Eバイクの飛行機輪行 バッテリー容量アイキャッチ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

サイクリングの場所を全国に広げることができる、飛行機輪行。

ロードバイクでの飛行機輪行は何度か経験して、少しずつ慣れてきました。

 

▼参考記事はこちら

飛行機輪行やってみた!自転車の梱包方法と空港での手続きを解説

 

ここで僕は、Eバイク(電動アシスト自転車)で飛行機輪行ができれば、もっと走る距離を延ばせるのではないかと思ったんです。

 

この記事では、飛行機に積めるEバイクのバッテリー容量について解説します。

 

飛行機に載せられるEバイクのバッテリー容量をJALに聞いてみた

飛行機に載せることができるリチウムイオンバッテリーの容量は160Whまで

飛行機の貨物室にEバイクを預けることができるのか、JALに聞いてみました。

Eバイクを飛行機に預けることはできますか?電池の容量に制限はありますか?
リチウムイオンバッテリーの容量が160Wh以上は持ち込むことができません

 

JAL|制限のあるお手荷物-お問い合わせの多いものの具体例-リチウム電池、リチウムイオン電池が内蔵・装着された一般電子機器類-リチウムイオン電池

JAL制限のある手荷物 リチウム電池、リチウムイオン電池が内蔵・装着された一般電子機器類

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/baggage/limit/

 

Eバイクのバッテリーが本体内蔵であるか予備であるかを問わず、「160Whを越えるもの」は機内持ち込みも貨物室預けも×となっています。

 

Eバイクのバッテリー容量はどれくらい?

輸送条件としてのバッテリー容量は、160Wh以下ということが分かりました。

では、Eバイクに使われているバッテリーの容量はどれくらいなのでしょうか?

 

例えば僕の持っている、BESV PSF1のバッテリー容量を見てみましょう。

BesV PSF1 外観

車体真ん中の三角のやつがバッテリーです

 

スペック表には、「バッテリー 36V 10.5Ah リチウムイオンバッテリー」とあります。

https://besv.jp/products/psf1/

BesV PSF1のバッテリー

 

Ahアンペアアワーはバッテリ容量を表す単位で、10.5Aの電流を1時間流すことができます。

消費電力(ワットW)=電圧(ボルトV)×電流(アンペアA)ですので、

W・h(ワットアワー)=V(ボルト)×A・h(アンペアアワー)です。

 

BesV・PSF1のバッテリー容量は36V×10.5Ah=378Wh。

折り畳み式の小型Eバイクでも、160Whと比べると倍以上の容量をオーバーしていますね。

 

本格的なEバイクのバッテリー容量は?

参考に、GIANTのESCAPE RX-E+のバッテリー容量を見てみましょう。

SPORTモードで90km、ECOモードで225kmも走ることができるEバイクです。

ジャイアントのEバイク ESCAPE RX-E+

 

「バッテリー GIANT ENERGYPAK SIDEPULL 500、36V-13.8Ah」とあります。

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000070

 

36V×13.8Ah=496.8Wh

と、ものすごい大容量であることが分かります。

 

それでは、逆にコンパクトなEバイクなら?

では逆に、もっと小さいEバイクではどうでしょうか。

サンプルはBENELLI(ベネリ)のmini Fold 16です。

160Whを下回るのか?

benelliのEバイク mini Fold 16

https://www.benellibike.jp/e-bikes_minifold.php

 

バッテリー容量は36V×5.2Ah=187.2Wh。

 

これでもダメかあ…

どうやら160Whという容量は、自転車をアシストするにはかなり小さいようですね。

 

ある程度の走行距離を持つEバイクのバッテリーでは、基準以下となるものはほぼないと思ってよさそうです。

 

バッテリーだけ先に輸送する方法もアリ!

「160Whを越えるバッテリーは飛行機での輪行はできない」。

つまり、ほとんどのEバイクでは飛行機輪行はできないだろうという結論になりました。

 

ですが坂の多い地域だったり、脚力に自信がないなど、できるだけ電動アシストの恩恵を受けたいですよね。

代替策として、バッテリーを宅配便で送ることなら可能です。

ヤマト運輸FAQ|リチウムイオン電池を内蔵している製品・機器は送れますか?

 

受け取ってもらえる配送先が必要ですが、例えば基点にするお宿があるなどの場合は有効ですね。

先にバッテリーだけ送っておいて、お宿までは何とか自走で走り、受け取ってもらったバッテリーを装着という方法を取れば、Eバイクで坂道もスイスイ!です!

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
あなたにおススメ
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう