SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VRのイメージ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

僕の自転車生活のメインは、電車や飛行機でロードバイクを運ぶ「輪行(りんこう)」です。

サイクリングの途中には、観光もするし、食事にも寄るので、歩きやすい靴が大前提。

 

2代目のロードバイクに乗り換えるタイミングで、SPDのビンディングペダルを装着しましたが、旅先で歩きまわるのは変わっていません。

 

初めてSPDシューズを選ぶにあたって選んだのは、「GIRO RUMBLE(ジロ ランブル)VR」。

 

スニーカーライクなルックスに、SPDペダル対応と、グリップに優れた歩行性を持った万能シューズです。

 

関連記事>>>【SPD/ビンディングシューズ】スニーカーのようにカジュアル!ロードバイクでも歩きやすいのが魅力的

 

ジロ ランブル VR|スニーカーにしか見えないSPDビンディングシューズ

GIRO RUMBLE(ジロ ランブル)VRのいちばんの特徴は、スニーカーにしか見えないカジュアルなデザイン。

SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VR

 

靴底にはしっかりクリート。(ペダルとシューズを固定する金具)

このルックスで、高性能なSPDシューズなんです。

SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VRのイメージ

 

ジロ ランブル VRは走りやすいし歩きやすい

GIRO RUMBLE(ジロ ランブル)VRはカジュアルな見た目に加えて、

 

  • 自転車での走りやすさ
  • 降りてからの歩きやすさ

も万能なシューズ。

 

自転車の走りやすさ

SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VRの拡大写真

 

足の甲(アッパー面)は、柔らかく通気性に優れたクッション感。履いていてすごく気持ちいいです

靴底はガッチリと固いソールで、ペダリングの力を逃しません。

 

かかとも固く深めになっており、ペダルを回す安定感があります。

引き足の際にも、浮いてしまうような不安はありません。

 

クリートの取付け部も、細かな位置調整が可能です。

 

街の歩きやすさ

SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VRの裏面

 

GIRO RUMBLE(ジロ ランブル)VRの靴底は、登山靴やブーツのソールとしておなじみのビブラムソール

自転車だけでなく、歩きやすさも追求したモデルです。

 

ビブラムソールとは、ソール専門メーカーのイタリア・ビブラム(Vibram)社製の靴底のこと。

もともと登山用のソールとして開発されているので、滑りにくく、耐久性に優れています。

 

歩きやすい秘密は、靴底とクリートのバランスにもあります。

クリートが出すぎていないため、地面に当たってカツカツ音がすることがありません!どこでも気軽に歩ける、嬉しいポイントです。

 

ジロ ランブル VRの感想

SPDビンディングスニーカー ジロ ランブル VRの正面

 

自転車に乗る時間に加えて、輪行では移動時間のほうが長いときもあります。

スタート地点まで4時間以上などもあります

  • どこにでも履いていけるスニーカーのようなルックス
  • しっかりとペダルを回せるSPD
  • 自転車に乗っても降りても快適な靴底とクリート

 

サイクリングは全部おまかせの、かっこいいし歩けるSPDのスニーカー!

いい買い物しました!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう