瀬戸内しまなみ海道。

サイクリングコースとして大きな人気を集め、最近では「サイクリストの聖地」としても知られるようになってきました。

テレビなどでも紹介されることが多く、こんな素敵な風景を自転車で走れるんだ! と、サイクリングに興味を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

しまなみ海道の魅力は日本国内だけでなく、世界にまで知られています。

世界で最も素晴らしい7大サイクリングコース(CNN:7 best bike routes in the world)にもしまなみ海道の名前が挙げられ、来島海峡大橋のふもと、糸山レンタサイクルターミナルでは、いろんな国の言語が飛び交い、全員が絶景に歓声を上げています。

さらには、世界で最も信じられないくらい(素晴らしい)サイクリングコースの一つ(CNN:One of the world's most incredible bike routesと紹介されています。

 

しまなみ海道ってどんなところ?

サイクリングの経験がない初心者でも大丈夫?

 

僕が初めてチャレンジしたときは、知らないことだらけで調べるのに時間がかかったので、おすすめポイントをまとめてみました。

これからしまなみ海道に輪行やサイクリングに行こうとしておられる方、興味がある方は参考にしてください!

 

しまなみ海道入口

今治側のサイクリングロード入口。いよいよここから!

 

参考記事>>>実際にしまなみ海道を走ったサイクリングレポートはこちら!

【しまなみ海道】絶景の尾道-今治70kmブルーライン!しまなみ海道サイクリング【海道旅1/7】

 

しまなみ海道についてざっくり説明

「しまなみ海道」は、実は高速道路の愛称

 

すごく細かく言うと、正式名称は「西瀬戸自動車道」。

尾道ICから向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島を経て。愛媛県今治市の今治ICに至る、総延長59.4 kmの高速道路です。

公募した愛称の「瀬戸内しまなみ海道」または「しまなみ海道」と呼ばれることのほうが多い。というか正式名称覚えられないし、呼ぶことは無いような気がする。

 

広島の尾道から、愛媛の今治までを結んでいます

上記のとおり、広島県尾道市から、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島の6つの島を経て、愛媛県今治市までを結んでいます。

下の地図では、黄色のラインが高速道路「しまなみ海道」で、赤の点線が「しまなみ海道サイクリングコース」です。

サイクリングマップ

『自転車でもっと楽しく しまなみ海道サイクリング』より

 

しまなみ海道へのアクセス

しまなみ海道の全線をサイクリングする場合、「尾道」はJR尾道駅、「今治」はサンライズ糸山を経て、JR今治駅が基点となります。

尾道や今治までのアクセス方法は、こちらの記事「しまなみ海道へのアクセス方法いろいろ。サイクリングに行ってみよう!」をご覧ください。

 

しまなみ海道のサイクリングがなんで注目されてるの?

しまなみ海道サイクリングの魅力は?

さて、ここからはしまなみ海道の魅力をお伝えします。

しまなみ海道のサイクリングが注目されている理由は、なんと言っても、瀬戸内海多島美の風景を楽しみながら、自転車で走ることができるから!

 

景色がいい!

海、山、青い空と、目の前に素晴らしい絶景が広がります。

しまなみ海道

 

自転車で海の上を走れる!

風を浴びて、空を飛んでいるような気分になります。

来島海峡大橋4㎞の爽快感と言ったら、感動の声が出ること間違いなし!

来島海峡大橋

 

自転車でも走りやすい!迷わない!

車も少なく、自転車でも快適に走ることができます。

さらに、サイクリングのルートをアシストしてくれる「ブルーライン」が引かれているので、迷うことはありません。

ブルーライン

尾道までの距離を教えてくれるブルーライン。道に迷うことなく安心。

 

自転車で走る距離はどれくらい?

高速道路は60km、自転車は70km

しまなみ海道は、それぞれの島が10本の橋で結ばれ、全長は約59.4kmです。

 

ですが。

 

実はこの距離は高速道路の距離であり、

ほぼ同区間のサイクリング推奨ルートの距離は、全長約70kmです。

 

なんで10kmも違うの?

それは、それぞれの橋には歩行者・自転車の専用道路があるものの、実は橋を渡ったあとは、島の一般道路に降りて走ることになるから。

一般道は島の外周(海岸線)を回ることも多く、その分、走る距離は長くなっています。

 

高低差は結構ある

さらにそれぞれの橋を渡るたびに、前後に設けられたスロープを通行することになるので、島の一般道路の高低差よりも、橋に上るための高低差のほうが激しいのでご注意ください。

しまなみ海道おすすめコース高低表

『SHIMAP しまなみ海道観光マップ』より

 

しまなみ海道から今治駅までも、少し距離があります

アクセス情報の記事「しまなみ海道へのアクセス方法いろいろ。サイクリングに行ってみよう!」において詳しく説明していますが、しまなみ海道の尾道側の起点・尾道港尾道駅からすぐなのですが、今治側の起点の糸山サイクリングターミナル今治駅は、来島海峡大橋から、まだ6kmほどの距離があります

 

少し気が急く距離ですが、始まる前、終わった後のわくわく感を味わいながら走りましょう。

 

 

自転車で橋を渡るのに通行料金は必要なの?

「しまなみサイクリングフリー」企画により、自転車通行料金は、平成31年3月31日まで期間限定で無料になっています

※おそらく、この無料企画は続くかと思います。無料企画が始まる前は、6つの橋を自転車で渡った通行料合計額は500円でした

 

なお、尾道と向島を結ぶ尾道大橋の歩道は狭く、自転車での安全な通行には向きませんので、向島までは渡船を利用しましょう。

尾道‐向島間の渡船乗り場

 

自転車で走るときの所要時間はどれくらい?

体力に自信のある人で5~6時間、健脚の経験者なら3~5時間、初心者やゆっくり走って8~10時間程度と言われています。

時間の幅が広く不安だったので、実際に走って計測しました

 

参考記事>>>しまなみ海道サイクリング 自転車での距離と所要時間を計ってみた!

 

初心者でも、クロスバイクやロードバイクであれば、一日あれば走破は可能です。

ただ、いきなり全線70kmのサイクリングはきついです。本当に。

(30㎞も走れば、疲れとサドルに座っているお尻の痛みが襲ってきます。いつまで経っても慣れない…)

 

僕の経験上、「道を知っていること(迷わないこと)」が前提になります。

初めて走るならなおのこと、地図は持っていてもルートの確認であったり、パンクなどのトラブルであったり、食事や休憩であったりで、時間のロスは案外多いものとなります。

 

70km以上の長丁場、簡単にゴールできる距離ではありません。

自身の体力を考慮のうえ、ノンビリと観光を楽しんでいただき、途中の島内で1泊する旅程を組むことを強くおススメします

時間に余裕を持って楽しむことができますよ。

 

参考記事>>>しまなみ海道サイクリング 宿泊するなら旅館もいっぱい大三島!

 

まとめ

ガッツリ楽しむよ!という方はもちろん、「いきなり70kmなんて無理だよ!」と思った方も大丈夫。

ほんのひと区間だけでも満喫できますので、潮風を浴びながら、景色を楽しむというのもアリです!

 

ゆっくりと走らなければもったいないほどの絶景です。

これだけの魅力が詰まったサイクリングロードを、あなたもぜひ体験してください!

 

おまけ

載せるタイミングがなかったのでここで掲載。

今治・糸山サイクリングターミナルにある自動販売機。

ここまで至れり尽くせりです!

DSC00245

自転車チューブが自販機に…!

 

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう