアレインジャケット

視認性と安全性を高めるレインジャケットです。

非常に薄く柔らかい防水素材を採用しており、個人的には、ウインドブレーカーとしても使える便利なアイテム。

クリアレインベスト

「クリアレインジャケット」の袖なしベスト版。

モンベルのロードバイクレインウェア

サイクルレインジャケット&パンツ

世界最高水準の防水透湿性を備えるゴアテックスファブリクスの中でも、最高の透湿性を達成したテクノロジーを採用した自転車専用レインウェアです。なんかすごそうだ…!

シームテープの幅の細さにもこだわり、抜群の軽量コンパクト性を達成。

徹底した防水・撥水処理を施しています。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130409

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130517

自転車には、ロードバイク専用レインウェアがおすすめ

雨が降るサイクリングロード

普通のレインコートでは、蒸れるし前が見えません

極端なことを言うと、市販の安いレインコートや雨カッパでも、ロードバイクには乗れます。

ただ、自転車通勤程度ならともかく、長い距離を走るサイクリングだと、

  • 動きづらい
  • 耐水性は低く、浸みる可能性も高い
  • 何より、蒸れる!

と、悪い点が目立ってしまいます。

自分の汗でウェアを濡らし、そのまま身体を冷やしていまうのは避けたいところ!

やはりロードバイク用に設計された、高機能なレインウェアが魅力的ですね。

  • 動きやすい
  • 耐水性も高い
  • 通気性が高く、蒸れにくい!

と、雨でも快適に走れるように考えられています。

もしもの天気のために自転車用レインウェアを持っておこう

なるべくなら、雨に自転車を濡らせたくはありませんが、天気の急変には巻き込まれてしまうもの。

僕自身、泊まっての輪行のさい、前日から急変した雨の中を走ったことがあり、これに懲りて、これ以降はレインウェアを持って行っています。

雨で身体が濡れてしまうと、体力も消耗しますし、のちに体調を崩してしまうかもしれませんしね。

雨の日の自転車を快適にするレインウェア。

いざというときに、役に立ちます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)