再び、サイクリングする時のレッグカバーの話題です。

前回の記事にて、ロードバイク用のレッグカバーをいろいろと探してみた結果、モンベルの「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」を購入しました。

参考記事>>>【レビュー】モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」。柔らかいけど、太ももに食い込む!

 

「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」の生地は柔らかくて軽く、履いていてすごく心地良いです。

ただ一つ気になる点が、ずり落ち防止のゴムが、太ももに食い込むこと

 

ここで、もう一つ候補に挙がっていた自転車用レッグカバーがあり、それがパールイズミの「コールドブラックレッグカバー」です。

こちらのポイントは太もも上部、ラッセルテープのすべり止め

 

ラッセルテープ式はくいこまず、摩擦でずり落ちを防止するようで、この点はかなり魅力です。

モンベルのレッグカバーを購入してから、期間はそれほど経っていませんが、比較してみようと、こちらも購入してみました!

 

 

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」

特徴

直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ「コールドブラック」の生地を採用。

涼しい着心地と最高水準のUVカット性能で疲労の原因となる日焼けを完全に防止します。

日の当たらない太ももの裏側はメッシュで風通しがよく、携帯性にも優れた高機能アイテムです。

太もも上部はラッセルテープのすべり止めを採用。

柔らかくフィットしてストレスも軽減、ずり落ちる心配もありません。

柔らかそうなすべり止め

 

こちらも前記事のモンベルと同様、「涼しい着心地」と「柔らかくフィット」というポイントをアピールしています。

なかでも今いちばん気になっているのが、「ずり落ちる心配もありません」ということ。期待します!

外観

買ってみました。

 

触ってみると、このパールイズミのコールドブラックレッグカバーのほうが少し厚いか、生地感によってそう感じるのかな。

モンベルほどではないものの、軽い生地です。

 

これがアピールポイントのラッセルテープ

ギュッと縛って留めるのではなく、起毛の摩擦で滑らないようにしているんですね。

 

光は透けません…というか、「直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ」という日焼け防止がコンセプトになっていますので、肌に光が当たらないようにしてあるんですね。

 

太陽が当たらない、太ももからヒザ裏にかけてのメッシュ生地部分は、涼しげに風を通しそうです。

 

軽く走ってみたところ、確かに日光が遮られているんでしょう。

しっかりとした生地であるものの、熱が伝わってこなくて涼しい、という不思議な感じ。

 

使用感。ほぼ満足だけど、やっぱりずり落ちる…

こちらのコールドブラックレッグカバーも、一泊二日の輪行で続けて履きました。

ストレッチ性や吸汗性能、風通しについては、申し分ありません。

 

モンベルと履き比べてみた結果として、全体的なバランスはこのパールイズミの勝ち

生地感だけならモンベルのほうが好きなんですけど(締め付け感も軽いし)、やっぱりすべり止め部分の締め付けが、僕には合わなかったかなぁ…

こちらは、太ももに痛みや跡が残ることはありません。

 

ただ、「ずり落ちる心配もありません」とありますが、ダメでした

太ももで固定されません。

膝で止まるものの、ずり落ちてきます

 

うーん、原因は何でしょうか。

恐らくは毛だと思うのですが、剃毛するのが前提なのかな。

残念です。

 

まとめ

○良いところ→履いていても涼しい。動きが制限されることはなく、締め付けられる痛みはない。

×気になるところ→ひざまでずり落ちる。毛があることが原因か。

 

前回のモンベルと比較しても、一長一短の結果となりました。

しっかりと押さえて、ずり落ちないようにするか?

ずり落ちるかもしれないけれど、優しく固定しておき、痛み無く走るか?

 

太ももの太さや、毛のあるなしによっても、大きく変わりそうです。

 

次の記事へ>>>【決着】ロードバイクにはモンベルのタイツが快適!【レッグカバー3/3】

 

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう