おすすめ7分丈サイクルパンツ アイキャッチ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

夏でも冬でも一年をとおして履ける、7分丈のサイクルパンツ。

使い勝手が良い定番です。

 

ところで、ひと言で「7分丈パンツ」と言っても、たくさんのブランドが展開しており、生地やデザインなどの特長も異なります。

一目では選びきれなくて迷ってしまいますね。

 

この記事では、4つのブランドのおすすめ7分丈サイクルパンツから、こだわりポイントを解説します。

 

パールイズミ スリークオーター

定番ブランドの定番パンツ

パールイズミ サイクルパンツ スリークオーター 正面

 

スタンダードなデザインの、基準になる7分丈パンツ。

 

ゆったりとしたはき心地で快適なライドを楽しめます。

シンプルなカラーリングでどんなトップスにも合う、基本の一枚。

特徴

身体に沿うシルエットでありながら、お尻から太もも、ひざにかけてを締め付けないデザインです。

 

ポケット

ポケットは合計5つ。

  • 前面に2つ
  • お尻に2つ
  • 右フトモモにファスナー付きポケット

パールイズミ サイクルパンツ スリークオーター ウエスト拡大

 

すそ

スリークオーターのすそはストレートに開いたままのデザイン。

ふくらはぎへの締め付けがないのでラクです。

 

生地

しっかりとした生地で、春先から秋口まで長く履くことができます。

パールイズミ サイクルパンツ スリークオーターの生地感

 

カペルミュール ストレッチクロップドパンツ

スッキリ細身のシルエット

カペルミュール ストレッチクロップドパンツ 正面

 

とても伸びの良い、2WAYストレッチ素材を採用したクロップドパンツ。

軽量で薄手の素材を採用し、抜群のストレッチ性でペダリングの妨げになりません。

 

サイクルジャージとも普段着とも相性が良く、シーンを選ばず活躍する一枚です。

特徴

全体的にフィットするシルエット。

このカペルミュールにのみ、股の内側にガゼット(運動量を補うためのマチ)がなく、いちばん普段着よりかも。

 

ポケット

カペルミュール ストレッチクロップドパンツ 腰部分拡大

 

ポケットは合計6つ。

  • 前面に2つ
  • お尻に2つ(カバー付き)
  • 両太もも(ボタン付き)

 

すそ

ストレッチクロップドパンツの絞り気味のデザイン。

立体パターンのダーツ処理がされており、ヒザを曲げやすいように考えられています。

カペルミュール ストレッチクロップドパンツ 裾部分拡大

 

生地

この記事で紹介する4ブランドの中では、いちばん薄い生地です。

秋口から春先は、タイツと合わせるのが良いかも。

カペルミュール ストレッチクロップドパンツ 裏地拡大

 

リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツ

7分丈パンツのロングセラー

リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツ 正面

 

累計10,000本以上・15年以上の販売実績を持つ、7分丈サイクルパンツのロングセラー。

 

ペダリングを妨げないストレッチ生地で動きやすいほか、自転車に乗ることを考えつくされた機能的パンツです。

特徴

街中で普通に着られて自転車にも快適に乗れる、よくばりなサイクルパンツ。

 

この記事で紹介する4ブランドの中では、いちばん背中が見えにくく、高い股上。

ベルトループもあるのでウエスト位置をキープして背中が見えません。

 

ポケット

リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツ 腰の拡大

 

ポケットは合計4つ。

  • 前面に2つ
  • お尻にポケットは無し
  • 両フトモモにマジックテープ付きポケット

 

すそ

お尻からヒザまではフィットするデザインで、ひざ下はラクに広がっています。

 

正面はストレートですが、ヒザ裏にはステッチ。

ペダリングしやすいシルエットです。

リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツ 裾部分拡大

 

生地

しっかりしたコットン系の生地。

コットンとはいえ伸びやすく、乾きやすい特徴があります。

リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツの生地感

ウィナー MoveFit カーゴパンツ

軽くて伸びて動きやすいひざ下丈カーゴ

ウィナー move fit クロップドカーゴパンツ 正面

 

商品としては6分丈パンツなのですが、7分丈と変わらず履いているのでエントリー。

 

持った瞬間、「軽っ!」と驚くほどのカーゴパンツです。

しっかりした生地なのにとても軽く、履いていてストレスを感じません。

特徴

Winnerのパンツの特徴は、ものすごくストレッチがきいていること。

 

この記事で紹介している4つのパンツのうち、いちばん伸びます。

ペダルをこぐ膝も、座るおしりも、突っ張る感じは全然ありません。

 

ポケット

Winner Movefitカーゴパンツ ウエスト部分拡大

 

ポケットは合計6つ。

  • 前面に2つ
  • お尻に2つ
  • 両フトモモ(カバーなし。立体形状ポケット)

 

すそ

正面から見るとフラットなすそですが、後ろ側にだけゴムが入っており、ふくらはぎにフィットします。

立体パターンのダーツ処理がされており、ヒザを曲げやすいように考えられています。

Winner Movefitカーゴパンツ ヒザ部分拡大

生地

ハリのある手ざわりで、タテにも伸びるのが特徴的。

ものすごく動きやすい生地です。

レビュー記事もチェックしてみて!

写真ではカラーと長さでしか判断ができませんが、各ブランドの7分丈サイクルパンツの特徴を整理してみました。

選ぶときの参考にしてください。

 

各ウェアのレビューはこちら!

 

あわせて読みたい

レーパンは恥ずかしい?ロードバイクにおすすめのカジュアルなサイクルパンツまとめ!

「カジュアルサイクルウェア」おしゃれなウェアのおすすめ4ブランド!ロードバイクも普段着ジャージで走ろう

「季節・気温ごと」ロードバイクのサイクルウェアを解説!初心者におすすめのサイクリングの服装は?

「気温別に解説!」ロードバイクのアンダーウェア(インナー)7選

「ロードバイクもスニーカーでOK」フラットペダル自転車用のおすすめ靴10選!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
あなたにおススメ
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう