ロードバイクには必須アイテムのサイコン(サイクルコンピュータ)

速度や距離などの基本データを計測するエントリーモデルから、ケイデンス(ペダルの回転数)や心拍数といったトレーニングデータを管理する高機能モデルまで、多くの種類が出ています。

 

この記事では、初心者におすすめのシンプルなスピードメーター(サイコン)を解説します。

 

迷ったらコレ!

3つの情報表示がめっちゃ使いやすいです!「マイクロワイヤレス

キャットアイのスピードメーター(サイコン)マイクロワイヤレスを付けたロードバイク

スピードメーター(サイコン)の選びかた|初心者にはシンプルなエントリーモデルがおすすめ

スピードメーター(サイコン)の価格と機能

スピードメーター(サイコン)の価格と機能を分けてみると、

  • 走行速度
  • 走行距離
  • 走行時間

など、絞られた基本情報を表示するのがエントリーモデル。

価格帯は2,000円~10,000円程度です。

 

ミドルモデルやハイモデルのスピードメーター(サイコン)になると、基本機能に加えて、

  • 心拍数
  • ペダルの回転数(ケイデンス)
  • GPSナビ

などの管理ができます。

 

価格帯はミドルモデルで10,000円~30,000円程度、ハイモデルは30,000円以上します。

 

計測は有線式と無線式がある。無線ワイヤレスが定番

スピードメーター(サイコン)は、本体をハンドルに装着し、センサーはホイールに付けるのが一般的です。

 

本体とセンサーをコードで繋ぐ有線式と、無線で接続するワイヤレス式の2タイプがあります。

有線式は電池の持ちが良く、安いというメリットがありますが、一般的に、ほとんどがワイヤレスです。

 

サイクリングメインの初心者は、エントリーモデルのスピードメーター(サイコン)を使いこなそう

スピードメーター(サイコン)を選ぶときには、「どんな機能が必要かな?いろいろ計測できたほうが良いかな?」と悩みますが、機能が豊富な上位機種になると、使いこなすのもたいへんです。

僕は25,000円の高機能サイコンが使いこなせずに、エントリーモデルに戻しました…

 

心拍数などの上位計測データは、トレーニングに必要になってからでも遅くありません。

まずはスピードと時間と距離を測れれば十分ですので、エントリーモデルのスピードメーター(サイコン)を使いこなしましょう。

 

高機能サイコンになれば、多くのブランドが出しているのですが、エントリーモデルのサイコンは、自転車用アイテムの定番ブランド、キャットアイから選べば、失敗はありません。

 

ベロ9

キャットアイのスピードメーター(サイコン)ベロ9

外観も機能も超シンプル。

入門機としてピッタリの、有線式スピードメーター(サイコン)です。

Amazon価格は1500円以下というお手軽さ。

特徴

  • 入門用有線式コンピュータ
  • 大きく見やすい大型液晶画面

     

    ベロワイヤレス

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)ベロワイヤレス

    シンプルで使いやすい、ワイヤレス入門モデル。

    特徴

    • ベーシックなワイヤレスコンピュータ
    • 大きく見やすい大型液晶画面

     

    ベロワイヤレスプラス

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)ベロワイヤレスプラス

    シンプルで使いやすいワイヤレス入門モデル。バックライト付き。

    特徴

    • ベーシックなワイヤレスコンピュータ
    • ナイトモードを搭載し、夜間のデータ確認もカンタン
    • 大きく見やすい大型液晶画面
    • 本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能

     

    マイクロワイヤレス

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)マイクロワイヤレス

    自分好みの画面表示にカスタマイズできるワイヤレスコンピュータ。バックライト付き。

    特徴

    • 表示したいデータが選べる、カスタマイズ可能なワイヤレスコンピュータ
    • 基本8機能のデータに加え、個別にスタートストップできるストップウォッチ機能。時刻は常時表示します
    • 常時表示の上段に好みの機能を割り当てできるプログラマブルディスプレイ
    • ナイトモードを搭載し、夜間のデータ確認もカンタン

     

    関連記事>>>【キャットアイのおすすめスピードメーター】マイクロワイヤレス|3データ表示が便利すぎるワイヤレスサイコン

     

    ストラーダスリム

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)ストラーダスリム

    ロードバイク用に特化した、スリム&軽量のワイヤレスコンピュータ。

    特徴

    • ロードバイクに特化することで更に進化した薄型軽量アナログワイヤレスコンピュータ
    • 小型ボディと大きい画面を両立

     

    パドローネプラス

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)スパドローネプラス

    大画面で大きな文字表示、シンプル操作のワイヤレスコンピュータ。

    常時点灯可能なバックライト付き。

    特徴

    • 大きな文字表示を大画面で実現。シンプル操作のアナログワイヤレスコンピュータ
    • ナイトモードを搭載し、夜間の常時点灯も選択可能
    • 本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能
    • 個別にスタートストップできる「ストップウォッチ」搭載

     

    クイック

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)クイック

    アウトフロントタイプで、ブラケットと一体感がある薄型形状。

    一般的なサイコンとは違う、かっこいいデザインです。

    特徴

    • 日中でも確認しやすい反転液晶
    • 表示レスポンスが良いアナログワイヤレスコンピュータ
    • 本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能

     

    いちばんのおすすめサイコンは?

    ロードバイクにまず必要な機能は、とことんシンプルに、この3つです。

    • スピードメーター
    • 時刻(時計機能)
    • 走行距離

     

    僕はこの3つの情報を一度に全部見ることができる、マイクロワイヤレスを使っています。

    キャットアイのスピードメーター(サイコン)マイクロワイヤレスを付けたロードバイク

     

    特に初めて走る場所は、走行距離が分かるとすごく気がラクになります。

    時間と体力の配分ができますからね。

     

    3つの情報を一度に表示できるのは、マイクロワイヤレスだけ。

    マイクロワイヤレスなら、表示を変える操作をしなくても、一目で確認できるのでおすすめです。

     

    スピードと距離しか見ないよ!2つの情報でじゅうぶんだよ!という方は、大画面で見やすいパドローネプラスがおすすめ。

    見やすくて使いやすいサイコンです。

    メインカテゴリー
    サイクリングレポート カテゴリバナー
    カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
    自転車グッズ カテゴリバナー
    輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
    自転車ニュース カテゴリバナー
    自転車トーク カテゴリバナー
    こちらの記事も読まれています

    ▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    この記事が気に入ったら「いいね!」してね

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう