自転車セール情報更新中!

【家族旅行でしまなみ海道】子ども連れでサイクリングを楽しむコースを紹介

しまなみ海道の生口島をサイクリングする子供

瀬戸内海に浮かぶ島々を7つの橋で結んだ「瀬戸内しまなみ海道」。

青い海と緑豊かな島がおりなす風景を走ることができるサイクリングコースとして有名です。

家族で走ってみたいな、と旅行先に選ぶかたも多いのではないでしょうか。

そこで悩むのが、自転車でサイクリングする区間と距離。

この記事では、子ども連れの家族旅行で、しまなみ海道サイクリングを楽しめるコースを2つ紹介します。

子ども連れでサイクリングを楽しめる距離は10km程度

しまなみ海道は広島県尾道から愛媛県今治まで70km以上あり、ぜんぶを走ろうとすると、かなりの時間と体力が必要です。

まだ子どもが小さくて、特に初めての長距離なら、一区間を安全に楽しみましょう。

  • 子どもは小学校の低学年くらいと想定
  • 自転車はレンタサイクル
  • 体力的に「疲れたけど楽しかった!」と思い出に残る距離

このような前提だと、ちょうどいい距離は10㎞くらいですね。

高学年くらいになれば、走破を目指して35km×2日なども良さそう。

また、子ども連れではスピードは出しませんので、平均時速は10km/hで考えておけば良いでしょう。

大三島・多々羅しまなみ公園~生口島・瀬戸田(10km)

まず1つ目は、大三島「多々羅しまなみ公園」~生口島「瀬戸田」を走るコース。

多々羅大橋への登りが疲れますが、橋からの景色が良く、生口島はフラットで走りやすいです。

僕が行った大阪からの旅程

オレンジフェリーで大阪南港を夜に出発し、愛媛の東予港に翌朝に到着。

愛媛東予港に入港したオレンジフェリー甲板からの景色

今治まで移動し、しまなみ温泉喜助の湯で朝ごはん+朝風呂を味わったあと、

今治駅外観
今治 しまなみ温泉喜助の湯入口

今治駅前からバスに乗車して、大三島BSまで移動します。

しまなみ海道バス 松山今治大三島線

今治~福山しまなみライナーは、今治から乗ると大三島BSでは下車できません。
松山・今治~大三島線に乗りましょう。

大三島BSすぐにある「多々羅しまなみ公園」でレンタサイクルを借ります。

しまなみ海道大三島 多々羅しまなみ公園

多々羅しまなみ公園からは、多々羅大橋を渡って景色を楽しみながら、生口島の瀬戸田までをサイクリング。

しまなみ海道生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋
しまなみ海道の生口島をサイクリングする子供

瀬戸田の瀬戸田港から、フェリーで尾道に帰ります。

移動の船旅も思い出のひとつにしてしまいましょう。

しまなみ海道のフェリー 尾道~生口島(瀬戸田)航路マップ
しまなみ海道生口島 瀬戸田港
サイクルシップラズリのデッキ

前日の夜に出発し、夕方には家に帰る、盛りだくさんの旅程です。

他にも、日帰りもできる旅程で

  • 福山駅から大三島BSまでバスに乗り、瀬戸田までをサイクリングして、フェリーで尾道へ
  • 尾道からフェリーで瀬戸田に渡り、大三島までをサイクリングして、バスで福山へ
    福山行きのしまなみライナーは、大三島BSから乗ることはできます

などを組むこともできますね。

サンライズ糸山~来島海峡大橋~よしうみいきいき館(7km)

2つ目のコースは、今治・サンライズ糸山~大島・よしうみいきいき館まで、来島海峡大橋をメインに楽しむコース。

橋からの景色がすばらしい、ハズレのない区間です。

僕が行った大阪からの旅程

今治までは同じくオレンジフェリー。

交通の拠点となる今治駅からサンライズ糸山までは6kmほどの距離があります。

今治駅から自転車で走っていくと、来島海峡大橋に着くころには少し疲れぎみかも。

家族旅行なら、

  • サンライズ糸山まで直接タクシーで行くか(2,030円でした)、
  • 今治駅から路線バス「小浦・大浜行き」に乗って「展望台入口」で下車すれば目の前です。

https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/access/imabari.html

サンライズ糸山でレンタサイクルを借りて、

今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山 正面
今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山からの来島海峡大橋

サンライズ糸山から来島海峡大橋を渡って、大島の「よしうみいきいき館」までの走行距離は7km。

しまなみ海道 来島海峡大橋の橋上の景色
しまなみ海道 来島海峡大橋 大島側

よしうみいきいき館にはレストランもあるので、家族連れでも入りやすいです。

しまなみ海道大島 よしうみいきいき館
しまなみ海道大島 よしうみいきいき館のレストラン

もう少し時間があるなら、来島海峡大橋を目の前に見ることができる、糸山展望台に行くのもおススメです。

糸山公園来島海峡展望館

よしうみいきいき館で自転車を返したあとは、松山・今治~大三島線が停車する「亀山」バス停まで歩いてバスに乗車。

大三島BSを経由して、しまなみライナーで福山から帰りました。

来島海峡大橋はしまなみ海道を代表する絶景です。

旅程がやや細かくなるものの、「前に行った生口島の海が楽しかった!また走りに行きたいな!」という2回目のチャレンジにぴったり。

思い出に残る旅行にしたいですね

きれいな景色の中を自転車で走るというだけで、すごく記憶に残る、しまなみ海道のサイクリング。

どこでも、少しの距離でも楽しむことができます。

家族旅行では70kmの走破が目的ではありませんので、ゆっくりと安全第一で楽しみましょう。

途中で疲れたら休憩して、バスに乗って切り上げるのも、楽しい思い出になりますよ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)