小豆島寒霞渓ヒルクライム アイキャッチ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

小豆島の代表的な景勝地、寒霞渓(かんかけい)

 

小豆島のほぼ中央にあり、約1300万年前の火山活動による岩塊が、長い年月の地殻変動や風化・侵食によって創りあげた絶景の渓谷です。

 

展望台まで上がる景色の良いロープウェイが有名ですが、寒霞渓は自転車乗りにも人気のヒルクライムスポット

自転車で距離15km、高低差612mの坂道を走りました!

 

関連記事>>>【小豆島一周】自転車で「マメイチ」サイクリング走ってきた!

 

寒霞渓までのルートは4ルート

小豆島の内陸部・寒霞渓までは4つのルートがあり、今回は南側・草壁港からのルートを選択。

南ルートは距離は15km、平均勾配は6%で、偶然にも、4つのルートの中ではもっとも勾配がゆるめのルートだったようです。助かった

 

南ルートで走ったコースはこのとおり。

 

寒霞渓の展望台がある、ロープウェイ山頂駅の標高は612m。

小豆島 寒霞渓の高低差

 

じつは小豆島の最高峰は寒霞渓ではなく、少し手前の星ヶ城(ほしがじょう)山。

寒霞渓に向けては、最後は少し下り坂を走ることになります。

 

南ルートで寒霞渓ヒルクライムに挑戦

小豆島の南側、草壁港近くの草壁本町交差点から寒霞渓に向かいます。

小豆島 草壁港

草壁港

 

 

しばらくは市街地かと思いきや、意外に早くドカンと上る坂道が見えました。

うわぁ…一気に上がってる…

小豆島 草壁本町近くの寒霞渓への道

 

 

すぐに高度は上がり、こんな景色に。

寒霞渓の内海ダムから見る街並み

 

良い写真が撮れたポイント、内海ダム

小豆島寒霞渓 内海ダム

 

寒霞渓への道は、まだまだ始まったばかり。

小豆島寒霞渓 内海ダム前の道路

 

斜度は低いというものの、延々と上り坂が続くのは疲れます。

ひたすら歩いてました

小豆島寒霞渓の坂道

 

ロープウェイ紅雲亭(こううんてい)駅への分岐点。

ロープウェイ紅雲亭駅への分岐点

 

少し道をそれて、寒霞渓ロープウェイの紅雲亭駅。

時間が足りない場合は、ここで左折して一気にロープウェイで展望台まで行くのもアリだと思います。

小豆島 寒霞渓ロープウェイ 紅雲亭駅

自転車そのままの乗車は1名分の運賃がかかりますが、輪行袋は100円です。

 

ロープウェイの駅を過ぎて後半戦

ロープウェイに乗ってしまいたい気持ちを抑え、分岐を直進!

まだまだ上ります。

小豆島 寒霞渓への上り坂道

小豆島 寒霞渓への道路からの街並み

 

遠くまで見える坂道に心が折れます。

坂嫌いにこういう景色はダメだあ(笑)

小豆島 寒霞渓への長い坂道

 

頂上まで舗装路は続いていますが、急にうっそうと茂った森の中を走っている感じに変わりました。

小豆島 星ヶ城の道路

 

上ってきた道路を振り返ると、えらいとこ来ちゃったなあと実感。

小豆島 寒霞渓のつづら折りの道路

 

ちからを振り絞って登りつづけ…ついに!

 

広い場所に出た!建物も見える!

寒霞渓の駐車場に到着ー!

小豆島 寒霞渓の駐車場

 

なんと、自転車ラックもあります。

自転車での登頂は歓迎されているようです(笑)

小豆島 寒霞渓のサイクルラック

 

ロープウェイならすぐのところ、ひたすら上りをがんばりました!

小豆島 寒霞渓ロープウェイの山頂駅

 

展望台へ進み、ご褒美はこの景色!

小豆島 寒霞渓の展望台

小豆島 寒霞渓からの景色

 

ご褒美は絶景!走りごたえのある寒霞渓ヒルクライム

有名な寒霞渓からの景色を、この目で見ることができました!

  • 標高612m
  • 距離15km
  • 平均勾配6%

長い坂を登りきったご褒美は、瀬戸内海の絶景です。

 

15kmと言えば、平坦な道を走ってもそこそこの距離。

それがずっと登り坂です。

 

かなり体力を削られるため、しっかりと体調を管理することが必要ですが、登り切ったときの喜びは言い表せないほど!

挑戦のしがいがありますよ!

 

寒霞渓頂上のカレーライス

頂上でのごはん、めっちゃ美味しかった!

 

小豆島のホテルを探すならこちら
あわせて読みたい

【小豆島一周】自転車で「マメイチ」サイクリング走ってきた!

ルートや難易度は?小豆島一周マメイチ初心者が知っておきたいポイントを解説!

【小豆島へのフェリー一覧】小豆島へアクセスできる6つの港と9航路を整理した

【ジャンボフェリー乗船記】神戸からニャンコに乗って小豆島に行ってきた!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう