目立たないけど重要アイテム!季節に合ったアンダーウェアを選んでみよう!

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

今回の話題は、サイクルウェアの下に着る「アンダーウェア(インナーシャツ)」です。

僕は自転車に乗るときは、走った後にお店にもふらっと入れるようなカジュアルな感じのウェアやパンツを着ているんですけれど、インナーウェアに至っては、本気ライダーもカジュアルライダーも、必須アイテムであることに変わりはありません。

長時間、直接肌に触れているものなので、身体のコンディションにも直結します。

選ぶなら保温に冷感、吸汗速乾と、高機能なもののほうが良いですよね。

綿シャツとかは絶対にやめてくださいね。身体が冷えて、あとあと体調壊しますから。

ところで、いつものパターンなら、「パールイズミ」「カペルミュール」「モンベル」から探すのですが、今回はあえて「パールイズミ」一択で紹介します。

パールイズミの他にもちゃんとあるんですよ。カペルミュールではこのページとか、モンベルでも自転車専用アイテムはありませんが、これとか。

ただ、商品展開数対応温度帯の選びやすさ、そして何より機能への信頼ということでは、パールイズミが抜き出ています。

まずはパールイズミだったら安心ですしね。と思わせるのがすごい

スポンサーリンク

メンズの自転車アンダーウェア

プレミアムアンダーロングスリーブ

腕をもっと涼しく、日に焼かない。

半袖ジャージに組み合わせるタイトフィットのアンダーシャツ

袖部分には涼しく日焼けを防ぐコールドブラック素材を採用。

ジャージの下に重ねて着用し、日焼けを防ぎます。

クールフィットドライUVロングスリーブ

日焼けを防ぐ袖のUV素材。

半袖ジャージの下に重ねてドライに。直接日差しの当たらないヒジ側は涼しいメッシュ仕様。

大量に汗をかく自転車用に開発された、吸汗性と速乾性を極限まで高めた素材を使用。運動時にかいた汗を素早く吸収し、乾かす。ベタつき感がなく、肌は常にサラッと快適。

ヒートテックセンサー ハイネック ロングスリーブ

0℃帯の極寒対応インナーウェア。

前面に防風素材を重ねた二重構造で、前からの冷気をブロックする厳冬期に適したハイネック ロングスリーブ アンダーウェアです。

吸った汗をすぐに乾かし汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる「ヒートテックセンサー」素材を採用し、首元までを包み込みます。

風の当たる前面は、防風性の高い「タフレックス」と発熱して暖かい「ヒートテックセンサー」を二重にして、保温性がアップしています。

ヒートテックセンサー ロングスリーブ

5℃帯の冬季対応アンダーウェア。

パールイズミ冬の定番アンダーウェア

吸った汗をすぐに乾かし汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる「ヒートテックセンサー」素材を採用。

軽く柔らかな着心地とソフトな伸縮性が優しく身体にフィットする、冬の必須アイテムです。

サーマフリース ロングスリーブ

5℃帯の冬季対応アンダーウェア。

ハイネック仕様で首元まで暖かい、5℃対応のアンダーウェア。

肌ざわりが良い素材「サーマフリース」により、防風性保温性ストレッチ性も合わせ持ち、身体にフィットして動きやすいインナーです。

ウォームフィットドライ アンダーシェル

10℃帯の冬季対応のアンダーウェア。

ソフトな肌触りと抜群の伸縮性で、多くの汗をかいても汗冷えしにくい吸汗速乾性に優れた秋冬向けアンダーです。

更に前面には伸縮性のある防風素材「ウィンドシェル」を採用し、動きやすい薄手アンダーの防風モデルです。

ウォームフィットドライ アンダー

15℃帯対応のアンダーウェア。使い勝手が良いアイテムですね。

ソフトな肌触りと抜群の伸縮性。多くの汗をかいても汗冷えしにくい吸汗速乾性に優れた秋冬向けアンダーです。

様々なシチュエーション、長いシーズンを着まわせるおすすめのアイテムです。

レディースの自転車アンダーウェア

プレミアムアンダーロングスリーブ

腕をもっと涼しく、日に焼かない。

半袖ジャージに組み合わせるタイトフィットのアンダーシャツ

袖部分には涼しく日焼けを防ぐコールドブラック素材を採用。

ジャージの下に重ねて着用し、日焼けを防ぎます。

クールフィットドライUVロングスリーブ

日焼けを防ぐ袖のUV素材。

半袖ジャージの下に重ねてドライに。直接日差しの当たらないヒジ側は涼しいメッシュ仕様。

大量に汗をかく自転車用に開発された、吸汗性と速乾性を極限まで高めた素材を使用。運動時にかいた汗を素早く吸収し、乾かす。ベタつき感がなく、肌は常にサラッと快適。

ヒートテックセンサー ハイネック ロングスリーブ

0℃帯の極寒対応インナーウェア。

前面に防風素材を重ねた仕様で冷気をブロックする、厳冬期に最適なハイネックアンダーウェア

吸った汗をすぐに乾かし汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる素材「ヒートテックセンサー」を採用。

風の当たる前面は、防風性の高い「タフレックス」と発熱して暖かい「ヒートテックセンサー」を二重にして保温性がアップしています。

ヒートテックセンサー ロングスリーブ

5℃帯の冬季対応アンダーウェア。

ラウンドネックから丸首になった事で、首まわりをより暖かく、保温性がアップ。

吸った汗をすぐに乾かし汗冷えを防ぐと同時に、発熱して暖かさを持続させる素材「ヒートテックセンサー」を採用。

軽く柔らかな着心地とソフトな伸縮性で優しく身体にフィット。また、普段着としても使える冬の必須アイテムです。

ウォームフィットドライ アンダー

15℃帯対応のアンダーウェア。使い勝手が良いアイテムですね。

ソフトな肌触りと抜群の伸縮性。多くの汗をかいても汗冷えしにくい吸汗速乾性に優れた秋冬向けアンダーです。

様々なシチュエーション、長いシーズンを着まわせるおすすめのアイテムです。

メッシュ アンダー ブラ

スポーツブラとアンダーウェアの重ね着によるムレ感を解消させるため、ブラとアンダーウェアを一体化した高機能スポーツインナー。

メッシュ編みを部分的に配置し、ソフトな肌触りと優れたストレッチ性で動きやすく心地よいフィット感を実現。締め付け感がないので快適な着心地が持続します。

自転車用インナーウェアまとめ

保温性のほかにも、防風性を持つようなアイテムなど、高機能なアンダーウェアが揃っていました。実はアンダーウェアにも多くの商品展開があったんですね。

走る時期にもよりますけど、一年をとおして使える15℃帯のほかに、10℃帯あたりの防風性能を持つインナーを一着持っていれば便利かも。

ウインドブレーカーとの組み合わせも、防寒対策に役立ちそうです。

多くの方が同様でしょうけれど、僕は春や秋の涼しい季節にサイクリングするのがすごく好きです。特に4月に入ったばかりの春や、12月初旬ま...

繰り返しますが、アンダーウェアは長時間肌に直接触れているもの。

寒くなったり重くなったりでは、せっかくの楽しいサイクリングが台無しになってしまいますので、しっかりとコンディションを維持できるものを選びましょう。

20170215追記 2つのアンダーウェアについて書きました

昨日、アンダーウェアについての記事を書きました。 いろいろと調べていたら、 「かっこいいなー」「便利そう...