【小技】輪行袋に入れるロードバイクの梱包を、ストラップより早く強固にするアイテム

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

前回はロードバイクを分解・固定して、輪行袋に梱包する手順を紹介しました。

輪行に向けて自転車を持ち運ぶ方法。手順は分解・固定・梱包の3つだけ!
今回の話題は、「輪行」について。 輪行とは、自転車をサイクリングする現地まで持ち運ぶこと。 一般的に「輪行」とだけ言う場...

僕が使っている輪行袋はオーストリッチのL-100で、

輪行袋に入れるときに自転車を固定する方法としては、自転車のフレームを、外した前輪と後輪のタイヤで挟み込んで倒れないようにするタイプです。両輪とも外すタイプでも、タイヤ用のポケットとかがある輪行袋もあります

その「自転車のフレームを、外した前輪と後輪のタイヤで挟み込んで倒れないようにする」方法ですが、L-100の場合、フレームとタイヤを固定するためのストラップ(中締めベルト)が付属しています。加えて、フレームにひっかけて、肩にかけて持ち上げる用のショルダーベルトも付属。

ところがこの中締めベルト、結構緩んでしまうんですよねえ。

スポンサーリンク

ストラップが緩んで、フレームとタイヤがぐらぐらする!

輪行袋に付属している中締めベルトはこんなの。

コネクタに通して折り返して固定するタイプです。

dsc03427

ところがこのストラップ、いくらしっかり縛り上げて固定したつもりでも、持ち運んでいるときの振動や上げ降ろしの衝撃で、結構ゆるんできます

そうなるとタイヤがぐらぐらしてバランスは崩れるわ、ギアや部品が当たるわと、スムーズな輪行にはなりません。

移動しているときにも、緩んでないかな?と気になって確認して、緩んでいたら締めなおして…と、気も使うし時間も使っていました。

それを防止するために、こんなのが便利なんですよ!という(地味な)小技のご紹介。

長いマジックテープが大活躍!フレームとタイヤも緩み知らずで安心

付属している中締めベルトに代えて僕が使っているのは、「長いマジックテープ」です。

ホームセンターなどで売ってるくらいに身近に手に入れることができますが、カンタンだし頑丈だしコンパクトで便利なんです。

長いのを選べばぐるっと巻いても余裕で足りますし、横からの力にもすごく強いので、これに変えてからはゆるみ知らず!

初めて知ったのですが、マジックテープとベルクロって同じものだったんですね。一般名称は面ファスナー。

ちなみにマジックテープがクラレの商標で、ベルクロは海外のベルクロ社の商標です。

マジックテープなら、中締めベルトのようにコネクタに通す必要はありません。グッと引っ張って、そのままペタンでくっつきます。

組み立てるときには、そのままベリベリとはがすだけ。

丸めてしまえばこんなに小さくなるので、荷物の邪魔にもなりません。

dsc03429

ちょっとしたことですけど、効果は絶大なんですよ!

同じような症状に困っておられる方、ぜひ試してみてください。