Insta360go2の電池持ちと最大撮影時間 アイキャッチ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

手軽に動画を撮影できる、アクションカメラ。

記録に残すためや、YouTubeに動画投稿するなど人気のデジタルアイテムです。

 

この記事で扱うアクションカメラは、「Insta360 GO 2」。

小さい本体で手軽に動画を撮影できる、人気のカメラです。

Insta360GO2本体を接続した充電ケース

サイクリング途中に手軽に撮影できるかな、と思って購入!

 

ただ、Insta360 GO 2は小ささにメリットを特化しているため、バッテリーの持ち時間と動画の保存容量に制限があります。

  • GO 2本体のバッテリーは、何時間撮影できる?
  • 保存容量28GBで、何時間の動画を保存できる?
  • 充電ケースで充電すると、合計何時間の撮影ができる?

が気になったので、調べてみました。

Insta360 GO 2の電池持ち時間と保存可能時間と合計撮影時間の計測方法

Insta360 GO 2の公式サイトでは、カメラ単体でのバッテリー駆動時間は30分 (ベーシック手ブレ補正設定)とあります。

 

「Insta360 GO 2」のおもなスペック・仕様
GO 2本体重量:26.5g
充電ケース重量:63.5g
動画:3K(2560×1440)/30fps、1920×1080/30fps、タイムラプスなど
ストレージ容量:28GB(32GBのうちの使用可能領域)
公称バッテリー駆動時間:カメラ単体30分、ケース装着時150分

防水:4m潜水可能

 

実際に撮影して、カタログ値よりも長いのか短いのか、確かめてみましょう。

なお設定は購入時のデフォルトのまま、ベーシック手ブレ補正(動画モード)2560x1440@30fpsでの撮影です。

 

電池持ち時間の計測方法|本体のみで、フル充電から電池が切れるまで撮影します

指先でつまんだinsta360go2本体の大きさイメージ

 

まずはGO 2本体のバッテリー駆動時間の確認方法。

GO 2本体をフル充電の状態にして、録画時間を10分に設定し、バッテリーが無くなるまで動画撮影を繰り返します。

 

録画時間は15分や30分の設定もできますが、10分でも発熱がものすごく、オーバーヒートの可能性もあるため、刻んで撮影します。

 

保存可能時間と合計撮影時間の計測方法|充電ケースに入れて充電し、撮影を繰り返します

insta360go2の充電ケース

 

次に、保存可能時間と合計撮影時間を計測します。

 

GO 2本体で撮影をおこなって、バッテリーが無くなったら、充電ケースに入れて充電。

充電できたらもう一度撮影を繰り返します。

 

充電ケースのバッテリーが無くなるのが先か?保存容量が無くなるのが先か?

 

Insta360 GO 2の電池持ち時間と保存可能時間と合計撮影時間の計測結果

それではさっそく結果発表!

1回の充電で本体で撮影できる時間 27分

フル充電から電池が切れるまで、10分設定で撮影を繰り返ししました。

 

結果、撮影できた動画は

  1. 10分
  2. 10分
  3. 7分11秒

合計27分11秒でした。

 

保存容量28GBで保存できる動画の撮影時間 1時間40分

バッテリーが無くなったGO 2本体を充電ケースに入れて充電。

28GBの保存容量が無くなるまで撮影を繰り返しました。

Insta360GO2充電ケースの設定画面

NO SPACE(容量なし)まで撮影

 

結果、フォルダに保存された動画データの撮影時間は合計102分46秒。

つまりInsta360 GO 2の保存容量28GBでは、だいたい1時間40分ぶんの動画が撮影できます。

 

補足

Insta360 GO 2では、一回の撮影でLRVとVIDというファイル名の2つの動画が作成されます。

VIDファイルのほうが設定どおりの綺麗な動画。

LRVファイルはアプリでのプレビューで使用される低解像度のファイルですが、合計で1.5GBを超えるデータが使用されていました。

 

充電ケースでInsta360 GO 2の本体を充電できる回数 4回(2時間撮影可能)

上記計測のとおり、撮影を繰り返すと100分ほどで容量がいっぱいになるため、アプリで不要なデータを削除しながら撮影しました。

充電ケースで充電を行うと、撮影可能時間はどれほど伸びるでしょうか?

 

結果は、

  1. 初回 10分・10分・7分11秒
  2. 充電1回目(計測2回目) 10分・10分・7分12秒
  3. 充電2回目(計測3回目) 10分・10分・6分44秒
  4. 充電3回目(計測4回目) 10分・10分・7分29秒
  5. 充電4回目(計測5回目) 10分・3分55秒

合計122分31秒。

 

んー。

カタログ値(ケース装着時150分)とは30分ほどのズレがありますが、ずっとケースに入れての撮影ではありませんでしたからね。

誤差としましょう。

 

とりあえず、アプリからデータを整理しながら使えば、2時間くらいの撮影が可能と分かりました。

 

Insta360 GO 2の電池持ち時間と保存可能時間と合計撮影時間の計測まとめ

insta360go2の充電ケース ミニ三脚形態

 

まとめると、

  • Insta360 GO 2本体で撮影できる時間は約25分、
  • 保存容量28GBで保存できる動画は約1時間40分、
  • 充電ケースで本体を充電できる回数は4回で、合計2時間ぶんの撮影が可能

という計測結果でした!

 

Insta360 GO 2はポケットに入れてどこにでも持っていけて、どこでも簡単に動画が撮影できるカメラです。

ぜひ動画撮影を楽しんでくださいね。

 

検証終わり!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
あなたにおススメ
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう