ロードバイク用のライトは多くあるものの、明るさが数値で示されています。

 

おまけに「ルーメン」やら「カンデラ」の違う単位が出てくるため、

  • どれくらいの数値のものが
  • どれくらいの明るさで
  • どれくらい見えるのか

が、よく分かりません。

 

今回、ライトを多く購入する機会があり、幅広いルーメン数が揃ったので、実際に比較してみます!

 

 

関連記事>>>高品質&低価格!自転車ライト【ガシロン(Gaciron)】全種類買ってみた!

 

ロードバク用ライトの明るさ単位「ルーメン」と「カンデラ」

ルーメン、カンデラ、ルクスの説明イメージ

キャットアイ|ルーメン、カンデラ、ルクスの違いってなぁに?より

 

まずはややこしいもとになっている単位、ルーメンカンデラについて。

  • ルーメンは、光源の明るさを表す単位。ライトが出している光の量そのもの。
  • カンデラは、光源から出る光の強さを表す単位。照射角度が狭くなるのに伴ってカンデラも高くなります。
  • ルクスは、照らされた場所の明るさを表す単位。距離によって変化し、光源から遠ざかるほど数値は小さくなります。

 

ロードバイク用のライトの単位にはルーメンとカンデラが用いられていますが、カンデラでは実用性が分からない(照射角度によって変動する)ため、近年は、ルーメン表記で揃えられつつあります。

 

ロードバイク用ライトの明るさ比較

真夜中、川の堤防に来ました。

ロードバイク用ライト比較場所 夜の堤防

徒歩ではなんとか歩けますが、自転車は怖くて走れない暗さです。

 

僕が持っているライトたちをサンプルに、明るさを比較します。

400カンデラ|キャットアイ ウノ

明るさイメージは「ぼやっ

自転車用ライト キャットアイ ウノ

 

明るさ表記はカンデラのみで、ルーメンは不明です。

照らされるのは地面のごく一部だけ。

前照灯としては心もとないですが、対向者への注意喚起に適格。

50ルーメン(800カンデラ)|キャットアイ アーバン

明るさイメージは「ぱっ

自転車用ライト キャットアイ アーバン

 

そこそこ明るいと感じますが、まだ一部分だけを照らす光量です。

街灯が多い、市街地用という感じ。

200ルーメン|キャットアイ VOLT200

明るさイメージは「ぱあっ

自転車用ライト キャットアイ VOLT200

 

光が遠くまで届くようになってきました。

市街地なら安心して走れる明るさです。

400ルーメン|ガシロンV9C400

明るさイメージは「ぱあーっ!

自転車用ライト ガシロンV9C400

 

遠くまでは照らしきれないものの、しっかりと明るいです。

市街地なら400ルーメンあれば十分ですね。

800ルーメン|ガシロンV9C800

明るさイメージは「ビカーッ!

自転車用ライト ガシロンV9C800

 

しっかり遠くまで見えます。

街灯が少ない道路でも安心の明るさ!

1000ルーメン|ガシロンV9S1000

明るさイメージは「ビッカーッ!

自転車用ライト ガシロンV9S1000

 

すごく遠くまで見えます。夜道も安心!

真っ暗な堤防でこれですから、市街地でハイモードで使うのは止めましょう。

 

1600ルーメン|ガシロンV9D1600

明るさイメージは「ビガアアアアアア!!

自転車用ライト ガシロンV9D1600

 

ものすごく遠くまで見えます。

逆に、近くを照らすと、眩しすぎてよく見えないくらい。

1800ルーメン|ガシロンV9D1800

明るさイメージは「ビッガアアアアアアッ!!!

自転車用ライト ガシロンV9D1800

 

街灯かと思うくらい、ものっすごく遠くまで見えます。

どんな暗い道でも安心の明るさ。

むしろ最大光量を使う場面が来るのか自信がないほどの明るさです。

ロードバイク用ライトの明るさ比較|夜道には400ルーメンか800ルーメン。1000以上は暗闇もOK

明るいライトを持ったのは初めてだったのですが、試してみて気づいたこと。

 

明るいライトは、「自転車の前が良く見える」ではなく、「遠くまでよく見える」なんですね。

遠くまでよく見えることで、安心と安全が全然違いました。

400ルーメン程度のライトは持っておいたほうが良いです。

 

比較した結果をまとめると、

  • 夜道を走る場合、市街地ならば200~400ルーメンあれば前照灯として使えます。
  • 街灯が少ない道でも、800ルーメンあれば十分でしょう。

むしろ400ルーメンでも、市街地でハイモードに使ったら、対向者の目がくらむくらいの光量です。

適宜、光量を落とすように心がけましょう。

 

  • 夜間に、街灯がない河川敷やサイクリングロードを走るときには800ルーメン以上が安心。
  • ロングライドで夜になりそうなときは、1,000ルーメン以上のライトがあれば安心です。
  • 1,600ルーメンにもなると、どんな夜道にも対応できるでしょう。

 

僕が輪行に持っていくなら、日没に間に合わない場合や、街灯がない道路を走る可能性も考えて、800ルーメンか1,000ルーメンのライトかなあ。

 

以上、比較実験終わり!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう