「しまなみ海道でサイクリングしてみたい!」と思っても、

  • 初心者がいきなり70km以上なんて、走りきれる自信がない
  • 少しだけ体験してみたいけど、短時間でできないかな

など、悩んでおられる方も多いと思います。

 

この記事では、尾道からしまなみ海道の島々を結ぶフェリーを利用して、半日でしまなみ海道を快走できるサイクリングプランを組んでみました。

 

フェリーをうまく使えば、短い時間でもしまなみ海道を満喫できますよ!

 

尾道からしまなみ海道へのスケジュールを考えます

本州側からしまなみ海道へ渡る場合、スタート地点は尾道駅または三原駅となります。

しまなみ海道の玄関口 JR尾道駅 新駅舎

 

尾道はしまなみ海道の玄関口。

JR尾道駅を降りたらすぐに海が見え、気分は爽快です。

 

JR尾道駅には、新幹線の三原駅または福山駅から、在来線への乗り換えが必要です。

新幹線の新尾道駅にはJR在来線は接続していないので、新尾道駅と尾道駅との間はバスで移動します。

 

それでは尾道駅を起点にした、しまなみ海道半日サイクリングプランのご紹介。

利用するフェリーは尾道~瀬戸田航路です。

 

三原駅からのプランは「【三原発着半日コース】初めてのしまなみ海道サイクリング|こんなプランはいかが?」をどうぞ。

 

 

尾道発着 しまなみ海道半日サイクリングプラン

自転車:尾道→生口島 フェリー:生口島→尾道

  • 尾道から生口島・瀬戸田までサイクリング
  • 瀬戸田港から尾道までフェリーで戻る

ルートです。

赤線が自転車、黒線がフェリー航路です。

 

ざっくり計測して、自転車での走行距離は25kmほど。

初心者にも心地よい距離です。

 

尾道側渡船乗り場から瀬戸田までの所要時間は、長く見て約2時間半。

写真撮影や休憩がスムーズに進めば、2時間でも十分です。

 

尾道→生口島サイクリング 午前コース

朝に尾道を出て、お昼ころに瀬戸田地区に着くプラン。

09:00尾道駅 → 09:30尾道側渡船乗り場 → サイクリング → 12:00生口島・瀬戸田着

 

瀬戸田に着いた後は、のんびり観光したり、尾道に戻って午後を観光に充てることができます。

帰路のフェリーは次の2本が候補ですね。

  • 13:30瀬戸田港 → 14:09 尾道港
  • 15:10瀬戸田港 → 15:49 尾道港

 

尾道→生口島サイクリング 午後コース

午前中を尾道で過ごし、午後をサイクリングに充てるプランです。

13:30 尾道駅 → 14:00 尾道側渡船乗り場 → サイクリング → 16:30 生口島・瀬戸田着

 

帰路のフェリーは、17:05 瀬戸田港 → 17:44 尾道港が候補。

 

フェリー:尾道→生口島 自転車:生口島→尾道

  • 尾道から生口島・瀬戸田までフェリー
  • 瀬戸田から尾道までサイクリング

自転車とフェリーの順番を逆にしたルートです。

黒線がフェリー航路、赤線が自転車。

 

生口島→尾道サイクリング 午前コース

お昼までに尾道に帰ってくるなら、

09:15 尾道港 → 09:54 瀬戸田港 → 10:30サイクリング開始 → 13:00 尾道着

 

また、2時間程度、瀬戸田地区観光や昼食を挟んでから、

12:30 サイクリング開始 → 15:00 尾道着

としても余裕がありますね。

 

生口島→尾道サイクリング 午後コース(1)

12:40 尾道港 → 13:20 瀬戸田港

1~2時間程度、平山郁夫美術館や耕三寺あたりを観光する余裕があります。

 

14:30 サイクリング開始 → 17:00 尾道着

または

15:30 サイクリング開始 → 18:00 尾道着(※日没が遅い時期)

 

生口島→尾道サイクリング 午後コース(2)

日没が遅い時期ならば、18:00に尾道に着いてもまだ明るいので、尾道からの出発時間を少し遅らせた行程。

14:20 尾道港 → 15:00 瀬戸田港 → 15:30 サイクリング開始 → 18:00 尾道着

 

初めてのしまなみ海道サイクリングは、半日で楽しむのもおすすめ

尾道をスタート/ゴールとするしまなみ海道サイクリングの半日コースを紹介しました。

 

短い区間で、短時間でも十分に楽しめるのが、しまなみ海道の魅力です。

思い出に残る旅になりますように!

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう