自転車セール情報更新中!

【サドイチ】佐渡島一周サイクリング走ってきた!自転車で210kmロングライド

佐渡島一周サイクリング サドイチ アイキャッチ

佐渡島一周サイクリング、通称サドイチ

ロードバイクを趣味にすると、自転車乗りが走りたいコースとして挙がる、サイクリングの名所です。

自転車で佐渡島を1周、走る距離は210km。

絶景の海岸線を走り、強風と坂道に立ち向かい。

充実のロングライドとなりました!

サドイチの特徴
  • 佐渡島一周の距離は210km
  • 東側はきれいな海岸線、おだやかで走りやすい
  • 西側は風と坂へのチャレンジエリア
  • 補給場所とトイレは少ないので、計画的に利用しよう

関連記事>>>難易度は?コンビニはある?サドイチ初心者が知っておきたいポイントを解説!

自転車セール情報更新中!
自転車セールバナー
最大80%オフ!ワイズロード年に一度の決算セール
自転車セールバナー

ロードバイクで佐渡島一周サイクリング サドイチコースログと高低表

佐渡島一周サイクリング サドイチのルート

サドイチのルートをGoogle Mapで見る(別画面で表示)

ロードバイクを持って佐渡島に渡るルートは2つ。

  • 新潟‐両津航路
  • 直江津‐小木航路

※寺泊‐赤泊航路は廃止されました

今回は、新潟空港から近い新潟港から、佐渡島に移動しました。

フェリーが到着する両津港をスタートして、佐渡島を一周します!

佐渡島一周スタート!佐渡島の東側はフラットで穏やかな海岸線

サドイチのスタート地点 両津港

新潟港からフェリー(ジェットフォイル)で、両津港に到着。

https://twitter.com/take_jiterin/status/1123802675865374720

左手に海を見ながら、佐渡島を時計回りに一周して戻ってきます。

サドイチスタート!

両津-小木

佐渡島東部の海岸線

佐渡島の東側は穏やかな海岸線。

ところどころ高低差はありますが、平均して走りやすい区間です。

佐渡島一周サイクリングサドイチ 両津‐小木の高低表
両津‐小木

海を眺めながら、小木方面に南下します。

気持ちいい道。

佐渡島の水平線が見える道路

サドイチの特徴は、すごく長い距離、海の真横を走ること。

青い空と青い海、青に包まれて走ります。

佐渡島の海辺の道路

出口の向こうに青い海が見えるという景色。

このトンネルはズルい!

佐渡島のトンネル

60km程度を走り、一泊目の小木に到着。

小木は直江津とのフェリーを結ぶ、佐渡島南部の拠点です。

泊まったのは「ホテルおぎ」。

佐渡島 ホテルおぎ外観

http://hotelogi-sado.com/

素泊まり限定のホテルですが、食事は近くの地元の名店をたくさん紹介していただけます。

美味しかった!

南端から西岸まで、ドカンとひと山のぼります

2日目は佐渡島の西岸を走ります。

佐渡島の南端の小木から西岸に移るエリアで、いきなり激しい登りの区間が始まります。

佐渡島一周サイクリングサドイチ 小木‐佐和田の高低表
小木‐佐和田

上るまでが大変ですが、疲れを吹き飛ばすほどの絶景!

佐渡島の西側に到着です。

佐渡島の西岸の海

佐渡島の西側は海と風と坂とトンネルの海岸線

小木-佐和田-相川-鷲崎

佐渡島の西側は風と坂道が厳しいエリア。

後半にも、Z坂という大きな壁が立ちふさがります!

佐渡島一周サイクリングサドイチ 佐和田‐鷲崎の高低表
佐和田‐鷲崎

サドイチの途中で何度か見た、道路よりも上に水平線がある風景

これがすごく素敵でした。

佐渡島の水平線が見える道路

佐渡島の西の真ん中、真野・佐和田。

ここは両津から佐渡島のど真ん中をとおった先にある、佐渡島の西岸の中心地

佐渡島 真野

カラオケも電気屋もファミレスもある、街!って感じ。うまく食事にもありつけて助かりました。

なんと両津からたった16kmです。こっちは100km近く走ってきたと言うのに

佐渡島の西岸もまだ半分。北端を目指して進みます。

佐渡島の水平線が見える道路
水平線が屋根より高い

佐渡島の西岸は、ごつごつした岩礁が50kmも続きます。

風と坂に体力を削られながら、北端を目指します。

佐渡島西岸の岩礁と坂道

サドイチの名所 Z坂!

佐渡島一周サドイチ Z坂

サドイチの勝負スポット、Zの形をしたZ坂が見えました!

近づくにつれて、その大きさに圧倒されます。

佐渡島一周サドイチ Z坂の拡大

Z坂を上っている途中の風景。高い…

佐渡島一周サドイチ Z坂からの景色

Z坂を登りきり、鷲崎も近くなってきました。

疲れた脚に気合を入れて進みます。

佐渡島西岸の海

佐渡島の北端、鷲崎に到着!

2泊目は民宿にお世話になります。

この地区は民宿が多く、目の前が海というすごい立地。

波の音を聞きながら眠りました。

両津を目指してラストラン!再び穏やかな東岸へ

鷲崎-両津

鷲崎から再び両津を目指し、東岸を進みます。

風もなくなり、走りやすい道に戻りました。

佐渡島一周サイクリングサドイチ 鷲崎‐両津の高低表
鷲崎‐両津

波の音と鳥の声。ひたすらに静かな道。

ゴールに急ぐ気持ちを抑え、最後の時間を味わいます。

両津港の標識が見えました。

あと10km!

両津まで10kmの標識

フェリーターミナルが見えて…

両津港遠景

ゴール!両津港に到着!

サドイチ達成ー!!

両津港

自転車で佐渡島一周 サドイチを走った感想

210kmというロングライド。

サドイチは、自転車の楽しさと厳しさを凝縮した、濃密なサイクリングになりました。

もうだめだと思いながらも、両津港が見えたときの、言葉にできない喜び!

やったぞ!という充実感と、やっと着いた…というホッとした気持ち。

ありきたりではありますが、素直に感動しました!

サイクリングの名所サドイチに、ぜひチャレンジしてください。

これにて、佐渡島一周、走破です!

あー楽しかった!

関連記事

4 件のコメント

  1. こんにちは
    サドイチしてみたくて計画中です
    2泊されたようですが
    1泊ではキツいでしょうか
    新潟に前泊して
    朝イチに佐渡に渡り佐和田あたりで1泊と考えました
    ロードバイク歴一年です
    2泊にしたほうが良いでしょうか

    • コメントありがとうございます!
      時間配分と、普段の走行距離によるかと思います。
      僕は朝に大阪から出て、佐渡でのスタートがお昼すぎでしたので、1日目60kmで夜を迎え、2日目90km、3日目60km(お昼に到着→大阪へ)というスケジュールがちょうど良かったのです。
      あとは僕の一日の走行距離がかなり無理して100kmで、夜間走行もニガテなので、3日に分けざるを得なかったというのもありますね。
      新潟に前泊とのこと、時間と体力に余裕がある状態でのスタートかと思いますし、aqua様が普段から100kmを走り慣れておられるならば、じゅうぶんに走行可能かと思います。(むしろ3日もかけるほうが珍しいかもしれませんね(^-^;)
      良い旅を^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)