自転車セール情報更新中!

リュックを背負っても、ポケットが使えるサイクルジャージ!

一般的なサイクルジャージは、余計な荷物を持たずに、小物だけを身に付けて走るデザインとなっています。

そのため、通常はサイクルジャージの背中にポケットが付いています。

サイクルジャージは、背中にポケットがあるのが当たり前

反面、長距離のサイクリングでリュックを背負うと、背中のポケットは隠れて使えなくなります

「小物が入れやすい」という触れ込みのウェアでも、「ポケットが大きい」とか、「ポケットにジッパーが付いている」とかが売りになっており、そもそも、ポケットは背中にあることが前提なんですよね…。

リュックサックを背負ったら、やっぱりポケットが隠れてしまいます。

そうなると、財布や補給食などの小物は、リュックに入れるか、取り出しやすいようにフロントバッグを付けるかになるのですが…

参考記事>>>ロードバイクにフロントバッグを付けてみよう!財布やスマホをすぐ出せて便利

サイクルジャージのポケットが、サイドにあっても良いじゃない

ですがもし、ポケットがサイドにあったらどうでしょうか?

使いやすいですよね!

リュックサックを背負っても、ポケットが使えるサイクルジャージ


7mesh(セブンメッシュ) サイクルジャージ「S2S Shirt」

通常のサイクルジャージより、若干袖が長くなっています。バックパックを背負ってもポケットが使えるように、後ろではなく、サイドにポケットが付いています

そんなリュック利用者の不便をすくいとってくれたのが、このジャージです。

ポケットがサイドに付いていますので、リュックサックを背負っても隠れることはありません

ポケットの位置が分かりやすように、写真はエンバー(オレンジ)を載せていますけど、色はブラック/ブルー/エンバーの3色展開です。

派手な色が苦手な方には、ブラックやブルーがおしゃれですよ。

サイクリングしているときに、せめて財布だけでも身につけることができれば、これだけで、すごく楽になるんですよ!

すごい着眼点だと思います。

これ、良いなぁ…!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)