RICHO THETA(シコーシータ)シリーズ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

ワンショットで、上下左右すべての景色を撮影。

静止画も動画も、ぐりぐり回して全方向を見ることができる360°カメラ「RICOH THETA(リコー シータ)」が楽しかったので紹介します。

 

360度カメラ「RICOH THETA(リコー シータ)」が楽しい!

360度カメラとは、その名のとおりカメラの周囲360°すべての方向の撮影ができるカメラのこと。

全天球カメラ」とも呼ばれており、2枚のレンズでカメラ両面の映像を写します。

360度カメラの2枚のレンズ

 

なお、アクションカメラに多い、レンズ1枚でカメラの前面360°を撮影する「半天球カメラ」も360度カメラ。

名称は同じですが、使い分けのために念のため補足します。

 

RICOH THETA(リコー シータ)ならこんな写真や動画が撮れます

まずはRICOH THETA(リコー シータ)で撮った映像を紹介。

ぐりぐり回して見られるのが楽しいです。

 

静止画

360度カメラで佐田岬半島を撮影! 右に瀬戸内海、左に宇和海が一度に見れます! - Spherical Image - RICOH THETA

 

動画(PCで表示されます)

360度カメラの走行映像!楽しい! - Spherical Image - RICOH THETA

 

SNSで簡単に共有

twitterやfacebookで共有するのも、LINEで送るのもカンタン。

RICOHO THETAはこんなカメラ

360度カメラ リコーシータV ランプ点灯の外観

 

撮影方法は電源を入れて、シャッターボタンを押す。

構える位置を気にせず、ワンショットでOKです。

 

自転車の景色以外にも、飲み会や結婚式や家族の日常に大活躍。

そこにいるひと全員の顔が写り、あなたを取り囲む景色全部を撮ることができます。

 

自撮り棒を使えば、高いアングルからもOK!この写真は自撮り棒を使いました。

撮影ボタンは押しにくいため、スマホと連携させてリモートシャッターで撮影しています。

360度カメラで佐田岬半島を撮影! 右に瀬戸内海、左に宇和海が一度に見れます! - Spherical Image - RICOH THETA

 

特徴

  • 画角や傾き、カメラの設定を気にしなくても、ワンボタンで撮影
  • 軽くて持ち運びやすい
  • 撮りたいときにすぐに撮れる
  • スマホやSDカードが無くても撮影可能

 

一般的なデジカメとの違い

  • データは本体に保存される
  • プレビューは見れない

 

ディスプレイは無いので、スマホと連携させるのが前提ですね。パソコンでも見れます

本体の状態はランプで分かりやすく確認できます。

 

RICOH THETAの外観

手になじむ、もちやすいフォルム。

RICOH THETA V」は落ち着いたメタリックグレー、「RICOH THETA SC2」はカラフルな色が揃っています。

360度カメラ リコーシータVを手に持った大きさイメージ

 

コンパクトな360度カメラと比べると、やや長さが気になるかもしれません。

じつは逆にこの形が使いやすかった!

 

自撮り棒を使わなくても、手で持てるんです。

使い方に合ってるんですね。

 

カメラの正面。

360度の画像なのでオモテもウラもないのですが、こちら側のレンズで撮影した風景が画像のデフォルトになります。

360度カメラ リコーシータV 本体正面

 

カメラの裏面。

中央にあるのはシャッターボタン。片手で握って、簡単に撮影することができます。

360度カメラ リコーシータV 本体裏面ボタン部分

 

カメラのサイドには電源ボタンや静止画・動画のモード切替えボタン。

360度カメラ リコーシータVの横部分

 

底面にはねじ式の三脚穴があります。

自撮り棒やアタッチメントはここで固定。

360度カメラ リコーシータV 底面のねじ部分

 

RICOH THETA VとSC2の違い

VとSC2とも、高画質レンズやスマホとの接続方法に違いはありません。

大まかな特徴をまとめたものが以下の表になります。

 RICHO THETA VRICHO THETA SC2
高画質1/2.3型 12M CMOSセンサー×2
F2.0レンズ
4K動画撮影30fps
5分間の連続撮影3分間の連続撮影
25分間の連続撮影へ切り替え可能-
4ch空間音声対応-
接続方法無線LAN接続/Bluetooth接続
メモリー容量19GB14GB
記録可能枚数静止画約4800枚静止画約3000枚
記録可能時間 動画(最大5分/25分)4k約40分、2K約130分動画(最大3分)4k約32分、2K約115分
電池寿命静止画約300枚、動画約80分静止画約260枚、動画約60分
セルフタイマーあり
重さ121g104g
特徴高速データ転送4colors
プラグイン対応-

RICOH THETA Vの特徴

360度カメラの性能を発揮した上位機種。

SC2に比べてメモリーと電池の容量が少し大きく、たくさんの画像を長時間連続撮影することができます。

 

一回の連続撮影時間が5分間(SC2は3分間)であるところ、25分まで大幅に長くすることができるのもポイント。

車載動画やビジネスシーンで活躍します。

 

長い動画を良い音で撮影できるので、動画メインならこちら。

 

→RICOH THETA V(Amazon)

 

RICOH THETA SC2の特徴

高機能を気軽に楽しめるスタンダードモデル。

4K撮影や高画質レンズなど、基本機能は上位機種と変わりません。

比較的安価に購入できる入門機としておすすめです。

 

104gと軽く持ち運びやすく、本体が明るい4色なのも良いですね。

動画の連続撮影は3分間。日常を撮影するならじゅうぶんな長さです。

 

→RICOH THETA SC2(Amazon)

 

新しい写真の楽しみかた!360度カメラ「RICOH THETA(リコーシータ)」が良いぞ!

通常のデジカメ写真では、写真に収まる範囲が決まってしまい、どうしても写しきれない風景があります。

 

前後左右から上下まで、全方向を見ることができる360度カメラなら、あなたがいる周囲の笑顔や風景すべてを切り取ることが可能

カンタンに共有できるのが楽しいですね。

 

新しい写真の楽しみ方ができるアイテムです!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう