今回の話題は、サイクルウェアの下に着る「アンダーウェア(インナーウェア)」です。

 

僕は自転車に乗るときは、ふらっとお店にも入れるような、カジュアルな感じのウェアを着ています。

ただ、アンダーウェアに関しては、ジャージに隠れますし、デザインは気にしていません。

 

アンダーウェアに求められているのは、快適性という、重要なポイント。

自転車に乗っている間、長い時間、直接肌に触れているものなので、身体のコンディションにも直結します。

 

選ぶなら保温性能に吸汗速乾と、高機能なものを選びましょう

綿シャツとかは絶対にやめてくださいね。身体が冷えて、あとあと体調壊しますから。

 

インナーには、定番の「パールイズミ」「カペルミュール」に加えて、ロードバイクだけのアイテム向けではないものの、汎用的なスポーツインナー「モンベル」のジオラインシリーズをおすすめとして紹介します!

 

各ブランド、おすすめのインナーを出していますので、信頼の一着を選んでください!

 

パールイズミのアンダーウェア

プレミアムアンダーロングスリーブ

腕をもっと涼しく、日に焼かない。

袖部分には、涼しく日焼けを防ぐ素材を採用。

ジャージの下に重ねて着用し、夏の日焼けを防ぎます。

まるでアームカバーを身に着けたような感覚のアンダーウェアです。

クールフィットドライUVロングスリーブ

袖部分に日焼けをふせぐUV機能を備えたアンダーウェア。

半袖ジャージの下に重ねてドライに、直接日差しの当たらないヒジ側は、涼しいメッシュ仕様です。

大量に汗をかく自転車用に開発された、吸汗性と速乾性を極限まで高めた素材を使用

夏のロードバイクにおすすめ!

ヒートテックセンサー ハイネック ロングスリーブ

0℃帯の冬に対応したインナーウェア。

前面に防風素材を重ねた二重構造で、前からの冷気をブロックする厳冬期に適したアンダーウェアです。

吸った汗をすぐに乾かして、汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる素材を採用。首元までを包み込みます。

ヒートテックセンサー ロングスリーブ

5℃帯の冬季対応、パールイズミ、冬の定番アンダーウェアです。

吸った汗をすぐに乾かし、汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる「ヒートテックセンサー」素材を採用。

軽く柔らかな着心地と、ソフトな伸縮性が優しく身体にフィットする、冬の必須アイテムです。

サーマフリース ロングスリーブ

5℃帯の冬季対応アンダーウェア。

ハイネック仕様で首元まで暖かく、肌ざわりが良い素材。

防風性保温性ストレッチ性も合わせ持ち、身体にフィットして動きやすいインナーです。

ウォームフィットドライ アンダーシェル

10℃帯の秋から冬に対応したアンダーウェア。

ソフトな肌触りと抜群の伸縮性で、多くの汗をかいても汗冷えしにくい吸汗速乾性に優れた、秋冬向けアンダーです。

更に前面には伸縮性のある防風素材「ウィンドシェル」を採用し、動きやすい薄手アンダーの防風モデルです。

ウォームフィットドライ アンダー

15℃帯対応の春・秋・冬アンダーウェア。使い勝手が良いアイテムです。

多くの汗をかいても汗冷えしにくい、吸汗速乾性に優れた秋冬向けアンダーです。

様々なシチュエーション、長いシーズンを着まわせるおすすめのアイテムです。

モンベルのアンダーウェア

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ

適度な保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して素肌を常に乾いた状態に保ちます。

登山やツアースキーなど、行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適

一年を通して活躍します。

ジオライン M.W. ハイネックシャツ

適度な保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して素肌を常に乾いた状態に保ちます。

登山やツアースキーなど、行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適

一年を通して活躍します。

首元まで暖かいハイネックタイプ

カペルミュールのアンダーウェア

長袖サーモアンダーウエア ポリプロピレン

とても肌当たりの柔らかい、薄手の疎水性素材を採用したアンダーウエア。

速乾性が高く、繊維自体が保水しないため、汗を素早くアウターウエアに移動させ、汗冷えやムレを防ぎます。

熱伝導性が非常に低く、外気の影響を受けにくいため、体温を一定に保つ効果に優れています。

自転車用インナーウェアまとめ

保温性のほかにも、防風性を持つようなアイテムなど、高機能なアンダーウェアが揃っていました。

実はアンダーウェアにも多くの商品展開があったんですね。

 

一年をとおして使える15℃帯のほかに、10℃帯あたりの防風性能を持つインナーを一着持っていれば便利。

ウインドブレーカーとの組み合わせも、防寒対策に役立ちそうです。

一枚あれば大活躍!ロードバイクにおすすめのウインドブレーカー10選!

 

繰り返しますが、アンダーウェアは長時間肌に直接触れているもの。

寒くなったり重くなったりでは、せっかくの楽しいサイクリングが台無しになってしまいますので、しっかりとコンディションを維持できるものを選びましょう!

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう