Amazonタイムセール祭り開催中!

【長袖ジャージの厚さを比較】夏用?冬用?暖かさの違い順に並べてみよう

長袖ジャージの厚さを比較 アイキャッチ

長袖ジャージは秋や冬用というイメージがありますが、じつは日焼け防止など、夏でも活躍するアイテムです。

ただ、ひと言で「長袖ジャージ」と言っても、生地の厚さに違いがあり、着る季節が異なります。

夏なのに買ってみたら厚い生地だった!とかだと困りますね

この記事では、カペルミュールの長袖ジャージから、生地の厚さの違い対応する気温・季節を解説します。

長袖ジャージ、長袖シャツジャージ

20℃以上対応の薄手ジャージ

生地の厚さ
生地の厚さ

いわゆる普通の長袖ジャージ。

生地は薄めで、夏でも着ることができます。

冬でもインナーとアウターで調節できる、基本の一枚。

カペルミュール 長袖ジャージ 正面
カペルミュール 長袖シャツジャージ 正面

ウォームジャージ

15℃~20℃で活躍するふんわり暖かジャージ

生地の厚さ
生地の厚さ

すっごく絶妙なマイクロ裏起毛。

薄手の長袖はすこし寒いし、起毛生地だとまだ暑いという気温(15℃~20℃)にドンピシャ。

なめらかな生地感で、すごく薄手の起毛といった絶妙な感じ。

カペルミュール ウォームジャージ 正面
カペルミュール ウォームジャージのマイクロ裏起毛を見せる襟元

レーシングサーモジャケット

10℃~15℃をしっかり防寒の起毛ジャージ

生地の厚さ
生地の厚さ

さらりとした起毛生地で、少し厚手。

10度帯(10℃~15℃)をふわっと暖かくします。

ジャージとしてもジャケットとしても活躍。

カペルミュール レーシングサーモジャケット正面
カペルミュール レーシングサーモジャケット 襟元拡大

プレミアムサーモジャケット

0℃~10℃対応の防風ジャケット

生地の厚さ
生地の厚さ

ジャージではなくジャケットですが紹介。

防風機能も持っている、厚手の防寒ジャケット。

5度帯以下(0℃~10℃)もしっかり暖かくなります。

カペルミュール プレミアムサーモジャケット 正面
カペルミュール プレミアムサーモジャケット 襟もと

レビュー記事もチェックしてみて!

気温に合わないウェアを着てしまうと、暑かったり寒かったり脱いでも荷物になるわと大変です。

快適なサイクリングのために、温度帯の参考にしてください。

各ウェアのレビューはこちら!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)