ロードバイクに長く乗っていると、避けることができないトラブルが「パンク」です。

 

走っていると、突然「プシューッ!」。

どれだけ気を付けていてもダメなんです…

運が悪ければ、一度のサイクリングで、何回もパンクすることも!

 

保管しているだけで、いつの間にか空気が抜けているときもあるし。

自転車を取り出したときに、タイヤがペコペコになっていると、すごくしょんぼりします。

 

今回は、パンク修理のとき、タイヤのはめこみを、素早く・ラクに行うことができるペンチの紹介です!

ロードバイクのパンク修理が苦手!タイヤが固くてはめられない

直さなければ走れないのですが、僕は、パンク修理がすごく苦手です。

特に、チューブを交換したあとに、タイヤをホイールにはめなおすのがすごく下手で、時間がかかって仕方がありません。

 

ホイールのリム(ホイールの外側のふち)の中に押し込むのが、ひたすら、固いんですよ。

一般的には、パンクの修理にはタイヤレバーを使ってタイヤを押し込んでいきますが、最後になると、もう固くて大変です。

 

以前の記事「パンク修理が苦手!薄いタイヤレバーでラクラク交換できた話」にて、タイヤレバーは薄いほうが使いやすいと紹介しましたが、それでも、タイヤとホイールの間に入らなくなります。

(中には、素手でタイヤをはめ込む猛者もおられますが。)

 

これまでは時間をかけて、パンク修理に奮闘していましたが、このたび、タイヤのはめ込みを超ラクにする、ものすごく便利なアイテムを手に入れました!

 

あっという間にタイヤをはめこみ!「タイヤインストール」

固いロードバイクのタイヤをはめるペンチ

 

今回手に入れたお助けアイテムはこれ、タイヤインストールです。

わかりやすく言うと、タイヤ用のペンチですね。

タイヤをはさんで、ホイールのリムの内部にラクラク押し込めるというアイテムです。

 

ちょうど(?)パンクをしたので、チューブを交換しました。

タイヤをはめこんでいき、素手でできたのはここまで。

パンクタイヤ交換中のホイール

 

ここで、タイヤペンチ登場!

開けて、はさみます。

タイヤをはめるペンチ

 

ホイールのリムとタイヤに引っ掛けて…

ホイールにタイヤをはめ込み中

 

よいしょ。

ホイールにタイヤをはめこんだところ

 

おおお!なんだこれ!?

超ラク!

あっという間にはまった!

タイヤを交換したロードバイク

 

タイヤがすぐにはめられます

チューブ交換の時間を短縮させて、握力も使わずに、ラクラクパンク修理を終わらせることができるアイテムです!

パンク修理を苦手にしている初心者や、握力に自信がない人は必携です!!

買い物前のチャージで最大2.5%ポイント!
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
しまなみ海道 アイキャッチ
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう