琵琶湖一周サイクリング。通称ビワイチ

ロードバイクを趣味にすると、自転車乗りが行きたい場所のひとつとして挙がる、サイクリングの名所です。

 

自転車で琵琶湖を1周、約200kmなんて、初心者にはハードルが高く、尻込みしてしまう長距離ですが、心を決めて、行ってきました!

 

すると、実は琵琶湖畔は高低差もなく、道に迷うこともなく、すごく快適に走ることができました。

もっと早く来れば良かった!と思ったほど、素敵なサイクリング。

一周にこだわらなくても、分割して楽しむこともできますので、ロードバイクの初心者にもおすすめです!

 

関連記事>>>ルート・山道・所要時間は?ビワイチ初心者が不安だったポイントを解説!

 

マキノの「メタセコイヤ並木」

 

マウンテンシティ

琵琶湖一周ビワイチサイクリング コースログ

琵琶湖は堅田と守山を結ぶ琵琶湖大橋で、北湖と南湖に分かれています。

一般に「ビワイチ」というと、琵琶湖大橋を渡って北湖一周を回ることを指す場合も多く、この場合のビワイチの走行距離は、150km。

 

北湖に加えて、南湖一周50kmを含めた琵琶湖の外周全部を走る場合は、193kmの「フルビワイチ」とも呼ばれます。

 

スポンサーリンク

1日目 ビワイチのスタートは石山駅から

「ぐるっとびわ湖サイクルライン」の起終点・石山-守山

石山駅

フルビワイチのサイクリングは、石山駅からスタートです。

石山駅の近くには「瀬田の唐橋」があり、ここが「ぐるっとびわ湖サイクルライン」の起

ぐるっとびわ湖サイクルラインの起終点「瀬田の唐橋」

 

瀬田の唐橋をわたると、すぐに琵琶湖沿いの湖岸道路「さざなみ街道」に入ります。

琵琶湖沿いの湖岸道路「さざなみ街道」

 

ここから米原・長浜を超えて木之本の手前までは、70kmものあいだ、ずーっと平坦な広い道

車道と区切られた自転車・歩行者専用道なので、道に迷うこともなく、快適に進めます。

琵琶湖沿いの湖岸道路「さざなみ街道」

 

琵琶湖大橋

琵琶湖大橋が見えました。ここが南湖と北湖を分ける地点ですね。

琵琶湖大橋を1.4km渡った先の堅田まで、150kmかけて自転車で走ることになります。

琵琶湖大橋を望む

 

守山‐長浜

琵琶湖マリオットホテル(旧・ラフォーレ琵琶湖)

 

琵琶湖大橋を過ぎ、琵琶湖マリオットホテルから長浜までは、以前に走ったことがあるルート。

最近、びわ湖マリオットホテルの向かいには「サイクリストの聖地」なる不思議な記念碑が設置されました。

「サイクリストの聖地」碑

 

長浜までの50kmは、以前の記事「レンタサイクルで琵琶湖をゆるり!ビワイチ気分の日帰りサイクリング」に写真を多く掲載していますので、この記事では一気に進みましょう。

 

長浜‐木ノ本‐マキノ‐近江塩津

長浜を超えると、山が近く見え始めます

長浜を超え、自転車道は続きます

 

長浜を過ぎると、山の景色が近づきます。

それでも、ルートを示す青い矢印はしっかりと整備されており、道に迷う心配もなく、安心して進むことができます

木之本近く。サイクリングロードを示す青い矢印

 

木之本で寄り道。つるやパン

木之本で少し寄り道して、おやつにします。

木ノ本駅近くの有名なパン屋さん、「つるやパン」。

つるやパン

 

名物の「サラダパン」は、コッペパンの中に、なんとたくあんとマヨネーズ!

丸い食パンに魚肉ハムとマヨネーズだけの、シンプルな「サンドウィッチ」も外せません。

「サラダパン」と「サンドウィッチ」

 

湖北のトンネルを抜けると、ビワイチの最高地点

木之本を過ぎると、永原に向かう湖北には、ビワイチ唯一の山があります。

(といっても、最高標高地点は150m。それほど険しい山道ではありません。)

賤ヶ嶽隧道(しずがたけずいどう)への道

 

ガイドブックによれば、この「大音交差点」から新道と旧道があり、新道は交通量も多く自転車では走りにくいため、旧道を使うこと、とアドバイスがあります。

道が分かるかな?と不安だったのですが、ばっちり案内看板が設置されていました!

大音交差点

 

旧道の坂道を上り、山を越えます。(繰り返しますが、険しくはないです)

ただ、トンネル(賤ヶ嶽隧道(しずがたけずいどう))が暗くて長くて怖かった!!!

出口が見えているはずなのに、ライトの光量が足りず、闇に包まれるんですよ…

賤ヶ嶽隧道(しずがたけずいどう)

 

トンネルを抜けた場所が、絶景のビワイチ最高地点です!

賤ヶ嶽隧道(しずがたけずいどう)を抜けた、ビワイチの最高地点

 

山を越えたあとは、ふたたび、走りやすい平地に戻ります。

青い矢印に導かれ、ペダルを回します。

サイクリングロードを示す、青い矢印

 

マキノのメタセコイヤ並木

永原を過ぎ、春には湖畔沿いに桜のトンネルが名所となる、梅津大崎

梅津大崎を進んだ先にある、マキノで寄り道します。

梅津大崎

 

ルートからは少し外れてしまいますが、ぜひとも寄りたい名所が、マキノの「メタセコイヤ並木」です。

この景色が見たかったんです!

マキノの「メタセコイヤ並木」

 

スポンサーリンク

近江塩津で一泊

一日目の夜は、サイクリストに嬉しいホテル「今津サンブリッジホテル」に宿泊。

 

この「今津サンブリッジホテル」さん、なんと室内にまでロードバイクを持ち込むことが可能なんです。

愛車と一緒に眠れる、安心と幸せ!

今津サンブリッジホテル室内

 

参考記事>>>部屋まで自転車持ち込みOK!ビワイチにおすすめ「今津サンブリッジホテル」

 

2日目 再び、スタート地点の石山を目指します

近江塩津-高島-堅田

近江塩津からも、快適な湖畔沿いの道。

並行してバイパスと国道が通っているため、湖畔沿いのビワイチルートは静寂そのものです。

琵琶湖畔

 

湖東よりも湖西のほうが、のどかで雄大な自然の景色を見ながら走れます。

気持ちいいー!

湖西の山の景色

 

近江高島でバイパス・国道と合流すると、ぐっと交通量が増えるので、ここは要注意!

白髭神社周辺の道

 

湖に鳥居が立つパワースポット、白髭神社で気力を注入。

白髭神社の鳥居

 

北小松からは、「びわ湖レイクサイド自転車道」が始まり、ふたたび走りやすい専用道に。

びわ湖レイクサイド自転車道

 

ついに、堅田まで来ました!琵琶湖大橋!

琵琶湖大橋

 

いよいよゴール!堅田-石山・瀬田

琵琶湖大橋を過ぎると、一般道を走ることになります。

特に浜大津は都会の大通りですので、この区間は交通量も多く、走行に気を使いました。

これが、ビワイチは琵琶湖大橋を渡る北湖一周をおすすめするという理由です。

 

そして、ついにゴール!

琵琶湖を一周して、再び、石山・瀬田の唐橋に到着!

瀬田の唐橋

 

フルビワイチを走ってみた感想

ガイドブックで事前情報は調べていきましたが、やはり初めてのチャレンジはドキドキするものですね。

いざビワイチを走ってみての感想は、「すごく楽しかった!」です。

 

関連記事>>>ルート・山道・所要時間は?ビワイチ初心者が不安だったポイントを解説!

 

  • 一周をつうじて、琵琶湖畔はすごく平坦。北部の山も、150m程度とあっという間!
  • 一周をつうじて、青いルート案内の矢印が整備されている。スマホの地図で、何度か現在位置を確認したものの、持って行ったサイクリングマップは一度も見ずに走れた
  • 湖西の一部は交通量が多いものの、ほとんどは自転車・歩行者専用道、もしくは交通量の少ない広い道路なので、快適に走ることができた。
  • フルビワイチ193kmは、走行距離も、南湖周辺の交通量も、負担が増える。北湖150kmビワイチを、1泊してサイクリングするのが良い感じ

 

いやいや、一泊しても、150kmなんて長すぎるよ!という方も大丈夫。

琵琶湖の周りにはJRの琵琶湖線(東側)と湖西線(西側)が走っていますので、疲れたらすぐにエスケープができるんですよ。

短距離だけでも、ぜひ一度は体験していただきたいと思います。

 

これにて、ビワイチサイクリング、走破です!

あー楽しかった!

 

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう