ロードバイクでのサイクリングでは、

  • 「右に曲がるよ」
  • 「後ろ、スピード大丈夫?」
  • 「次のコンビニで休憩しようか。寄ってもらえる?」

複数人で走っていると、走行中に会話をしたいときが多くあります。

 

ところが、自転車での走行中は、耳に入る風の音が大きく、大声を出してもなかなか聞こえません。

後ろを振り向いたり、併走したりするのも危険ですよね。

 

そんなサイクリングの不満を解決してくれる、おすすめのトランシーバーがあります。

自転車に大活躍する、無線のマイクインカムハンズフリーイヤホンです。

 

ロードバイク 無線会話インカムのイメージ

BONXより

 

ロードバイクでサイクリング中に会話をしたい!

「信号渡る?」「次の曲がり角で左ね」「大きな穴あるよ!」など、サイクリング中にコミュニケーションを取りたいことはたくさんあります。

しかし、縦走が基本になるサイクリングでは、音声はほとんど聞こえず、またハンドサインも前から後ろへの一方的なコミュニケーションになります。

 

複数人でのサイクリングは楽しいものの、走行中の会話ができないのが困りますよね。

せっかくメンバーがいるのに、ずっと縦に並んで走っているだけでは、少しさみしい時間。

 

今回紹介するアイテムは、無線で会話ができる、サイクリングに活躍するロードバイク用のトランシーバーを2つ。

サイカムB-1」と、「BONX(ボンクス)」です。

「サイカムB-1」詳細

ロードバイク用インカム サイカムB-1イメージ

取り付けカンタン、手軽で安全

「サイカムB-1(公式サイト)」は、ヘッドホンやイヤホンと違い、耳を塞がないスピーカー式

装着していても、周囲の音声を妨げません。

 

ヘルメットへの取付は、マイクを付属のテープで貼り付けるだけ。

聞こえやすいように、耳の位置とマイクの位置を調整するだけなので、手間もかからずカンタンです。

 

本体の重量は、セットで74g。

装着しても負担は感じません。

 

軽量、広範囲、電池も長持ち

次に、サイカムB-1の機械的な詳細です。

 

まず、スマホを経由した通信では、

  • スマホの本体が必要なこと
  • スマホの電池残量が気になること

この二つのハードルがあります。

 

「サイカムB-1」は、スマホを使わずに、サイカム同士が4台まで接続して、直接の無線通話が可能という特徴を持っています。

 

バッテリーの容量も大きく、連続通話時間は最大10時間。

1日中たっぷりとサイクリングが楽しめます。

 

通話圏は広く、通信距離は最大500m

少し離れても、クリアな会話を続けることができる距離ですね。

「BONX(ボンクス)」詳細

次に紹介するのは、BONX(ボンクス)(公式サイト)。

ロードバイク用無線インカム BONX(ボンクス)イメージ

 

サイカムB-1に対して、ボンクスは、ブルートゥースでスマホにつなげて、インターネット経由でトークを接続するタイプです。

 

「スマホが要るの?イヤホンだけで無線接続のほうがラクなんじゃ…」と思いますよね。

ところが、インターネット経由で接続することには、「距離に関係なく通話ができる」というメリットがあるんです。

 

距離に関係なく、同時に複数人とグループトーク

専用アプリによって、最大10人まで、同時相互通話が可能。

お互いの会話の接続はインターネット通信のため、通話距離は無制限です。

 

スマホが圏外になると、一時的にトークルームから退出しますが、圏内に戻ってくると、自動的に再接続されるため、スマホを操作しなおす必要はありません。

 

ボンクスは話すだけで通話が始まる、スイッチ操作が不要な、完全ハンズフリータイプ。

インターネットへの通信は話しているときだけなので、バッテリーや通信量を節約できます。

独自のアルゴリズムにより、「はぁはぁ」という息切れや、遠くの人の声を拾いません。

 

重さは約15gと超軽量、連続通話時間は7時間からと、一日中のサイクリングに長く対応します。

さらに、待機時間は約400時間と超・長時間!

 

  • 重さ:約15g(実際の使用環境でのサイズ)
  • カラー:ブラック、ホワイト、ピンク、グリーン
  • 連続通話時間(BONXアプリ使用時):約7時間〜
  • 待機時間:約400時間

自転車インカムの特徴を比較

X-RIDE サイカム B-1

  • ロードバイクのヘルメットにペタッと貼るだけ
  • スマホを使わずに、4台まで接続して、直接の通話が可能

ボンクス

  • 超軽量の開放型イヤホンタイプ
  • 10人まで接続可能。スマホを通じたインターネット通信のため、通話距離は無制限

能力としてはボンクスが魅力なのですが、大きなポイントとしては、メンバー全員がスマホを持っているか、持っていないメンバーもいるか、によりますね。

 

より安全に、走行時間がもっと楽しくなる、おすすめのアイテムです!

 

ほかにも自転車グッズの記事あります
買い物前のチャージで最大2.5%ポイント!
メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
しまなみ海道 アイキャッチ
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメント一覧
  1. うさぎさん より:

    スマホを使わずに、バイクのインカムみたいに、
    機器同士繋げるものを開発しないと…
    スマホのBluetooth機能使うなら、
    別にこの機器でなくてもいいわけですよね。
    そう考えるとバイクのインカムは優秀だ。

    • take より:

      コメントありがとうございます!
      おっしゃるとおり、バイク用のインカムはものすごく種類があるのに(うらやましい!)、ロードバイク用が全然増えてこないんですよね…今のところ、BONXの一人勝ちといったところ。
      会話を楽しみながらのグループライドが、もっと一般的になってほしいです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう