セール情報更新中!

【シマノET3 レビュー】ペダリングと歩行時の快適性を両立!フラットペダルに最適なサイクリングシューズ

シマノ SH-ET300の甲部と靴裏

僕のロードバイクはフラットペダルです。

これまでのフラットペダルに合うサイクリングスニーカーとして、CHROME KURSKON クラウドベンチャーと履いてきました。

関連記事>>>ロードバイクもスニーカーでOK!フラットペダル自転車用のおすすめ靴10選

ONも長く履いてきたので、交代の時期です。

次のサイクリングシューズに選んだのは、シマノの「SH-ET300」

ペダリングの効率と歩く快適性を両立させた、フラットペダルに最適なサイクリングシューズです。

フラットソールシューズSHIMANO SH-ET300の特長

シマノのET3(SH-ET300)は、自転車アイテムとしてシマノ自らが開発したシューズ。

もとはヨーロッパでのアクティブなEバイク用に開発されました

カジュアル寄りではなく、アウトドアスニーカーのようなデザインです。

シマノ SH-ET300外観

アッパー面の生地は厚く、足を全体から包んでガッチリと固定。

かかとの内側には、しなりを抑制するためのプレートが入っており、ペダリングの力をしっかりと伝達します。

フラットペダル用のシューズですが、ペダリングのパワーロスを抑える工夫が盛り込まれており、効率的なペダリングを実現しています。

シマノ SH-ET300の甲部と靴裏

スニーカーは歩きやすさを重視しているものが多くソールが柔らかいため、ペダルを踏みこんだ際に力が逃げてしまいます。

ET3はスニーカーとは異なり、ソールとアッパーの間に「パワートランスファーブレード」というセミリジットのプレートを内蔵。

スニーカーよりもソール剛性が高いため、ペダルを踏む力が逃げにくく、ダイレクトに力を伝えることが可能です。

シマノ|フラットペダルに最適なサイクリングシューズ『ET3』をご紹介

グリップ力と歩きやすさを両立した靴底

靴底は特徴的なデザインのブロック状。

この形状がペダルにグッと噛んで、ずれません!

つま先とかかとに配置したブロックパターンは、多種多様なペダルケージやピンに適応し、優れたグリップ力を発揮。

山道などあらゆる地形でも抜群のグリップを誇り、歩行時の快適性を高めています。

シマノ SH-ET300ソール面

ペダリングに合わせて歩きやすさも両立しており、自転車を担いでも、歩きやすくてすごくラク!

自転車向けの細かいポイントが嬉しい

自転車に乗っていて使いやすいポイントは、靴ひもの先がバンドで留められること。

ぶらぶら跳ねるのを防いで、車体に当たることもありません。

シマノ SH-ET300の紐押さえ
シマノ SH-ET300の紐押さえゴム

つま先とかかとはガッチリと固く脚を保護し、リフレクターが後ろからの安全性を高めます。

シマノ SH-ET300のかかと

歩きやすくてペダリングもお任せ!シマノSH-ET300が良いぞ

シマノ SH-ET300サイド拡大

自転車に乗る時間は長いですが、輪行ではもしかすると、移動時間のほうが長いときもあります。

  • 長時間でも、履きごこちがすごくラク
  • ペダルをこぎやすい
  • 歩きやすい

3つのだいじなポイントが揃っているので、長く活躍するシューズです!

頑丈で生地が全然破れないのもイイですね

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)