サイクリングのときに履くロードバイク用の靴と言えば、ビンディングペダル(足を載せて、「バチン」ってシューズとペダルを固定するやつです)イメージがありますよね、

 

ただ、僕は自転車をかついで電車にも乗るし、旅先で自転車を置いて歩き回るのも楽しみにしているので、歩きにくいのは困ります。

 

そのため、まず、SPD-SLタイプのサイクリングシューズは除外

自転車用の靴と言っても、本格的すぎて街歩きには適しません。

 

SPD-SLタイプとは、いちばん本格的な自転車用の靴で、ペダリング性能は最高ですが、歩くときはガチャガチャと音がしてペンギンっぽくなるやつです。

 

SHIMANO(シマノ) RC700WE ワイドタイプ SPD-SLビンディングシューズ ESHRC7OC420EW00 ホワイト 42(26.5cm)

こんなの

 

では、次にSPDタイプ

SPDタイプの靴ならカジュアルなものもあるし、長距離でも歩けます。

 

シマノ SPDシューズ: 43.0/27.2cm SH-CT41G グリーン

 

ですが、性能をフルに発揮するためには、ペダルをSPD対応のものに交換する必要があります。

 

僕の愛車はいまのところ、フラットペダルのまま。

さらに僕の自転車の楽しみ方のひとつ、各地のレンタサイクルでもフラットペダルがほとんどで、ビンディングペダルを付けているレンタサイクルなどは無いでしょうから、今回の探す対象からは外します。

 

では本題。

SPDのような本格的な自転車用のシューズと、カジュアルなスニーカー。

その中間に位置する、普通の靴よりも快適にロードバイクに乗るための機能を持った、フラットペダル用のサイクリングシューズを紹介します!

 

スニーカーでロードバイク!普通の靴と自転車用サイクリングシューズの違い

普通の靴と自転車用サイクリングスニーカーの一番の違いは、ソール(靴底)の硬さです。

 

まず、靴底が薄いスニーカーだと、

[ドラゴンベアード] DRAGON BEARD DB-680 DB680 W/BK(ホワイト/ブラック/US6H)

イメージです

ペダルを踏んだ時に靴底がぐにゃんと曲がって力は逃げていくし、足に負担もかかります

その点、ロードバイクにも乗れるように考えられた、スニーカーのサイクリングシューズは、フラットソールの機能を持っており、ペダルを踏んだときの負担が少ないのがメリット。

グッと踏み込んでも力が逃げないので、柔らかいシューズと比べて力が伝わりやすく、足裏も疲れにくくなります。

スポンサーリンク

CHROME(クローム)

もとはメッセンジャーバッグから始まった、メッセンジャーのためのブランド。使いやすさと頑丈さに定評があります。

KURSK

クラシックなデザインでありながら、都市でのタフなライディングに耐えられるスニーカーを作るというコンセプトの元に開発されたモデル。

 

ひたすら丈夫な製法だとか、ポイントはいくつかあるんですけど、特筆すべきは、ペダリング時の突き上げ感を軽減する、ボードが入ったボードラスティング製法

 

ざっくり言うと、靴底に鉄板が入っていると思ってください。

よって、かっこよくてペダルをこぎやすく、そしてタフです。

TRUK

伝統的なデザインを維持しつつ、キャンバスの25倍の強度を誇るナイロンと、強化ナイロンソールを搭載。

KURSKよりもさらにカジュアルなデザインなので、サイクリングはもちろん、一日を通して履けるスニーカーです。

こちらもしっかりボード入りなので、フラットペダルでも快適なペダリングができます。

スポンサーリンク

モンベル トレールライダー

ビンディング並のグリップ力を発揮するフラットソールシューズです。

mtb(マウンテンバイク)やクロスバイク等、フラットペダルを使用する自転車全てで使用できます。

ペダルのピンが食いつきやすいパターンを採用したソールには、驚異的なグリップ力を発揮するトレールグリッパーを使用。

 

グッとくるポイントがてんこ盛りのシューズ。

「ビンディング並のグリップ力」を言い切ってくるとは、魅力的です。

さすがモンベル、高機能です!

REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)フレンチトレーナー

フランス軍が使用していたトレーニング用シューズがベースとなったスニーカー。(だから名前が「フレンチトレーナー」。すごいルーツだ。)

ミリタリーシューズということもあって、ソールに厚みを持たせ、とても硬めに作られているタフな作りが特徴です。

 

厚みのあるソールは、ミリタリーアイテムならではの機能性と履き心地を実現。

これが軍人のトレーニングシューズなのかと思わせるほど、堅く、そして反りにくいソールは、非常に効率良くぺダリングを行うことが出来ます。

実際にこれで自転車通勤をしているスタッフもいるのですが、やはりこのソールの硬さが、しっかり踏み込めて、力が逃げないんだとか。

new balance(ニューバランス)の自転車用スニーカー!

ニューバランスにもサイクリングシューズが展開されています。

その名も「C-Series」。

“アーバンサイクリング”をテーマに展開する「C-Series」よりニューカラーが登場。
トゥプロテクションを備えたワンピース構造のアッパーデザイン、靴紐を収納できるタンポケット、ペダリング効率を高める硬度アップしたソールなど、自転車に対応する機能を多彩に装備。

機能性とデザイン性を併せ持つシューズに仕上がっております。

new balance shopページより

ニューバランスCシリーズ

画像はミタスニーカーズ紹介ページより

このデザインはかっこいいなあ!

ビアンキのフラットペダルスニーカー『BIANCHI MILANO BM DOPOGARA』

有名バイクブランドのビアンキからもサイクリングスニーカーが出ていまして、『BIANCHI MILANO BM DOPOGARA』というシューズです。

 

 

ロードバイク専門店のY's Roadさんによる紹介記事がコチラ

 

ショップで紹介していただき、試しに履いてみたのですが、すごく軽くて履きやすい生地でした。

靴は白い生地なのに、履いている靴下の色が透けるくらいに通気性が抜群です。

 

ただ調べてみても、ネットショップでは見つけられず、店頭でしか流通していないようですね。

近くに自転車ショップがある方は、聞いてみてください。

尾道に誕生したシューズブランド『onemile 瀬戸内(ワンマイル瀬戸内)』

日本ではじめて海峡を横断できる、自転車専用の道路があることで有名な「しまなみ海道」のスタート地点である尾道(備後府中)に誕生したシューズブランド「onemile 瀬戸内(ワンマイル瀬戸内)」は、気軽にサイクリングを楽しむ人に向け、ファッション性と機能性を兼備したサイクリングシューズをリリースしました。

 

2017年の6月にリリースされたばかりの新しいブランド。

サイクリングシューズを名乗っているだけあり、「靴ひも収納ホルダー」「グリップしやすい靴底」「靴べらなしで履くことができる工夫」「リフレクター付き」と、多くの機能を持っています。

 

瀬戸内をイメージした爽やかなイエローのほか、明るい色から落ち着いた色まで全6色の展開です。

気軽にサイクリングを楽しむ人向けにファッション性と機能性を兼ね備えたシューズで、これから自転車をはじめる方にもぴったりです。

まとめ

履いてみたくて待っていた、rin project(リンプロジェクト)の「旅靴」がなかなか品切れから復活しなかったことから調べ始めたサイクリングスニーカー。

 

僕が選んだ「MERRELL ROUST FURY」も、少し在庫が減ってきている様子です。

探している人は多いと思うのですが、自転車用スニーカーはウェアに比べてアイテムが少ないのが残念ですよね。

街歩きも、サイクリングも、わがままに楽しめる一足がもっと増えてくれるといいな。

追記

探した中から、新しいサイクリングスニーカーに履き替えました。

メレルがすごく履きやすい!

 

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう