Amazonタイムセール祭り開催中!

【パニアバッグ→リュックサック】超便利!デカトロンのパニアラック用バックパック

デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に装着

一般的なサドルバッグは自転車に固定することが前提です。

外して持ち運ぶことは想定されておらず、手で持つしかありません。

リュックサックを背負うという手段もありますが、自転車での走行中は、荷物は自転車に載せておきたいもの。

そんな状態を解決してくれる名アイテム!

この記事では、移動中も邪魔にならない、パニアバッグになるリュックサックを紹介します。

徒歩でも自転車でも使えるバックパック

リュックサック形態になるサドルバッグはありますが、デカトロン「パニアラック用バックパック」は「パニアバッグになるリュック」。

見た目は普通のリュックサックです。

デカトロン パニアバッグリュックサック 形態変形イメージ

歩くときにはリュックサック形態で、パニアラックに装着すれば、荷物を自転車に載せることができます。

日常的な移動にも、自転車通勤にもピッタリのデザインですごく便利。

デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に装着

デカトロン「パニアラック用バックパック」の外観と特徴

デカトロン「パニアラック用バックパック」の外観を見ていきましょう。

正面と背面。

デカトロン パニアバッグリュックサック
デカトロン パニアバッグリュックサックのリュックサック形態

2つの収納スペースがあり、前部収納スペース(15L)と後部収納スペース(10L)の合計25Lが入る大容量です。

デカトロン パニアバッグリュックサックの収納内部

デカトロン「パニアラック用バックパック」のポイントは、持ち手を中心に前後2つに分離すること。

てっぺんの手持ち部分はくっついてるので、キャリア固定時でもバラバラにはなりません。

内側には自転車に引っ掛けるためのコネクタがあります。

デカトロン パニアバッグリュックサックを左右分割

コネクタの拡大。

デカトロン パニアバッグリュックサックの自転車固定部品

リュックサックからパニアバッグに変身!

デカトロン「パニアラック用バックパック」

  • ジッパーを開けて分割する
  • 肩ベルトがぶら下がらないように固定する
  • マウントを引っかける

3ステップで、バックパックからパニアバッグにすばやく変身します。

自転車のパニアラックに固定するとこうなります。

この写真はパニアラックではなく、BESVのリアキャリアに引っかけました

デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に装着

肩ベルトはぶら下がらないように、バックルで止めたうえでゴムで押さえます。

デカトロン パニアバッグリュックサックの肩ベルトを固定

僕の自転車では、BESV PSF1のリアキャリアの構造上、少し広がりぎみ。

一般的なパニアラックなら、スマートなシルエットになりますね。

持ち手部分はまだまだ広がります

デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に装着した背面
デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に装着

公式イメージ。

デカトロン パニアバッグリュックサック パニアラック装着イメージ

デカトロンサイトより

パニアラックにどうやって引っかけているかのイメージ。

パニアラック用マウントの広がり幅はネジで調整できる(直径6~16mm)ので、ラックの棒が太くても固定できます。

デカトロン パニアバッグリュックサックを自転車に固定したところ

中心の抑えを起こして、飛び出しと落下を防いでいます。

デカトロン パニアバッグリュックサックの自転車固定部分拡大

日常ライドから自転車通勤まで!パニアバッグになるリュックが超便利

特長まとめ
  • バックパックからサドルバッグにすばやく変身
  • 普段使いできるデザインで、近距離なら背負ったまま、すこし遠くならリアキャリアに
  • 装着も取り外しも簡単、脱落防止の機能もあるので安心

荷物をぜんぶバッグに入れて、移動中はリュックサックで、走行中はパニアバッグで。

日常使いから自転車通勤まで大活躍するバックパックです。

見た目が普通のリュックなのが使いやすいですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)