ロードバイクのハンドルに付けたアクションカメラの動画撮影イメージ

 

ロードバイクだけでなく、いろいろな動画を撮影することができるアクションカメラ

いちばん有名なアクションカメラは「GoPro」シリーズですね。

 

GoProで動画を撮りたい!YouTubeにアップもしてみたい!」と思いますが、GoProのビデオ設定はこれだけあります。

Gopro HERO7 Blackのビデオ撮影解像度設定一覧

解像度で8種類、フレームレート(FPS)もいっぱい。

GoPro HERO7 Blackの取扱説明書より(PDF)

 

このなかで、ビデオの初期設定は1080|60

解像度1929×1080のフレームレート60fpsという意味です

GoPro HERO7 Blackの解像度とフレームレート

 

確かに一番バランスが取れている設定ですが、「解像度とフレームレートを変えると、YouTubeでは画質ってどう違うんだろ?」って気になりますよね。

 

この記事では、

  • 動画撮影に使うメイン設定のフルHD(1,920×1,080)
  • 4K(3,840×2,160)

の解像度とフレームレートで、YouTube動画はどう変わるのか?を実験します。

解像度とフレームレートとは

解像度とフレームレートは、映像のキレイさを決める設定のポイント。

解像度

解像度とは「画面の横に並んでいるドット数×縦に並んでいるドット数」で表されます。

数値が高いほど鮮明な映像、低いほど荒い映像になります。

 

フルHD(フルハイビジョン)や4Kなども、解像度の通称。

フルHD(1920×1080)であれば、横に1,920個、縦に1,080個のドットが並び、画面全体では207万3,600個の画素が並んでいます。

4Kは3,840×2,160(829万4,400画素)

 

解像度の比率(アスペクト比)

動画に使われる画面比率(アスペクト比)は4:3または16:9。

テレビやパソコンのディスプレイ、YouTubeなど、現在の主流は16:9です。

 

フレームレート

フレームレートは1秒間に撮影される静止画の枚数(コマ数)であり、動画の滑らかさを決める要素。

単位はFPS(frames per second(コマ/秒))で、たとえば60fpsは1秒間に60フレーム(60コマ)で記録されます。

 

数値が大きいと滑らかな動画になり、小さいとカクカクした動画になります。

一般的に使われているフレームレートは30FPS~60FPS。

  • 映画:24FPS
  • テレビ:30FPS
  • ゲーム:60FPS

 

フレームレートを上げればスローモーションにも耐える映像となりますが、1秒間に処理する画像の枚数が多くなるため、動画の容量が大きくなってしまうので注意が必要です。

 

Gopro HERO7 Blackの解像度とフレームレートごとに動画を撮影してYouTubeにアップしてみた

Gopro HERO7 Blackの録画設定には解像度で8種類、フレームレート(FPS)もいっぱいありますが、

  • 高画質解像度の4K(3840×2160):60fps,30fps
  • 一般的な録画設定のフルHD(1920×1080):120fps,60fps,30fps

で映像を撮ってみました。

 

解像度とフレームレートでYouTubeの映像は変わるのでしょうか?

    4K(3,840*2,160)60fps

     

    4K(3,840*2,160)30fps

     

    フルHD(1,920*1,080)120fps

     

    フルHD(1,920*1,080)60fps

     

    フルHD(1,920*1,080)30fps

     

    GoProの解像度とフレームレート設定ごとのYouTube画質の違い|結論

    正直なところ、画質の違いはよく分かりませんでした!

    フレームレートはともかく、4KとフルHDでも、あまり違いが分かりません。

     

    YouTubeにアップロードした時点で調整されていることも考えられるほか、通信速度がすごく影響していると思います。

    僕のスマホ・パソコンとも、再生途中に画質がころころ変わるレベル。

    ご覧のあなたの画面ではいかがでしょうか。

     

    結論としては、初期設定どおり。

    動画をYouTubeにアップロードするなら、映像とファイルサイズのバランスが良い、フルHD(1,920*1,080)の60fpsか30fpsで録画するのが良さそうです。

    メインカテゴリー
    サイクリングレポート カテゴリバナー
    カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
    自転車グッズ カテゴリバナー
    輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
    自転車ニュース カテゴリバナー
    自転車トーク カテゴリバナー

    ▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    この記事が気に入ったら「いいね!」してね

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう