自転車セール情報更新中!

【ジャンボフェリー乗船記】神戸からニャンコに乗って小豆島に行ってきた!安くてラクラク夜行フェリーの旅

ジャンボフェリー特別ペイント ニャンコフェリーアイキャッチ

小豆島へ向かうため、ジャンボフェリーに乗ってきました。

https://shoudoshima-ferry.co.jp/

ジャンボフェリーの神戸‐小豆島航路は、平日は一日3便、土休日は一日4便と充実した本数。

そのうち、午前1時発の夜行便があります。

日中は3時間強で神戸と小豆島を結んでいますが、夜行便は朝までゆっくり。

のんびりラクラクの小豆島までの船内をレポートします!

関連記事>>>「小豆島一周」自転車で「マメイチ」サイクリング走ってきた!

ジャンボフェリーはニャンコフェリーに

ジャンボフェリーは運航開始50周年を記念して、ニャンコフェリーになりました。

「ニャンコ?なんで猫?ジャンボの打ち間違いじゃないの?」

と思うでしょうが、このとおりニャンコです!

ジャンボフェリー(ニャンコフェリー)の外観

かわいいいいい!

公式サイトもニャンコ

公式サイトまでニャンコです。

ジャンボフェリー公式サイト ニャンコフェリーのロゴ

小豆島ジャンボフェリー「公式サイト」

神戸~高松間のカーフェリー、「ジャンボフェリー」の運航がスタートした1969年(昭和44年)から、今年で50周年を迎えます。

初代の船「こんぴら」「りつりん」(2,800総㌧)が、当時、世界最大の双胴型フェリーだったので「ジャンボフェリー」の愛称を使用していました。

ところが、時代の流れと共に長距離フェリーの大型化が進み、今となっては、なぜ、「ジャンボ」なのか判らなくなってしまいました(汗)

そこで、「ジャンボ」を思い切って「ニャンコ」に変更し、愛称を「ニャンコフェリー」に改名しました(笑)

ジャンボフェリー50周年記念ペイント・フェリー運航

どうしてそっちに思い切ったのか分からないけど、かわいいから良し!

ジャンボフェリー(ニャンコフェリー)の拡大
にゃーん

ジャンボフェリーの出航は神戸三宮港から

神戸三宮フェリーターミナル外観

ジャンボフェリーが出航する神戸港(神戸三宮フェリーターミナル)は、三宮が最寄りです。

ビル一階のフェリー切符窓口でチケットを購入。

一般旅客(徒歩客)の運賃は1,990円。これに深夜便料金+500円、土休日ダイヤ料金+500円。

小豆島まで3,000円以下で行けるんですね。

安っ!

今回は自転車のまま乗り込むため、駐車場入口の係員さんに、行き先の札をもらいます。

神戸三宮フェリーターミナル 駐車場の係員詰所
ジャンボフェリー乗船時の自転車の行き先札

深夜24時、乗るフェリーが入港してきました!

神戸港に到着するジャンボフェリー

ジャンボフェリー(ニャンコフェリー)に乗船!

自転車で正面から乗船しました

乗った船は神戸港を午前1時に出航し、明朝に高松を経由して小豆島・坂手港に到着する深夜便。

徒歩客はターミナルビルの渡り通路からフェリーに乗ります。

ジャンボフェリーと乗降用通路

自転車は、輪行袋に梱包すれば手荷物扱いで無料で乗船できます。

僕はどうしてもニャンコのくちから入りたかったので、自転車乗船料を払って正面から乗船しました!

ジャンボフェリーの正面乗船口

https://twitter.com/take_jiterin/status/1286459625336758272?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1286459625336758272%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ftrain-cycling.com%2Fjumbo-ferry%2F

自転車は車両甲板のサイクルスタンドに固定。

ジャンボフェリーの車両甲板

階段を上り、船内へ入ります。

ジャンボフェリー 車両甲板から船内への階段

ジャンボフェリーの船内

階段を上がり、船内に入ったところにはキャリーバッグ置き場。

自転車も写っていますね。

ジャンボフェリーの荷物置き場

船内の全体像はこんな感じ。

手書きの味わいのあるイラストですが、「ニャンコ」ということは、2019年に描かれたよう。

ジャンボフェリー船内解剖図イラスト

ゲームコーナーもあり、気分転換に遊ぶこともできます。

ジャンボフェリーのゲームコーナー

荷物を置きに客室へ行きましょう。

ジャンボフェリーの船内階段

客室

メインの客室は

  • 和室(カーペット席)
  • 洋室(イス席)

このフェリーは夜行便のため、寝ころがれる和室に入りました。

奥の部屋が和室。客室内での写真は遠慮しました。

部屋の名前が「2等客室」なのは、かつての客室等級のなごりでしょうか。

ジャンボフェリー2等客室入口

和室はいわゆる雑魚寝(ざこね)部屋。

カーペットの空いているところにスペースをとり、夜はごろりと横になって就寝します。

2020年7月時点では、乗客が横並びにならないよう、テープで区分けされていました

布団やまくらは無いので、ブランケットがあればすごく便利です。

深夜・早朝営業のうどん屋&お土産コーナーもあります

自宅で晩ごはんを食べてから出かけたのですが、深夜1時にもなるとお腹がすきます。

飲料や軽食の自販機もありますが、魅力的なのが船内のうどん屋!

深夜のうどんが超うめえ!

うどんコーナーの横にはお菓子やお土産のコーナーもあります。

ジャンボフェリーのうどん屋と土産コーナー
https://twitter.com/take_jiterin/status/1286589185734987777?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1286589185734987777%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ftrain-cycling.com%2Fjumbo-ferry%2F

明朝に高松を経由して、小豆島に到着

経由する高松に近づいたころ、瀬戸内海の朝焼け。

ジャンボフェリーから見る朝焼け

うとうとしていたところ、高松への入港を知らせる歌が流れます。「二人を結ぶジャンボフェリー」

ジャンボフェリー高松東港の風景

高松からも出発し、いよいよジャンボフェリーでの船旅も終わり。

小豆島への入港時はSTU48の「瀬戸内の声」が目覚ましです。

小豆島、坂手港に到着!

小豆島 坂手港

安くて気軽!小豆島は行きやすかった

日中は3時間強、夜は深夜に出港して早朝に到着と、小豆島までがこんなに行きやすいとは知りませんでした。

しかも徒歩なら土休日の夜行便でも3,000円以下という安さ。

初めて行った小豆島は一泊二日では足りない、行きたいところが盛りだくさんの島でした。

もう一度ジャンボフェリーで、もう一度小豆島に行きたい!

小豆島のホテルを探すならこちら
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)