四国・愛媛県の西部に、佐田岬半島という半島があります。

 

 

日本一、細長い半島です。

その先には佐田岬という岬があり、ここが四国の最西端です。

 

また、伊予灘・佐田岬せとかぜ海道という、サイクリングコースがあります。

伊予市しおさい公園から、佐田岬半島の「ほぼ」先端、伊方町三崎港までを結びます。

 

へー。せとかぜ海道の終点は、四国の「ほぼ」先端なのね。

もう少し進めば、四国の最西端っていうところがあるのか。

 

どうせなら、佐田岬まで行ってみたいと思いませんか。

思いますよね。

思ったんです。

 

 

行きました。

 

 

四国の最西端、佐田岬の景色。向こうは九州・大分県!

 

せとかぜ海道三崎港-佐田岬サイクリング モデルコースログ

せとかぜ海道三崎港-佐田岬サイクリング 旅程

オレンジフェリー:大阪南港 22:00 → 東予港 6:00

壬生川駅連絡バス:東予港 → JR壬生川駅

JR:JR壬生川駅 6:54 → 八幡浜駅 8:58

路線バス:八幡浜駅前 10:49 → 三崎港口 11:54

「佐田岬はなはな」にてレンタサイクル手続き

~佐田岬サイクリング~

路線バス:三崎港口 16:00 → 八幡浜駅前 17:05

 

八幡浜からのルート(三崎港までのバスを含みます)

 

佐田岬半島について説明

佐田岬半島は、日本一細長い半島。

半島のつけ根にある八幡浜を越えたところからの、愛称「佐田岬メロディーライン」は、右に伊予灘、左に宇和海と、表情の違う二つの海を同時に眺めることができるエリアです。

自動車で三崎港から八幡浜方面へ走ると、「みかんの花咲く丘」(♪みーかんーのはーながー、さーいてーいるーって歌です)が流れる区間があることで有名。

 

せとかぜ海道ってどうやって行くの?佐田岬まで自転車で行けるの?

距離は片道45km。高低差もあり、サイクリング難易度は高い

自分の自転車だと自走する手もありますが、佐田岬半島は細長く、付け根の八幡浜から往復するだけで90km近くになります。

さらに、かなりの高低差がありますので、往復の自走は、よほどのベテランでないと難しいです。

佐田岬半島高低マップ

ざっくり計測してもこの距離とこの高低差!

 

自転車をバスに乗せるか、レンタサイクルを借ります

今回の目的地は、あくまで四国の最西端の佐田岬。

 

そこで、佐田岬直前の三崎港まで、バスに自転車を載せてショートカットするという手が使えます。

しまなみ海道のサイクルエクスプレスとは異なり、バスの前方に装着された自転車ラックに載せるという形式。

せとかぜ海道サイクリング時の写真

伊予鉄バス サイクルバス案内ページ

 

レンタサイクルを利用する場合だと、八幡浜から三崎港までバスで移動し、「伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな」にて、自転車を借りましょう。

 

今回の僕の旅も、「佐田岬はなはな」さんでレンタサイクルを借りました。

僕が行ったときは、レンタサイクル事業が始まったばかりで、残念ながらロードバイクは配備されていなかったので、電動アシスト自転車で佐田岬を目指します。

 

今後はロードバイクが配備されるのでしょうか?利用時に要確認ですね。

 

 

佐田岬の注意事項

ただ、この佐田岬は、本当に陸地の終着点です。

戻る以外、どこにも行くことができません

 

11:54に三崎港に着いたのち、同じバス停から16:00の八幡浜方面へ向かうバスに乗らないと、終バスではないものの、えらいことになります。(三崎港から大分・佐賀関行きのフェリーは出てますが…)

許された時間は、昼食も含めて4時間!いざ出発!

 

三崎港から、目指すは「四国最西端」佐田岬!

地図で調べると、三崎港(佐田岬はなはな)から、佐田岬灯台の駐車場までは15kmほど。

往復30kmとすると、時速10㎞×3時間で往復して、現地で休憩+予備時間を1時間とすれば、時間内に戻ってこられる計算です。

いくらなんでも、電動アシスト自転車で時速10㎞を切ることはないだろう。

三崎港‐佐田岬

 

とはいえ、佐田岬半島の先端だけでも、三崎港から200mくらいは登るみたいです。

体力が持つのか分からなかったのと、電動アシスト自転車のバッテリーがどれくらい持つのか分からなかったので、帰りのバスに間に合うか不安でした。

 

状況によっては途中で引き返すことも考えていたのですが、四国最西端は、諦めるのはもったいないほどの目的地!

三崎港から先は、公共交通機関も走っていないため、自転車以外は、自家用車かタクシーしかありません。

こんなところ、そうそう再チャレンジできないしね。

 

佐田岬に向かう途中には、風力発電の風車群

巨大な風車の羽根ががぐわんぐわん回っています。

風車

 

佐田岬灯台の駐車場から、灯台までは徒歩20分

 

いよいよ最終地点、佐田岬灯台の駐車場に到着!

そこから遊歩道を20分。

 

20分かぁ…

 

ここまでさんざん、自転車で山道を越えてきたのに、さらに徒歩が20分かぁ…(往復すると40分)

 

意を決し、遊歩道入り口をガードしている、地元のみかん売りのおばちゃんたち(なかなか進めさせてくれないので気を付けて!)を突破して歩きます。

 

 

遊歩道を進み、まずは、佐田岬灯台の雄大な姿を見ることができる展望台へ。

絶景です!

 

さらに歩き、いよいよ佐田岬灯台のふもとへ。

 

そして、ゴール!

ここが四国の最西端です!

 

四国最西端の碑

ここが四国最西端!向こうに見えるのは、九州・大分県。

 

来た道を、三崎港まで帰ります。

 

まとめ:昼食は三崎港手前の「まりーな亭」がおすすめ

 

無事に佐田岬までたどり着き、八幡浜までの帰りのバスにも、遅れることなく乗ることができました。

佐田岬灯台もゆっくりと見れたし、復路は下り基調なのですごく早かったです。

食事+佐田岬灯台往復で3時間半くらい。

 

途中で食べた昼食はこちら、三崎港から少しだけ戻ったところにある「まりーな亭」さんの丼です。

 

DSC02504

 

お魚もすごく美味しく、しかもこのタレが絶品!

三崎港に行ったさいには、ぜひご賞味ください。

 

あわせて読みたい

せとかぜ海道本線のサイクリング記事はこちら!

伊予灘-佐田岬【せとかぜ海道】サイクリング!夕やけこやけラインとメロディーラインの絶景80km【海道旅7/7】

宿泊地、八幡浜について書きました。

せとかぜ海道サイクリングの宿泊地にも最適。八幡浜は素敵な町です

せとかぜ海道で泊まるならここ!三崎港を代表するお宿「えびすや旅館」

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう