先日の記事「輪行の必須アイテム、軽量でコンパクトな輪行袋を比較してみた10選!」を調べたさいに、輪行袋には、縦型と横型があることを知りました。

 

僕が初めて輪行に行くときに購入したのが、オーストリッチの輪行袋「ロード320」。

オーストリッチのサイトにも定番と書かれているので、初めての買い物だったので深く考えずに購入しました。

そのロード320から、L-100、SL-100と、同じオーストリッチで選んできているので、横型があるということを知らなかったんです。

 

さて、縦型輪行袋のほかに横型があると知ったなら、思ってしまいますよねえ。

 

違いはなに?って。

 

比較するために、横型輪行袋も購入してみました

 

比較対象の縦型・横型輪行バッグ

縦型輪行袋代表 オーストリッチ SL-100

横型輪行袋代表 モンベル コンパクトリンコウバッグ

「輪行バッグ」ではなく、「リンコウバッグ」というカタカナが正式名称です。

いろいろ比較してみよう

輪行袋のサイズ

まずは輪行袋本体の大きさから。

写真を見てのとおり、収納後の本体サイズはそれほど変わりません。

オーストリッチSL-100は少し太くて短く、モンベル コンパクトリンコウバッグは少し細くて長く見える程度です。

輪行袋の重量

次に、輪行袋本体の重さ。

オーストリッチ SL-100(縦型) モンベル コンパクトリンコウバッグ(横型)
重さ 200g 297g

 

100gの差はありますが、持ち歩いていて気になるほどの差ではありません。

ロードバイク梱包後のサイズ

ロードバイクを梱包したときのサイズ。

これは乗っている自転車それぞれによって違いますが、例として、僕の自転車を梱包時の状態にして、メジャーで計ってみました。

縦型 横型
横幅 92cm 113cm

 

横幅のサイズの差は、20cmほど

手のひら一つ分くらいの差があります。

これを大きいと見ると小さいと見るか?

縦型用

縦型用・横幅92cm

 

横型用

横型用・横幅113cm

電車内に持ち込んだ時のイメージ

縦型は、ちょうど二人席くらいの幅。

 

横型は、二人席からはみだし、通路にまでかかってしまいます。

 

座席が横長の電車だと、通路にかかる長さがすこし目立ってしまいそう。

縦型・横型それぞれのメリット・デメリット

縦型 横型
メリット 横幅が短いため、コンパクトでジャマにならない エンド金具が不要。

車体を逆さにするだけなので、輪行袋に梱包するまでの手間がかからない

デメリット エンド金具を装着するひと手間がかかる

エンド金具を忘れたら輪行ができなくなる。

横に長いため、混んでいる電車の中でジャマになりやすい

上からかぶせる方法のため、袋に底が無い(※)

 

(※)で示したデメリットが何かというと、コンパクトリンコウバッグは、ロードバイクの上からかぶせる方法のため、輪行袋の底はありません。

よって、移動途中に、自転車から何か部品が落ちると、気づかずにそのまま無くしてしまう可能性があります。

チェックはしっかりと!

 

↓実際にやらかしました。焦りました…

どちらの輪行袋を選んでも、結局は慣れ!

輪行袋本体の収納サイズと重さは気にしなくても良いですが、ポイントとなるのが、「梱包までの手間と時間」「梱包後のサイズですね。

 

ただ、結局は慣れです。

縦型のエンド金具を装着する時間も、慣れればあっという間に終わります。

横型の梱包後のサイズも、動き方に慣れれば、それほど気にすることもなくなるのでしょう。

 

では、僕がどうするかというと、これまでの輪行で慣れているというのが一番大きいのですが、やはり電車の中で邪魔にならないこと。

 

あと一つ、横型は梱包のさいに、フレームをタイヤで挟んだあと、どうもうまく固定できなかったんですよ。これも慣れでしょうけれど

移動のあとに梱包を解いたら、固定がずれて、いろんな箇所に負荷がかかってしまっていました

 

ということで、僕は「縦型」のまま行きます!

 

今から輪行袋を選ぶ方は、この記事のようなポイントがありますので、参考にしてください。

ほかにも輪行袋の関連記事あります

輪行に向けて自転車を持ち運ぶ方法。手順は分解・固定・梱包の3つだけ!

輪行の必須アイテム、軽量でコンパクトな輪行袋を比較してみた10選!

【小技】輪行袋に入れるロードバイクの梱包を、ストラップより早く強固にするアイテム

【小技】エンド金具の高さが足りない?たった2cm高くなった新型がイイ!

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう