しまなみ海道って素敵なところらしいし、サイクリングに行ってみたい!

 

…と計画したときに、そもそも

  • しまなみ海道ってどこにあるの?
  • 尾道ってどう行くの?
  • 今治ってどう行くの?

と、特に初めて行かれる方は、行きかたが分かりませんよね。

 

この記事では、しまなみ海道の玄関口、尾道や今治までのアクセス方法を紹介します。

 

しまなみ海道サイクリングの尾道と今治ってどこ?

しまなみ海道サイクリングのスタート&ゴールは、広島県尾道市愛媛県今治市です。

 

具体的には、

  • 尾道:尾道港(JR尾道駅でも良いでしょう)
  • 今治:糸山サイクリングターミナル(サンライズ糸山)

です。

 

 

尾道側 しまなみ海道はJR尾道駅の目の前

JR尾道駅 新駅舎

 

しまなみ海道のスタートは、細かく言うと尾道港(駅前港湾駐車場)。

駅からも離れていないため、JR尾道駅と考えて良いでしょう。

 

電車での尾道駅へのアクセス

 

JR尾道駅に向かうには、新幹線の三原駅(上の地図の緑ライン)、または福山駅(同じく青ライン)から、JR山陽本線に乗り換えとなります。

 

注意!新幹線「新尾道駅」はJR尾道駅から離れています

新幹線新尾道駅

乗り換えにひと手間かかるのですが、新幹線「新尾道駅」(赤ライン)とJR尾道駅は少し離れているため、ご注意ください。

 

新幹線に自転車を持ち込んで移動する輪行の場合は、新尾道駅からは下り坂なので、自走でも比較的楽に移動できます。

ただ逆に、帰路にJR尾道から新幹線新尾道駅には、自走で向かおうとしないこと

 

遠いし登り坂だし交通量も多いし、すごく時間がかかります。

えらい目にあいました。(実体験談)

 

飛行機とバス(乗り合いタクシー)での尾道駅へのアクセス

しまなみ海道にいちばん近い空港は広島空港です。

広島空港からは、乗合ジャンボタクシー「でべライナー」が尾道駅経由で(大平交通向島車庫まで)運行しています。

でべライナー詳細(尾道市役所サイト)

 

事前に申告すれば、輪行袋に入れた自転車も載せられるとのこと!

利用するときは、念のため直接確認してくださいね

 

今治側から尾道に向かう場合はバスもおすすめ

サイクリングを終えて帰るときや、逆方向から楽しみたい場合には、高速バスもおすすめです。

福山←→今治 しなまみライナー

尾道←→今治 しまなみサイクルエクスプレス

 

今治側 サンライズ糸山へのアクセス

しまなみ海道 サンライズ糸山

 

次に今治側。

来島海峡大橋のふもとにあるサンライズ糸山まで、今治側は多くのアクセス方法があります。

 

 

フェリー:大阪→東予港→今治

大阪からオレンジフェリーを利用し、愛媛の東予港にアクセスできます。

 

関連記事>>>しまなみ海道へは【大阪‐愛媛オレンジフェリー】が便利!自転車と泊まる特別な一夜

 

飛行機:松山空港→今治

松山空港からは、いったん松山駅まで移動することになります。

 

松山駅→JR今治駅またはJR波止浜駅のほか、松山駅→今治→大三島・宮浦港行きのバスも便利。

http://www.setouchibus.co.jp/05jikoku/naikaikotsu/naikaikotsu.htm

 

広島→高速バス→今治で、愛媛側からサイクリングもアリ

福山-今治しなまみライナーや、尾道-今治しまなみサイクルエクスプレスなど、バスは片道をサイクリングするときにも便利です。

 

しまなみサイクルエクスプレスについては、なんと自転車を積み込むこともできます!

 

しまなみ海道へのアクセス方法まとめ

しまなみ海道へは多くのアクセス方法がありますので、使いやすい経路でお越しください。

動きやすいスケジュールを組んで、楽しんでくださいね!

 

あわせて読みたい

東予港から今治駅・しまなみ海道へ自転車を持っていく方法|オレンジフェリー下船後

【まとめ】読めば不安解消!初心者向けしまなみ海道サイクリング準備記事総ざらい

【尾道発着半日コース】初めてのしまなみ海道サイクリング。こんなプランはいかが

【三原発着半日コース】初めてのしまなみ海道サイクリング。こんなプランはいかが

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう