前回の記事にて、ロードバイクを分解・固定して、輪行袋に梱包する手順「ロードバイク輪行袋の使い方|自転車を持ち運ぶ方法と電車に乗る準備を解説」を紹介しました。

 

僕が使っている輪行袋はオーストリッチのL-100で、

 

輪行袋に入れるときに自転車を固定する方法としては、自転車のフレームを、外した前輪と後輪のタイヤで挟み込んで倒れないようにするタイプです。

両輪とも外すタイプでも、タイヤ用のポケットとかがある輪行袋もあります

 

輪行時のロードバイク梱包例。車体をタイヤではさむ

 

その「自転車のフレームを、外した前輪と後輪のタイヤで挟み込んで倒れないようにする」方法。

L-100の場合、フレームとタイヤを固定するためのストラップ(中締めベルト)が付属しています。加えて、フレームにひっかけて、肩にかけて持ち上げる用のショルダーベルトも付属。

 

ところがこの中締めベルト、結構緩んでしまうんですよねえ。

 

ストラップ(中締めベルト)が緩んで、フレームとタイヤがぐらぐらする!

輪行袋に付属している中締めベルトはこんなの。

コネクタに通して折り返して、固定するタイプです。

 

dsc03427

 

ところがこのストラップ、いくらしっかり縛り上げて固定したつもりでも、持ち運んでいるときの振動や上げ降ろしの衝撃で、結構ゆるんできます

 

そうなると、タイヤがぐらぐらしてバランスは崩れるわ、ギアや部品が当たるわと、スムーズな輪行にはなりません。

移動しているときにも、緩んでないかな?と気になって確認して、緩んでいたら締めなおして…と、気も使うし、時間も使っていました。

 

それを防止するために、こんなのが便利なんですよ!という小技のご紹介。

 

長いマジックテープが大活躍!フレームとタイヤも緩むことなく安心

付属している中締めベルトに代えて、僕が使っているのは「長いマジックテープ」です。

 

 

ホームセンターなどで売ってるくらいに身近に手に入れることができますが、

  • カンタン
  • 頑丈
  • コンパクト

で、すごく便利。

 

長いのを選べばぐるっと巻いても余裕で足りますし、横からの力にもすごく強いので、これに変えてからはゆるみ知らず!

がっつり固定できてます。

 

初めて知ったのですが、マジックテープとベルクロって同じもの。一般名称は面ファスナー。

ちなみにマジックテープがクラレの商標で、ベルクロは海外のベルクロ社の商標です。

 

マジックテープなら、中締めベルトのように、コネクタに通す必要はありません。

グッと引っ張って、そのままペタンでくっつきます。

組み立てるときには、そのままベリベリとはがすだけ

 

 

丸めてしまえばこんなに小さくなるので、荷物の邪魔にもなりません。

 

dsc03429

 

ちょっとしたことですけど、効果は絶大なんですよ!

同じような症状に困っておられる方、ぜひ試してみてください。

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ロードバイクを電車に乗せる!輪行の方法を解説

輪行袋をかつぐと肩が痛いし歩きにくい!をラクにするアイテム

【自転車タイヤペンチ】固くてはまらない!ロードバイクのパンク修理をラクにする超便利アイテム

エンド金具の高さが足りない?2cm高い新型がイイ!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう