強い日差しと高い気温、蒸し暑さで汗がどんどん出てくる、真夏のロードバイク。

夏のライドに必須の、パールイズミの自転車インナー「クールフィットドライUVロングスリーブ」を紹介します。

 

パールイズミのロードバイク夏用インナー クールフィットドライUVロングスリーブの商品説明

クールフィットドライUVロングスリーブ|2つの生地を組み合わせた夏用インナー

クールフィットドライUVロングスリーブの特徴は、真夏のライドを快適にする、2つの生地を組み合わせたインナーであること。

 

半袖ジャージの下に着ることを想定したインナーで、腕の部分がUVカットの生地になっており、日焼けを防ぎます。

 

以前の同じクールフィットドライUVロングスリーブは、両腕に赤いラインが入っていて、ややレーサータイプのデザインでした。

新調したところ、ブラック一色になり、カジュアルウェアでも合わせやすいカラーになっています。

パールイズミのロードバイク夏用インナー クールフィットドライUVロングスリーブ 最新モデルのオールブラック

 

UVカット生地の腕部分と、吸汗速乾メッシュ生地の身体部分

クールフィットドライUVロングスリーブは、

  • 腕部分(上側):日焼け対策のUVカット生地
  • 腕部分(下側):高い通気性を持つ吸汗速乾のメッシュ生地
  • 身体部分:高い通気性を持つ吸汗速乾のメッシュ生地

という、UVアームカバーと吸汗速乾インナーを組み合わせた、機能的なデザイン。

 

腕の上面はしっかりとしたUVカットの生地で、強い日差しの中を走っても、腕がじりじりと焼ける痛みもなくて安心です。

パールイズミのロードバイク夏用インナー クールフィットドライUVロングスリーブの腕部分

 

ボディの生地は薄くて通気性の良い、汗を吸い上げるメッシュ構造。

腕の下側も、同じメッシュ生地です。

パールイズミのロードバイク夏用インナー クールフィットドライUVロングスリーブの胴体メッシュ部分

 

このメッシュ生地のすごいところは、この薄さでありながら、汗を大量にかいてもベタつき、張り付きを感じません。

肌に残る汗もなく、真夏でも不快感がないんです。

 

汗が流れ落ちないタイトなシルエット

シルエットは、タイトでぴったりしています。

 

僕はウェアもインナーも、基本的にはゆったりしたデザインが好きなのですが、大量に汗をかく夏については例外で、あえて、このタイトなクールフィットドライUVロングスリーブにしています。

 

ゆったりとしたデザインでは、前かがみのロードバイクの姿勢だと、肌とインナーに空間ができ、汗が流れる感覚が分かるんですよね。

特に、汗が胸元やお腹を「つつーっ」と流れてくのは、すごく気持ち悪い!

 

クールフィットドライUVロングスリーブは、タイトで身体全体にフィットしており、汗をかく→すぐに生地が吸うので、汗が流れ落ちる空間がありません。

 

しかも、生地がさらっとしたドライ感を持ち続けるので、ベタつきや張り付きといった不快感を感じないんです。

パールイズミのロードバイク夏用インナー クールフィットドライUVロングスリーブの機能説明

 

ふだんはゆったりめだから、急にタイトになるときついよ!と思われる方は、1サイズ大きいものを選ぶと良いですね。

僕は普段はMサイズのウェアを着ていますが、このクールフィットドライUVロングスリーブは、Lサイズにしています。

 

クールフィットドライUVロングスリーブ|夏に着るべき必須のインナー!

夏になれば、クールフィットドライUVロングスリーブの機能がどれほど素晴らしいかわかります。着るのと着ないのとで、本当に大違い

 

  • 腕が焼けないUVカット
  • 大量に汗をかいてもサラッとドライ

不快感がグッと減る、夏に必須のインナーです。

    メインカテゴリー
    サイクリングレポート カテゴリバナー
    カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
    自転車グッズ カテゴリバナー
    輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
    自転車ニュース カテゴリバナー
    自転車トーク カテゴリバナー
    こちらの記事も読まれています

    ▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    この記事が気に入ったら「いいね!」してね

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう